イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2013年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

昨日の土曜日は、E先生宅のお茶室でお茶会がありました。
言いだしっぺは、わたし(・∀・)

職場でオチャカイを開催したとき、
茶道に全く馴染みのない同僚たちが参加してくれ、
「楽しかった♪」と言ってくれたので、

E先生に「これは行けるで✩」と(笑)。

まったくやったことのない方を集めて
お茶会やったらええやん?って。

ハジメテさんばっかりやねんから、
知らなくって当たり前~っていうお約束で開催したら

お茶ってこんなに気軽で、楽しいんや~って
絶対に思ってもらえるって思ったの~。

E先生も乗り気になってくれましたけど、
集客には不安がありました。

お稽古に来たことのある生徒さんを集めての茶会が普通だけど
全くはじめてとなると、イチからの集客。
「ほんまに来てくれはるんやろか?」とか
「きちんとおもてなしできるかな?」とか、
めっちゃ不安でしたけど、

フタを開けてみれば
定員5名のところ、8名のお申し込みがあり、
大盛況のうちに、終了いたしました。

テーマは夏越の祓い。
わたしの大好きなお菓子、水無月をお出しし、
薄茶を一服楽しんでいただきました。

お道具類はE先生がいろいろ考えてくださって、
初心者向けに、かつ、涼し気な気分になっていただけるよう
あちこちに工夫がされていました。

b0189343_17102624.jpg

お床の様子。

お軸は「喫茶去」(きっさこ)
まあ、お茶でも一服召し上がって、ゆっくりしてください。という禅語。
お花は「あじさい」
花入は「背負い籠」

b0189343_17113871.jpg

これは初炭手前の炭を仕組んだところ。
不肖わたくしが、初炭手前をさせていただきました~。

薄茶手前は別の方がされたのですが、
お写真を撮る暇がなかったので、
前回、最終打ち合わせをしたときのものを。
b0189343_17132874.jpg

わかりにくいのですが。。。
溜精棚という杉材の棚と、ガラスの水指で、涼やかな風情を演出。

薄茶手前のときは、わたしは半東をさせていただきました。
これまた大役で、反省点は多数~。

でも、
お客さまのお心遣いによって、
場がなごみ
会話も弾んで、
とってもたのしいひとときでした。

こういうことって、なんでもそうですけど
お客さまとして招待されることもさることながら、
開催する側には開催する側の
独特の楽しみがありますね。

タノシミといえば・・・

こんな風に、初対面ながら
その場に居合わせた方々とお話をし、
会話を広げ、盛り上げることができるって、
そして、
そんなご縁をどんどんつなげていくことができるって
「大人の愉しみ」だな~って、しみじみ思いました。


また、どんどんやっていきたいと思います!


最近、お茶づいているわたし。
お稽古通っていたころより、熱心なのだけど、なんで???


次は7月13日土曜日の、職場お茶会第2弾が待ってるのさ~。
いひひ。
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-30 17:18 | 茶の道
土曜日にRちゃんとお出かけした次の日。
日曜日もキモオデ~。

びば!解禁(笑)♪

この日は、天気予報に反して雨もよう。(;゚Д゚)!
「え~?雨降るなんて、言ってへんかったや~ん!」と
空を恨むも・・・、
今は梅雨時なんだから、こっちの方が当たり前だった!

自分勝手な考えを反省し、
ピンクの絽小紋で、張り切っておでかけ!
b0189343_749205.jpg

こちらも先日のヤ○オク戦利品。
ポリ素材です。

次の土曜日、E先生宅でお茶会をするので
その最終打ち合わせと、お点前の特訓に~!
当日もこのコーディネートで参加する予定なので
お点前の時の確認のためにも、まったく同じコーデにしました。

ちょっと涼しい日だったので、ほんとは単衣がよかったんでしょうけど~。

写真を見たら、なんとなく「甘いお菓子」のイメージだった!
サリィさんのアイデアをいただきまして、
「いちごムース絽小紋」と、名付けました✩


今回のお茶会は、
E先生とわたしの、冒険みたいなもん。

ビジネスでいうところの『新規開拓』です!

まったく茶道をされたことのない、初心者の方を対象に
気軽なお茶会をやってみよう~、というもの。

E先生が常日頃おっしゃっている「お茶は身近なもの。楽しいもの」ということを
広くお伝えしたく、
まずは「堅苦しい」というような既成概念をとっぱらって、
「へ~、お茶って、こんなに気軽なものなんですね!」と
びっくりしてもらおう!というものです。


最初だし、わたしたちスタッフの数と力量に合わせて
定員を5名様と設定したところ、
ありがたいことにお申し込みがあり、
5名様のお客さまをお迎えすることになりました。

E先生はお忙しい中
この日のために、お道具類を考え、準備してくださいました。

テーマは・・・とか
お軸は・・・とか
これと、こっちとどっちがいいと思う?とか
う~ん・・・あれもいいな~、とか

考え出したら、あれもこれも決めなくてはなりませんが、
それがとっても

楽しい!!

これならぜったいお客様にも満足いただけると思います。

b0189343_813248.jpg

本番を待つ、お茶碗たち・・・。
素敵でしょ?

その他、事務的なことやら、
当日のスケジュールや、役割分担をもう一度確認。

こういう、楽しみながらできる「仕事」って、
魅力的やわ~(笑)。



土曜日が楽しみです。
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-28 08:05 | おでかけ
ビストロでのランチも、
パーティドレスの物色も、
レトロな喫茶店でのおしゃべりも、
何もかも楽しいひとときでした。

・・・が、

なにかちょっと物足りない。

なんだろ?


あ!

Rちゃんの着物姿だわ☆




Rちゃんもお着物が大好き。
浴衣着たい~って、
この日も何度も言っていました。

仕事が忙しいと、
ゆっくり着付けの練習をする時間も
心の余裕もないよね~。

だから、
というわけではないのですが、
元町の最旦館ケイコさんへお連れしました。

どんな着物が自分に似合うかわかんないっていうRちゃん。
そりゃ、そ~だよね。

それに、着物ってどうやって買うの?とも思うよね。

わたしはほとんどすべてリサイクルです。
着物も帯も。

で、ケイコさんのように
良心的なお店と仲良くなることが、
いいものをより安く手に入れる極意だとも思います。

この日は
「これから着物を着たいそうなんです。
いろいろ見せていただきたいんですが、
今日は買えません」とお伝えして、
ほんとにいろいろ見せていただきました。

ありがとうございます。

お洋服と一緒で、
これが好き!というものは、大概似合います。
Rちゃんはおしゃれさんなので、
自分に似合う色をよ~くわかっています。

色白で、小柄なRちゃんには
ピンクや、紫などの華やかなものが似合います。
本人もよ~くわかっています。

だけど、
これから着るなら、
「ちょっとオトナっぽいのがいい」とのこと。
ほ~、なるほどねぇ。

そこで、まずはグレー地に小花がかわいらしい小紋を。
それはそれは大人かわいくなりました。

洋服って1度試着しちゃうと、ハズミがつきますよね~(笑)。
着物も一緒なのよねん。

で、Rちゃんも
「紺色がイイ!」と、ハズまれまして(笑)、
お店の方が選んでくれた、とっても素敵な小紋を試着~。
おお~、なかなかよい。大人っぽい。

そして、帯も洒落物っぽいのをセレクトしていただきましたところ
b0189343_753971.jpg

こんなに素敵になりました~!

小紋は、上質なちりめんに、ていねいに紺色が染められ
ちょっとくだけた柿か、かぼちゃのような大きめな文様が
飛び柄風に染められています。

最初、黄色いかわいい帯をあわせましたら
それはそれでよかったのですが、
お店の方が出してくださった、こちらの帯(作家もの!)を合わせたら
ぐぐ~んと、一気にきもの上級者のコーディネートになりました。

Rちゃんはこの小紋のふきの赤い色がお気に召したもようで、
それに帯がリンクしたこのコーディネートが気に入ったようです。

一応、お値段を訊くわたし。
Rちゃんにはその金額が意外に安かったようです。

着物はデザインも変わらないし、
ロングスパンで考えたら、ほんとうに経済的。
洋服に比べたらコストパフォーマンスがいいと思うのですよね。
ただ、お手入れには洋服以上のお金がかかるかもしれません。
その辺はわたしもいろいろ工夫中。


ハードルはいろいろあるけど、
着物、もっと楽しんでほしいな~。


Rちゃん
おつきあいありがとうね~。
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-27 07:50 | おでかけ
ビストロで楽しくランチしながら、
お互いの近況報告~!

いつもながら、
なにごとにも一生懸命のRちゃん。
わたしは、もっと力を抜いてはじけることを宣言(?)。
お互いこれからもイロイロ楽しいことがありそうです。

9月に、おともだちの披露宴に出席するかもしれないRちゃん。
個人的には、ぜひともお振袖を着てほしいな~、と願うのですが
Rちゃんも「振袖着たい~」のですが、
おかあさまは「暑いから・・・」と消極的なのだそうです。
最近の9月って、暑さがハンパないからね。

んじゃあ、パーティドレスを見に行こう!と、
きらっきらのドレスを探して元町を~。
いやあ、きれいなものを見るって
ほんとに楽しいね~♪
そんでもって、
「買わないけど、見る」っていうことが
すんごい楽しいね~(笑)♪

この日の目的は、もういっこ!

元町駅からすぐの、こんなレトロビルにある
「喫茶店」に行きたいの~。
・・・と、Rちゃんを半ば強引にお連れいたしましたのが
b0189343_745253.jpg


その名も「喫茶 コスメティコス」さん
b0189343_7463742.jpg

エントランス部分はこんな感じ。
こだわりの珈琲をいっぱいずつドリップしてくれはって、
ひとりでもくつろげるお店、と聞いて
一度行ってみたいな~って思っていました。

わたし、着物でカフェに行ってみたいのです。
ウィンドゥ・ショッピングも楽しいのですが、
着物であちこち歩き回るよりも、
お気に入りのカフェで、ゆっくり過ごす時間を
着物で堪能してみたいな~って思っておりまして。

ひとりだったら、
本をじっくり読んだり、
雑誌を見たりして、
お家ではできない感じの「ほっこり」を~、

誰かと一緒だったら
もちろんその方とお話して、
できればお着物に関して
こういうことがしたい!とか、
これからこんなことをしてみたい~とか
あれこれ妄想を膨らませてみたいなと(笑)。

それには、
こぢんまりしたおちつける場所がいいな~。
そして、
お店の方の「こだわり」が感じられる場所がいいな~。
・・と探していた頃
びびっときたお店がコチラ。


こちらの主は、女性なのです。
お花がいっぱいで、女性らしい佇まいですね。

初めてのお店。
ちょっとドキドキしながら「こんにちは~」とうかがいました。

お店の中には、店主の方の「大好き!」がそこここに。
「ゆっくりしていってくださいね~」と、伝わってきます。

わたしは紅茶派で、どっちかというとコーヒーは苦手なのですが、
こちらのお店では、
わたしのような「コーヒーはちょっと・・」という人でもおいしくいただける
コーヒーをお出しされているそうです。

念願の着物でカフェ!
背伸びしてコーヒーをオーダー(←大袈裟 笑)。
コーヒーを待つ間、店内に置いてあったグレース・ケリー物語を見て。
b0189343_7485065.jpg

ああ、よいわ~、こういう雰囲気!
ちょっとオトナのゆったり時間。

b0189343_749382.jpg

わたしが着物姿だったので、和風のカップで出してくださいました。
昭和のナルミのものだそうです。
こういうお気遣いがとってもうれしいです。

そして、お味は
苦くなくまろやかで、
もちろん酸味もない、とてもエレガントでした。
コーヒーというより、珈琲という感じ。←わかるかな?


こちらのお店では、珈琲に合うあまいもんもあります。
クッキーや、スコーン、卵サンドウィッチなど。
わたしたちは、チーズケーキをいただきました!
b0189343_750630.jpg


こっくりしているんだけど、後味さわやか☆
メニューにあるように
「カスタードクリームを丸ごといただいているよう」です。
めちゃくちゃ、珈琲と合うのです!

こんな空間では、お話も自然とはずみ、
話題はもちろん着物~(笑)。
Rちゃんも「浴衣着たい~☆」と
キモノ病を発病しておられます。

わたしは糖分を摂取したためか
アタマの回転がよくなり(わはは)
これから暑くなる季節、何か楽しいことはできひんか?と
あーだ、こーだと考えたのでございます。

浴衣でビアガーデンが、いちばんやりたい!



まだ、つづく!
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-26 07:50 | おでかけ
エレクトーンの発表会が終わったので、
着物、解禁✩

早速、土曜日にキモオデしました!

ひとりで神戸をぷらぷらしようと思っていたところ、
Rちゃんからメール。
神戸でランチすることになりました。

そうなるとね~、
ココロが浮き立ちますよね~♪

ひとりでぷらぷら~もイイですけどね、
かわゆい女子とランチとなると、
着付けにも気合が入るっちゅーもんですわっ✩

・・・と思ったら、
久しぶりに着たもんで

いろいろ手こずりました~。

ああ、着物はやっぱり定期的に着ねば!
この日のコーディネートはこちら。


夏物、今年の新入りちゃん。
b0189343_741191.jpg

得意のヤ○オク。
ポリ素材です。めっちゃ安かった・・・。
わたしには珍しい色、薄紫。
更紗文様になっていて、ちょっと大人っぽい?
ってか、、もう十分オトナでした~。(´▽`)

b0189343_7411997.jpg

これにピンクの帯を合わせるところは
まだまだオトナの階段を登りきれていない(#^.^#)

途中、バスの中で爆睡し、
降りるとき、後ろから来られたイケメン男子に
「落としてませんか?」と声をかけられ、

\(◎o◎)/

なんと、
帯留め(クリップ式)が、となりの座席に落ちていた・・・。

恥ずかしすぎる・・・(;゚Д゚)!

ほんまにいい加減、オトナにならなあかん、と思いました。反省!


ランチのお店は、Rちゃんがセレクトしてくれました。
b0189343_742010.jpg

Bar&Bistro64さん。
きゃあ、このお店一度来たかったのよね~。


b0189343_7422790.jpg

着物で来られて、ウレシイぞ!の図。


b0189343_7424578.jpg

旧居留地のおしゃれなカフェで、かわいこちゃんとランチ♪
ああ、しあわせ~。


b0189343_7432817.jpg

お顔を隠すのがもったいないくらいの笑顔なんですが・・・。




つづく!
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-25 07:39 | おでかけ

レッスン日記 6月20日

コンクール終わって、もぬけの殻ですが、レッスンへ~。
H先生から午前中に
「今日雨がひどかったら、お休みにしてもいいですよ~。
振り替えますからね」とお優しいメールが。

雨も降ってたけど、いろいろお話しもしたくてうかがいました。
付け毛も返却しないとね!


本番から後
手元に届いた審査員の先生の講評を読まれたり、
録画したビデオを観られたり、
再度、コンクールの要項を確認されたりして
H先生も、
今年のコンクールを振り返り、
今後のことにも想いを馳せておられるようでした。

わたしが出場した、フリースタイル部門では
とても楽しいステージを披露されたWさんが、
次の地区大会に進まれたのですが、
それは、
「観客を魅了するステージを作り出した人を求む」
という要項の文章にフィットしている、とH先生。
「この部門では、曲の難解さとか、正確性とかは
あんまり重要視されていないのよね~。
それよりも、観てくれている方が、
ああ、エレトーンって楽しいな、っておもってくれるような
演奏をすることがいいのよね~」と。

ふたりして、今までの発想を捨てて転換せなあかん!と。

そういや
A先生はいつも、楽しく演奏することを教えてくださっていたな~。
ヅラかぶれ!とか(笑)。
曲を難しくすることよりも、楽しく表現することを✩

これからはそういう方面にがんばろう~と、
決意を新たにしました。


H先生も
「もっと楽しい発表の場を、どんどん作っていかないとね~」と
地元でのミニコンサートみたいなのを、企んでおられるみたいです。

わたしはとにかく
曲が弾きたくて(笑)、
これ、買いました!

b0189343_894332.jpg

Aさんが弾かれた「Danny Boy」が弾きたい~。
レッスン室で早速弾きました♪
わたしが右手と左足でベース。
H先生が左手を担当。
ああ、ええ曲やわ~。

それから、もっとはじける練習をするために(笑)
楽しくってしかたがない曲も~。

ジュスカ・グランペールの「Smile Smile」をアレンジしようと思います。
途中、サンバホイッスルを ぴ~ひゃ~と吹くのもいいんじゃない~?

これは耳コピからスタート✩
いえ~い!

さて、またがんばりますよん。


そうそう、
この前の本番のもようを、H先生が録画してくれはったそうです。
「PCが調子悪いから、ダビング待ってね。」とのこと。
画像いただけたら、記録としてアップロードしようかな?

More・・・
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-21 08:15 | ムジカ

海をイメージして。

【カオリーニョの妄想】

・・・これは、わたしkaoが着付けボディ「カオリーニョ」に着せつける時
  そのコーディネートから発想する妄想である。


わたしはカオリーニョ。


今年は梅雨入りが早かったけど、
あんまり雨が降らない・・・。

その代わりに、夏のような陽射しの毎日。


もうすぐ、夏だ!

蒼い海。
遠い国を想うのも、夏のイメージ。


夏は暑いけど(笑)、
気持ちがど~んと大きくなって、
深い海の底や
遠い国の風を想っていると、
楽しくなってくるのは
わたしだけかな~。

そんな、海をイメージして、
こんなコーディネートを。
b0189343_8123375.jpg



蒼い海と、
浜辺の貝殻ちゃん。

b0189343_8125025.jpg



b0189343_813785.jpg


着物を着るようになってから
夏の暑さも
まんざらでもなくなってきた~。

だって、洋服とはぜんぜんちがうおしゃれができるんだもん!
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-20 08:10 | カオリーニョの妄想

もっとはじけたい✩

もっとはじけたい☆

今年のコンクールが終わった今、
思うことはコレでした。

エレクトーンのコンクール。
わたしは「グッドセンス賞」をいただきました。
大人の部ではそのほか3名、計4名の受賞♪

その4名の中から1名が、わたしの所属するヤ○ハの代表として
次の地区大会(兵庫県大会)に出場します。

H先生も、デモンストレータのA先生も
このわたしが地区大会に行けるよう、
毎年あらん限りのご指導をしてくださいます。

昨年に引き続き、曲をつくりました。
わたしにとっては異次元へのチャレンジが多数あって、
昨年の「月の誘惑」ほどの思い入れがなかなか出てきませんでした。

だけど、5月終わりくらいにようやく「おお、これだ~」という感じになり、
本番を迎えることができました。

16日も、今までほど緊張することもなく、
気持ちよく弾けたので、
「お?地区大会にいけるかな~?」なんて思ったのですが、
地区大会進出者は、Wさんですと、
昨日H先生からメールで知らされました。

やっぱり今年も地区大会には進めませんでした~。


H先生とも強敵はIさんだと思っていたので、
意外でしたが
よくよく考えて、
今ではWさんの進出は納得です。
わたしは、Wさんにはかなわないな~と思います。


1日の予選は、Wさんの演奏でスタートしました。
思いっきり楽しんで演奏されるWさんの想いが伝わって
一気に会場がなごみました。

そして、16日。
この日もWさんはご子息といっしょ。ダーリンも。
わたしはいつもどおり緊張して、ロビーで時間をつぶしていました。
Danny Boyを弾かれるAさんも、ご家族でロビー待機。
Aさんはちいさなお子さんがふたりもおられます。
他の出演者や、応援に来られてる人もロビーにいました。
Wさんはいろんな方にお声をかけられていて、
出演前から楽しんでおられるご様子でした。

みなさんお知り合いなんだな~って思っておりますと、
Wさんがわたしにも声をかけてくださいました。
「いつも出ておられますよね?」って。
「はい。これに出ることを目標にしてるので」とわたし。
「たしか前はAreaなんとかを弾かれましたよね~」って、
曲名まで覚えてくださっていました。

昨年は4月にご出産されたので出場できなかったとWさん。
「どうしようかな~って思ったんですけどね」って、
「ええ~?4月に生んで6月に出ようかな?って考えたんですか?
レッスンは続けておられたんですか?」
「3月までレッスン行ってて、さすがにベースは踏めなかった(笑)」だって。
すごい☆

予選のときに思ったんですけど、
本番でご自身が弾くことも、他の方が弾いているのを聴くことも
とってもとっても楽しんでおられて、
その姿がとても素敵だった。

「そしたらお腹の中でずっと聴いてはるから、
ぼくちゃん将来、すごくなるんじゃないですか?」とわたし。
「マニアックな曲ばっかり弾いてますからね(笑)」
「わたし、Quasimode好きですよ~。あのCD持ってますし。
めっちゃかっこよかった~」って言いますと
「うれしい~」って言ってくれました。
「今日も投げてくれはるんですか?(にやり)」とわたし。
「ええ、投げますよ~!」「わ~い」

そういう楽しい会話ができたおかげで、
緊張してるのがばかばかしくなりました。



みんな趣味で弾いてるので、ライバルだわっ!ばちばち~なんてことには
ならないのですが(笑)、
緊張もあって、他の出演者と話すなんてことはあまりなかったのです。

だけど、Wさんのおかげで
みんなでこのステージを楽しんで、
ぱあ~っと盛り上がりたいなって思うようになりました。
なんていうか、楽しまないと損!って感じ(笑)。

演奏がはじまると、Wさんは前の方のお席に陣取って
おひとりながら、他のみなさんの演奏をノリノリで聴いておられました。
その後ろ姿を見て、ああいいな~って、
この人、ほんとにエレクトーンが好きなんだなって思いました。

わたしの演奏の次が、Wさんでした。

演奏がはじまると、客席への出入りはできなくなるので
わたしはダッシュで客席に戻り、Wさんの演奏を聴かせていただきました。

それくらい、Wさんのステージは楽しみだったのです。


大人の部で受賞されたうち
Iさんもとてもお上手です。

音楽だから、好みがあるとは思うのですが、
Iさんと、わたしは別物だと思います。
わたしはIさんには絶対になれない。

昨年はIさんが地区大会に進出されました。

だからわたしが地区大会に進むためには
Iさん以上の何かを認めてもらわなければならないと
H先生とも言っていました。
わたしたちの中では、勝手に「打倒Iさん!」(笑)


ですが、今年の進出者はWさんでした。


昨日の夜、H先生からのメールで知りました。
H先生はメールながら、ちょっと悔しそうでした。

でも、わたしはWさんなら納得です。

予選のときから、1歳2ヶ月の御子息をベビーカーに乗せてこられて
そして帽子を投げるパフォーマンスをされ、
観客席で人一倍、みんなの演奏を楽しんでおられた。
16日も、
「この場にいることが嬉しい」
「エレクトーンを弾くことがたのしい」って
体からほとばしっておられました。

あれは、地区大会に進むための戦略でも演技でもなく
Wさんのお人柄であり、
それがそのまんまステージで表現されたのだと思います。

ヤ○ハが目指しているのは、これなんでしょうね~。

H先生がおっしゃいます。
「弾きたい人は、子供がいても忙しくても、弾く!」って。
やりたいことは、どんなことをしてもやるんですよね、人間って。

育児で時間がない人でも
やりたい時は、やる。

いえ、育児で時間がないからこそ、
Wさんは大好きなエレクトーンを心から楽しんでおられる。

だからわたしもWさんがステージでキラキラしてはる姿を見たかった。
わたしもWさんみたいになりたいって思った。

だから、Wさんが地区大会に進まれることは納得です。
今のわたしには、Wさんにはかないません。
そして、Wさんを選んだ審査員の先生がたにも感謝です。。

わたしの目指す姿がわかったような気がするから。
わたしもWさんみたいに、ステージではじけたいってわかりました。
もっともっとはじけたい。

今まではまだかっこつけてました~(反省)。

はじけるにはね。。
エレクトーンだけ弾いてちゃダメなんだと思うのですよね。。

着物も着てね、
おいしいもんも食べてね、
きれいなもんもいっぱい見てね、
おもしろいことをたくさん経験して、
かっこいい音楽をもっともっと聴くことが
大切だな~って

もっと自分を楽しまないといけないな~って、思いました。

いや~、今年のコンクールは
めちゃくちゃ勉強になりました✩
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-19 07:45 | ムジカ
コンクールなので、審査があります。
発表会だと、みんな弾き終わったら、
記念撮影でもして、解散!なのですが、

コンクールは、演奏終了したら休憩があり、
その間に、審査が行われます。

この時間がいちばん解放されて、
ほっとしてるかも~。
写真を撮っていただきました!
b0189343_21581289.jpg


審査発表~♪

わたくし、ここでいちおう
「なんらかの賞を取る」ことを目標にしております。
ま、次の地区大会に進みたいですが
Iさんという、とてもかなわないお方がおられるので、
地区大会はあきらめモード。。。

おかげさまで今年は「グッドセンス賞」をいただきました!
b0189343_2215680.jpg


ひょーしょーじょー(笑)は、
何歳になっても、何枚もらっても
やっぱりうれしいもんですね~。
A先生は「ちゃんと額に入れて、壁に飾るのよ!」とおっしゃいます。

b0189343_223482.jpg

今年の受賞者(の一部)。

左からRちゃん。
デモンストレータのA先生のお弟子さんです。
まだ高校2年生とは思えない実力の持ち主。プロ級です✩
高校生の部で金賞受賞され、地区大会に進まれました~。

Aさん。Danny Boyを演奏され、「ハートフルソング賞」を受賞されました。
ほんとに心温まる演奏で、このアレンジ大好き。
わたしも絶対に弾きたいと思いました。
ちいさなお子さんが二人おられて、この日は応援に来ておられました。
育児で大変だろうに、よく練習されたな~と思います。

そして強敵(とわたしが勝手に思っている)Iさん。
衣装(というか、小道具?)がすんごいの!!
上原ひろみさんの曲をアレンジされ、独特の世界を表現されました。
もっちろん演奏もめちゃくちゃうまい。
彼女は演奏後に小芝居がありまして、「グッドパフォーマンス賞」受賞✩

わたしの右隣はWさん。
こんなちびっこがいるのに、激しいラテンの曲を見事に演奏。
いったいどうやって練習したんやろ?って
予選のときからH先生と不思議がっていました。
彼女のステージもとっても楽しくて、
腕につけたカスタネットを合間にうちならし、
後半盛り上がる部分では、帽子を投げてくれるというサービスぶり。
ほんとにエレクトーンが好きなんだな~って、思いました。

審査員の先生が講評で、
「このステージで演奏できるということは、ラッキーなことです」と
おっしゃいました。
以前も似たような講評を聞いたことがあります。
「もっと想いを伝える工夫をしてください」というのが
この日の大まかな講評でした。


高校生はまだまだこれから伸びる子たち。
わたしたち大人は、仕事や子育てをしつつ、音楽を楽しむ年代。
高校生はテクニックを磨く時期かもしれません。
でもわたしたち大人は、もうこれ以上のテクニックは身につかないかもしれません。
だけど、この日のステージでは
わたしたち大人の方が、ずっとずっとはじけていました(笑)。

ステージで演奏するって、テクニックだけじゃないな~って
ほんとうに思いました。
もしかしたらテクニック以上に、楽しむことが重要なのかもしれないな~って。


「自分の音に責任を持ちなさい」って、H先生に言われたことがあります。
それは、自分の想いを乗せて弾きなさいっていうことなんだって、
最近ようやくわかりました。
どういう想いを伝えたいのか、それを常に意識しなさいって。

今回は、自分の心の奥に秘められた炎が燃えているということを
表現してみました。
ある意味、想像の世界でもあるんですが
そのイメージを音にして、曲にして伝えてみたかった。
誰かが作った曲を、エレクトーン用にアレンジして
誰かの想いを伝えるのではなく、
敢えて、自分の心の奥をのぞくように、
敢えて、自分の心の奥までもさらけ出すように、
いつもは恥ずかしくって隠してしまうようなものを敢えて。

それはとてもとても「怖いこと」でもありました。
果たしてわたし以外の人に伝わるのか?という怖さがありました。



「グッドセンス賞」という結果は、審査員の先生方にそれなりに認められたということでしょうか。
演奏だけじゃなく、
衣装や、演奏前に聞いていただくコメントも含め
わたしの世界観が認められたということだと思い、
とても満足しています。


オリジナル曲を作るということは、
ある意味、自分をさらけ出すことでもあります。
それはとても恥ずかしいです。

だけど、その恥ずかしさを超えて、
自分の内面を表現したとき
魂で演奏できたとき

わたしの音が
誰かの心に響くのだろうと思うのです。

わたしにはテクニックはありません。
だからってわけではないけど、
「うまいね~」って言われるより、
「この曲好き♪」って言われる方がうれしいです。
そんな演奏ができたらいいな~って思います。
誰かの心に響く演奏を目指したいな~って思います。

それにはテクニックで聴かせるんじゃなく
自分の中の「想い」を表現するということを
目標にしなきゃね。


昨日はこけしさんが聴きにきてくださり、
「今までで一番良かった」
「途中で涙が出てきた」と言ってくださいました。

最高の賛辞でした✩


せっかくできたから、
これでおしまいじゃなくて、
もうちょっとこの曲と歩んでいきたいな~と思います。
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-18 07:55 | ムジカ
2013年のELECTONE STAGE が終わりました。
わたしは発表会と言っておりますが、いちおうコンクールです。
6月1日のが店内予選で、
6月16日に店別大会なるものが行われ、
わたしの所属するヤ○ハの店舗から、
次の兵庫大会(地区大会)に進む方が選別されます。

この日はこけしさんが応援に来てくださいました。

お忙しいところ、遠方から
本当にありがとうございます。

素敵な写真をたくさん撮ってくださいましたので、
記念にアップさせていただきます!!

b0189343_21401014.jpg

ここの会場はいつも、曲に合わせて
ステージのバックの色を変えてくれます。
今年は題名に合わせて衣装を赤にしました。
どんな色を使ってくれるのかな~、と楽しみにしておりました。

色は当日、弾く直前までわかりません。

エレクトーンに座り、
準備が終わって、
ひと呼吸すると、
(ここまでステージ上は真っ暗)

ぱあっと明るくなって、
そのときに、バックの色が判明します。

「うわ!赤や~」と、瞬間的に思いました。

それが、客席から見るとこんな感じなんですね~。
めらめらしてて、ええ感じですね(笑)。

b0189343_21431064.jpg

小細工した衣装。
黒の薔薇のレースと
黒のオーガンジーを長四角に縫って
兵児帯をイメージしてリボンにしました。

ウェスト部分はもうちょっと細く、
リボン部分はもうちょっと大きくしたかったな~。

頭はH先生に借りた付け毛で、盛っております。

わたくし、当日
この衣装(リボンはなし)に、黒いカーディガンを着て
頭もコレで、会場入りしました!!

近所のバス停まで行く途中、
コマ付き自転車に乗った少年が、
じ~っとわたしを見つめて、微動だにしなくなってしまいました~。
ごめんよ、少年。
刺激が強すぎたね✩

神戸の街をこれで歩くのは、着物以上に恥ずかしかった~。
あ~、早よ、着物着たいって思いました(笑)。

会場で会ったこけしさんも、かなり引いてはったと思いますが、
ステージではこれくらいでちょーどよかったらしいです。
ああ、よかった。

b0189343_21494025.jpg

今年は両足ベース弾きがありましたのん♪
ちょっとだけね~。

b0189343_21502341.jpg

こんなアップを撮っていただきました~。
いや~、
われながら、こわいっす。
めらめらしてます~。
[PR]
by kaokaolululu | 2013-06-17 07:34 | ムジカ