イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

昨年の演奏風景。

16日の発表会、
16:45開場 17:00開演です。

なんかね、
最近は

「緊張なんてしたら、もったいない」って思えてきました。


もっとステージを楽しみたいなって。

まだまだ
そんな余裕はないのだけど、

曲を作って
自分だけの世界観を
いろんな人に聴いていただけるって、

考えたら、
なかなかできる経験ではないな~って
思いまして。


このあとの人生を考えても
こんな経験は、あとどれくらいできるかわかんない。

せっかくだから
しっかり味わいたいな~って。



今年の曲の画像などはないので~、
昨年のステージを先生が録画してくださったものを
再度アップロードしてみたいと思います。

びびりまくってます(わはは~!)


「月の誘惑 Tient de la Luna」 composed by kao


[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-11 08:19 | ムジカ

まだまだ足りない。

この前の審査員の先生の講評。
H先生が、メールでおしえてくださいました。

記録としてここに残しておきます。

「打ち込み楽器が効果的な部分がたくさんあったので、
拍を得るためのトライアングルは気になりました。
曲がずっと前面に押し出てくる感じなので、
もう少し控える部分はボリュームだけの調整に頼らない研究をしてみると
立体感が出るのでは?」

「熱い思いが伝わってきました。
心のこもった演奏でした。
中間部早いフレーズ指がすべらないように。
大きくうたうフレーズはもっと感情をこめていいと思います」


・・・とのことでした。


とてもありがたいコメントです。
この曲をさらによくするためのアドバイス、
表現する上での心構え、
そして、何よりも嬉しかったのは
熱い思いが伝わると言っていただいたこと。

木曜日のレッスンのとき、
H先生もまだまだ良くなるとおっしゃいました。

次の本番まであとわずかですけど
その短い期間でも、まだ良くなると。


こうなったら完成!ということは
多分、ないのだろうと思います(笑)。

昨年つくった「月の誘惑」同様
この曲はわたしとこれからずっと旅をするのだと思います。

来年の今頃弾くと
またちがった感じになるかもしれません。


そうやって、いっしょに育っていくのだと思います。


だったらまだよちよち歩きの段階なのかも?


次の本番で完成させないと!なんて思っていたけど、
そんなこと
逆におこがましいのかも?


まだまだ足りない部分があるということは
まだまだ良くなる可能性があるということ。

さて、この画を表現するために
今日もまた弾こう。
b0189343_1237554.jpg

[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-09 12:37 | ムジカ
エレクトーンの発表会(実はコンクール)。
予選の次は、店別大会というのが行われます。
毎年思うけど、変な名前~。
ヤ○ハに関係のない人にはわかんないですよね~。


いちおう解説しておきますと・・・
エレクトーンのレッスンは、
ヤ○ハの経営による支店の教室と
楽器店が経営している教室で開催されております。
コンクールはヤ○ハ主催で、
上記教室でレッスンを受けている生徒なら
誰でも出場資格があります。

まずはヤ○ハとか楽器店の各教室で予選があります。
(これが1日の店内予選)
その中から選ばれた人が
楽器店の支店内予選に出ます。
(これが16日の店別予選)
そこで支店代表1名が選出されます。
(わたしが出場しているのはヤ○ハ神戸店。)

最後、各ヤ○ハの支店代表やら、楽器店の支店代表が
出るのが
7月の地区大会。
大人はこの兵庫県大会で終わりだけど、
高校生までは、関西大会、全国大会まであります。
↑ま、これは余談です。



その店別大会、
当初の予定が22日だと聞かされていたのに、

どうやら16日に行われるらしい・・・。
本番のプログラムの記載で知りました。

え~ん。

最初は16日とのウワサだった。
だから、22日の予定を変更したのに・・・

16日だなんて!!


22日、予定が空いたやん~(涙)。
ひどいじゃないのよ・・・ヤ○ハさん(;´Д`)
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-08 07:38 | ひとりごと
エレクトーンのコンクールで忙しい身なので、
着物はおあずけです。

予選の次の日に所用があって、また神戸に行きました。

この日は「県庁前」っていうところ。
普段あんまり行かないところ。


思いがけず用事が早く終わったので、
なかなか来ないこの県庁前付近を探検してみました☆

まずは、
「ここは外国か???」と思わせられるほど素敵な尖塔に惹かれ、
ふらふら近寄っていきましたら、
b0189343_1404367.jpg


そこは素敵な教会。
b0189343_1415019.jpg

神戸栄光教会です。
ゴチック様式って、こういうのだよね~。
荘厳なイメージでした。

おりしも日曜日の11時30分。
礼拝中でしたので、中まで入ることは遠慮しました。


お向かいにもまたまた素敵な建物がありまする。
b0189343_14131144.jpg

ねっ!
ヨーロッパみたいでしょ??

この建物は
b0189343_14135568.jpg

兵庫県公館です。
外国からの要人をおもてなしする場で、今も立派に現役。
b0189343_1415141.jpg

フランスルネサンス様式だそうです。
ハイカラな神戸の街にしっくりきますよね~。
この写真、お気に入り♪
窓ガラスにお向かいの栄光教会の尖塔が写りこみました。

b0189343_14155419.jpg

こちらは裏門にあたるところ。

日曜日は休館日だったので、これまた見学できませんでした。

でも、お庭が公開されていたので探検!!

b0189343_14181592.jpg

緑を見ると、ほっこりします。

b0189343_141922.jpg

なんかこのコ、気に入った(笑)!!


b0189343_14194185.jpg

この建物は敷地内の「和風会議室」。
外国の方には、このような場所が喜ばれるのでしょうか??
落ち着きます。

b0189343_14203730.jpg

正面玄関のようすです。
素敵~♪
威風堂々ってこういうことだよね。

こういう場所に、着物で来てみたいな~って思いました。
重厚な洋風な建物に着物☆
ちょっとモダンな柄だったら、おもしろそう!!

または大正浪漫風の着物だったら、
「鹿鳴館ごっこ」して遊べそう~。うひひ。

b0189343_14245680.jpg

この風景ときもの・・・。
どんなんかな~?


今は「おあずけ」だけど、
エレクトーンの発表会(ほんとはコンクール)が終わったら
思いっきりきものを楽しもうと、
そのためにも、
エレクトーンも思いっきりがんばろうと
思います。
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-07 07:57 | ひとりごと

美意識を鍛えるのだ☆

本番前にちょいと悟った(笑)。
今までは「練習してミスなく弾けるようになれば、緊張しない」と思っていた。
そのためにひたすら練習した。
だけど、緊張は絶対に「する」!
避けて通れない。

ミスもしたけど(しかも致命的☆)、想いは込められた。
今までとの違いは、
「緊張はするもんだ!」と、自分で納得してたというだけ。
「緊張して、ミスしたらどうしよう~」ってビビるんじゃなくて
「緊張しても仕方ない。」と思っただけ。

「この曲はわたしが創ったんだから、
今この時点では
わたしにしか弾くことができないんだ。」って、
どうだ~って弾こうと思いました。

終わってみて思うことは
本当はミスすることが怖いのではなくて、
自分の「どうだ~!」が認められなかったらどうしよう?と
そこが怖いんだなってことでした。

これはエレクトーンで曲を弾くだけじゃなくて、
仕事でも人間関係でもおんなじで、
「どうだ~!」って言うためには、
自分の軸がしっかりしてないとダメなんだよね。
ブレないってことだよね~。

誰かがイイといったからとかいう、他力本願じゃなく、
ウワサに惑わされるんじゃなく、
自分で判断して、生きていくってことだね~。

判断材料は、ずばり
自分の『美意識』だと思うんです~。

今までブレブレだったからね、わたし。
そりゃ~、怖いわ。。。

だけど、
これからは自分の美意識を鍛えていけばいいんだと思うと
なんだか、とってもわくわくする!
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-06 07:35 | ひとりごと

想いを伝えて。Part. 2

Iさんの演奏を聴かせていただいて、
それから、他の出演者の演奏もじっくり聴かせていただいて、

ほんとに「別物だ」って思いました。
「みんな、自分の世界を持っているんだ」って。

この日はコンクールだったのですが、
実はわたし、
音楽に優劣をつけることの無意味をずっと感じていました。

コンクールで上位に入れない者の
カナシイ言い訳かもしれませんが(笑)、

「できることなら7月の地区大会に出てみたい」という気持ちが
ないと言ったらうそになります。
それは自分のことが認められたということだと思うので。

だけど、この日の演奏の中で
Danny Boy を聴いたときは涙が出そうになりました。

暗譜もできてなかったし、
アレンジもそんなに難しくないものでしたが、
ほんとに心のこもった演奏で、
一音一音、わたしの心に響きました。

エレクトーンのトッププロが作曲やアレンジしたものの中には
めちゃくちゃ難しい曲もあります。
そういう曲を弾きこなしている方には圧倒されますが、
わたしは、
簡単な曲でも、心を込めて演奏するスタイルの方が好きだなって
思いました。

だからね、
別物だな~って。

この日の演奏者はみんな、それぞれが「別物」で、
それぞれの想いを表現したい人たちなんだな~って。

そこに点数をつけたり、評価したりすることは
時には必要なことなんだろうし、
受賞すればやっぱりうれしいけど、
この日、このステージで演奏するということだけで
何かを得ているな~って、思いました。

地区大会に進む人は、「地区大会にでるまでやった」人だってこと。
Iさんにはその気迫が感じられました。
わたしがIさんに追いつけないのは、その覚悟や気迫だろうと。
勝ちに行くっていうことだな~って。

そこで、わたしは
「勝ちに行くのか?」と自分に聞いてみました。
今のところの答えはNOです。
これから変化するかもしれませんが・・・。

ただ、この日のアドバイザーの先生(審査員)の講評で
なるほど!と思うコメントがありました。

「今日ここでこの曲を弾こうと思ったのには、
ご自分なりの理由があると思います。
その想いを観客に届ける演奏を目指してください。」

先生に「自分の音に責任を持ちなさい」と言われたのは
昨年のことでした。

なぜ、この音をここで弾くのか?それを考えなさい。
その音で何を伝えたいのか?それをいつも考えなさい、と。

「どう弾いたらいいのか?」ではなく、
「わたしはこう弾きたい」
「わたしはこの音でこれを伝えたい」という
『想い』を伝える演奏をしなさい、と。

それにテクニックが必要なら、テクニックをつけるように
練習しなければならない。
だけど、テクニックがあるからといって、
人を感動させる演奏ができるとはかぎらない、ということだと
思います。


わたしにはテクニックはありません。
音感もありません。
だったら、自分の持てるテクニックを最大に使って
自分の想いを伝える演奏をするしかない、ということだな~って
そう思います。


地区大会に行けるように~、ということじゃなく
誰かにわたしの想いが届けられるように~、を目指して
弾きたいな、と思います。
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-04 07:35 | ムジカ

想いを伝えて。

土曜日の発表会について、
自分なりに覚えておきたいことを書いておきたいと思います。

18:00の開演。
出演者とそうじゃない人は、見たらすぐわかる(笑)。
めちゃくちゃ緊張してる人は、出演するひと(わはは)。

昨年とちがうところは演奏順。
いつもはあいうえお順。
わたしはいつも後の方。最後から3番目くらいが多いかな?
だから他の人の演奏を聴くことができないのだけど、

今年はあいうえおの反対順。
わたしはなんと5番目!!
いつもは人の演奏を聴いているうちに、
自分の曲をどんどん忘れていく恐怖を味わうのですが、
今年はその恐怖も最小限だった気がする。
ただ、本番弾いているときは必ず
「鼻水が出ます!!」
鼻をすすり上げながら弾いております、わたし。

今年は史上最高に出ました(笑)。

出だしが静かなので、ずず~っとすすり上げましたから
きっと観客席まで聞こえていたと存じます。おほほ。

紅いドレス着て、頭にでっかい花つけて
ずず~でございます。おほほ。

1箇所とんでもないミスがありましたが、
そこは「オリジナルなんだから、誰もわかんないっ!」と
即座に開き直って、
なんとか持ち直しました。
こういうときには鼻は出ません。不思議です。おほほ。


さっさと弾き終わって
他の方の演奏を楽しめるというのは、なんとうれしいことなんでしょう!
一年ごとにあいうえお順と、逆順にしてほしいです。

驚いたのはトップバッターのWさん。
ベビーカーを押しての来場されていました。
ご自分が演奏されているあいだ、ご子息(1歳くらい)はベビーカー上☆
プログラムをぶん投げたりしてはおられましたが、
むずかることも、泣くこともなく、おりこうさんだったと思います。
Wさんは、めちゃくちゃ上手なお方。
こんなに小さなお子さんがおられて、よくぞここまで弾きこんできはったな~と
感激しました。
曲は、激むずかしい
Quasimode の Rules of The Blood !
素敵なハットをかぶっての演奏は、かっこいいのです~。
・・と思っていたら、
盛り上がってきたところでそのハットを、観客席に向かって投げはりました!!
きゃあ~。
思わず観客席から拍手が起こり、さらに演奏も会場も盛り上がったのでした。

このトップバッターのWさんとご子息のおかげで
この日の発表会はとてもいい雰囲気になりました。

わたしも「上手く弾かなきゃ!」という変な緊張感を感じることもなく
開き直りではなく「みんなで楽しくなるような演奏がしたい!」と思うように。

おなじH先生に習うN子ちゃんも、大きなミスなく演奏終了!!

わたしの最大のライバル(と、わたしが勝手に思っている)Iさんのご登場。
今年は黒のお衣装。
(昨年は赤いドレス。ああ、かぶらなくってよかった)
すご~くお上手で、びっくりした。
はっきり言って、
いままで何年も自分の出演前だったため緊張していて、
この方の演奏をきちんと聴いたことがなかったのです。

お聴きした感想は・・・
「わたしとは別次元だ」ということです。

続く!
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-03 07:24 | ムジカ

発表会の報告✩

土曜日はエレクトーンの発表会でした。

今年は日程が急遽早まり、かなり焦りました。
本番の開演が18:00と遅く
朝から「生殺し」の気分でした~(涙)。


本番は、
いつものことながら、いろいろありました。

が、なんとか金賞をいただきました!


b0189343_2018139.jpg


表彰状って、
この年になってもらうとうれしいわ~✩


次は16日らしい・・・。
(22日って言ってじゃん、ヤマハさん)
またこれも不確かなのです。

え~ん
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-02 20:12 | ムジカ

本番当日✩

まだ家におります。

今日はなんと!
18:00開演~(泣)。

もう昨日から「生殺し」状態ですわ・・・。

b0189343_14381230.jpg

どうにか着替えました。

そろそろ行ってきます。
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-06-01 14:39 | ムジカ

長襦袢について。

お江戸の素敵なおねえさまtrintrinさんからご質問を受けましたので、
コチラで回答させていただきます。

長襦袢についてですが。。。

袷の時期は、正絹2枚、モス2枚を着物に合わせて替えています。
正絹は自分サイズに誂えたもの。
モスは母のお下がりです。

わたしの着付けはほとんど我流なのですが、
こちらの、きものサロンMOOK
笹島式決め技決定版「一人でできる着付け」指導:笹島寿美
を参考にしています。

b0189343_822956.jpg


長襦袢がきちんと着付けできれば
長着はその上に添わせるだけ、とのこと。

着付けのキモは長襦袢の着付けにあり!と思っています。

ですので、すべりのよい正絹&自分サイズの長襦袢で着た時が
一番綺麗に着られます。

装道の「ひょい」とかけるお襦袢が、どんなものかはわからないのですが、
わたしは半襦袢も苦手だし、二部式もだめです・・・。

これから1枚入手するなら
シルックなどの高級ポリ素材で、かつ自分サイズのものを
誂えるかな~、と思います。
やっぱりお手入れの費用って、馬鹿にならないですからね~。


あんまり参考にならなかったかもしれませんが。。。

trintrinさん、こんなもんでごかんべんを~。

それにしても
おじばんっていう言い方に、江戸の粋を感じてしまった!!



コメント、ご質問ありがとうございます~。
こんなわたしでよろしければ、いつでもなんでも~。

あ、単衣のコーディネート
trintrinさんのイメージのがあるから、
カオリーニョに着せつけてみますね!

乞うご期待✩
[PR]
# by kaokaolululu | 2013-05-31 08:07 | ひとりごと