イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2012年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

お琴と尺八の会へ~。

キモオデの日!
いえ~い☆

着替え完了♪

今年はコレを着倒すと決めた、自称「塩沢紬」。
b0189343_11252644.jpg

うずうずの模様が、お気に入り。(ちょっと風呂敷の気分 笑)

まだ暑いので、さっぱりとしたコーディネートにしたくて
b0189343_1165032.jpg

同系色の帯を合わせました。

お出かけ先はコチラ。
b0189343_118569.jpg

この日は、Wさんが出演される「尺八とお琴の会」が催されているのでした。
b0189343_1194980.jpg


観客席はいっぱいで、びっくりしました。
開演しますと、まずは尺八の合奏☆
b0189343_11134533.jpg


羽織袴姿が、これだけずらりと並ぶと圧巻ですね。
お若い方も、女性もおられました。

尺八の音は不思議です・・・。
風のようだったり、山のようだったり、ときには鳥の鳴き声にも聴こえます。
そして合奏になると、何とも言えず日本の心が聴こえてきたり・・・。

この会では、尺八だけではなく、お琴との共演も楽しいです。
b0189343_11273331.jpg


おそろいの色無地で登場。
(お衣装代・・・なんて考えてしまったわたしをおゆるしください)

そして、われらがWさんの登場!
b0189343_11164143.jpg

何度か発表会を拝見しましたが、
いつも思うことは「背中がぴーんと張っていてて、かっこいい」ということです。
b0189343_11173396.jpg

お顔を覚えてしまった、Wさんの先生。
小柄ながら、しゃきっとした演奏。
そしてお三味線のお方は「色っぽい」のよね~。

・・・と、聞きほれておりますと
「そこで弁天さまが・・・」という、ツヤっぽいお声が。
なんと!Wさんのソロでした☆
b0189343_11201773.jpg

Wさん独唱中♪
いや~、ええお声でした。

前からWさんの社中は「江戸が本家」とお聞きしていたのですが
お琴の流派などに詳しくないわたしは「???」だったのです。
でもこの日、Wさんの麗しのソロを聴いて、その「粋っぷり」は江戸好みだと思いました。
久しぶりにWさんにお会いしたのですが、
とってもかっこよかった~!


その後プログラムはすすみ、
b0189343_11234650.jpg

お振袖でお琴を弾く女子を見られたり・・・
ああ、眼福、眼福♪

来年のエレクトーンの発表会では、尺八の音色を使おうと思っているので
とっても勉強になりました☆

Wさん、いい機会をありがとうね~。
お互いにがんばろうね!
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-30 10:46 | おでかけ

つかの間の夢(笑)。

昨夕まで、つかの間の夢を見ておりました(笑)。

EXILE のATSUSHIがソロライブをするというので、
職場の同僚と、チケット予約申し込みをしていたのです。


結果は、残念ながら「落選」(涙)。

さすが、人気だね~。


「行く?」
「どうする?」と
悩みはじめたころから、

「申し込む?」
「予約、多いやろうね~」と、もじもじ。

予約しちゃってからは
「当たったら、どうしよう?」
なんて、
いろいろ妄想しておりました。

残念な結果になりましたけど、
きゃいきゃいと妄想することも、また楽し♪

ATSUSHIを生で見て、
あの声を聴いたら、
女性ホルモンが増えそう(笑)って思ってた。

実際は、そんなことを妄想してるだけでも
めちゃくちゃ楽しかった。
女性ホルモン、増えたかも?

つかの間でも、たまには夢も必要だわ!
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-29 09:09 | ひとりごと

はじめてのお香。

京都でのキモオデ。
おみやげはコチラ。

b0189343_19335840.jpg

リスンのインセンス(お香)。

こちらのお店、いつも気になっていたのですよね~。
おしゃれな空間なのです。

でも、お香を買い求めるまでの勇気がなく
いつも「見てるだけ」でしたが、
この日は、このスタイリッシュな「お香立て」にハートが打ち抜かれ、
どこからともなく勇気が出てきて、お買い上げ♪

いろいろなインセンスを
「くんくん」して
「スコールと白い花」というのんをいただきました。

すごくいい香り♪
毎日、このあたりで「くんくん」しています。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-27 19:36 | ひとりごと
「人生、いろどり」の映画を観て
実家の父のことを考えました。

映画の中でも、
高齢の方々は、息子夫婦などの若い世代に
「おとーちゃん(おかーちゃん)は、いらんことせんでもええから
ゆっくりしとったらええ」と言われます。

確かに一理あります。

でも、実際は、
おじーちゃん、おばーちゃんのチカラはすごいのだ☆
そして、「頼りにしてまっせ!」と言われたら
そのチカラは倍増するのだ☆


わたしも、実家の父の「ためを思って」
「おとーさんは、ゆっくりしてたらいいんだよ」と
何度も何度も言ってきました。

でも!
これでは、あっかーんのです!!!
絶対に、絶対に、あっかーんのです!!!

もっともっと、父を頼って、
いろいろおしえてもらって、
チカラを貸してもらわねばならんのです。

そして、それは、実の親だけじゃなくて、
親戚のおばちゃんも、
道行く知らないおばーちゃんにも、
もっともっと、わたしたちは頼らなければならんのです!

・・・ということで、まずは父に電話(笑)。
近所のおじちゃんが、まだ入院中とのことで、
「ふにゃふにゃしてたら、あかんで~!」と言い、
今度実家に行ったときは、おいしいもんをご馳走してもらうよう
リクエストしてみました。

今までとわたしのスタンスがちがうから、
電話越しにも「???」なカンジが伝わってきましたが、
これからは、どんどん頼ることにいたします。

いろんな人生の先輩の方々、
いろいろおしえてくださいませ~。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-26 08:13 | ひとりごと
着物で映画を楽しんだ後は、
ランチ(笑)!

だって、お腹減ったんだも~ん。
コチラのカフェで、ゆる~りと。
b0189343_8565632.jpg


あ、ひとりじゃなかったんですよ、この日。
ご一緒いただきましたのは、この方々。
b0189343_8552636.jpg

若き同僚Rちゃんと、Fさん。

2階の明るい窓際にとおしていただいて、
b0189343_8572811.jpg

何にしよう~?などと、相談したり、
オンナノコっぽいお店は、女子力がアップするカンジ(笑)。
わたしは前のめりで、ちょっとおばーちゃんぽい?

b0189343_8581841.jpg
b0189343_8582798.jpg

お腹減ってたから(?)、写真にいまいち身が入らず
いつも以上に下手な仕上がりでございます~。

b0189343_8591027.jpg

この日の着物は、白っぽい北欧カフェにマッチしてたかしらん?


パスタなど、カフェランチを楽しんで、女の子っぽい雰囲気がよかったです☆

別に、着物で映画を見なくてもいいし、
別に、着物でカフェに行かなくてもいいんだけど、
なんか気分がアガるんですよね~、着物ってゆーだけで。


あ~、楽しかった☆

また、こんな風に、着物着て映画行ったり、
カフェでランチしたり、
まったりお茶したり、
さくっと、お出かけしたいです。

Rちゃん、Fさん、ありがとね。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-25 07:53 | おでかけ

人生、いろどり~。

イイカンジに晴れた土曜日☆

単衣の着物に着替えました!
b0189343_8223477.jpg

年甲斐もなく、かわいらしい(多分)塩沢紬。
(なんと!袖が長いぞよ・・・。世間のみなさま、許してください。)

帯はさっくりとした紬の鳥ちゃん。
b0189343_824175.jpg

・・・でも、柄がよくわかんない写真になっちゃったね(涙)。

お出かけ先は、コチラ
b0189343_8244053.jpg

着物でなぜか映画に行ってきました(笑)。

「人生、いろどり」です。



先日来、気になっている徳島県上勝町が舞台の実話。
3人のおばあちゃんたちが、崖っぷちで再起をかけた大勝負に出て
見事、人生の逆転満塁場外ホームランをぶっ放すという、
とても「すっきり」とする、映画です(笑)。

主人公が、今までずーっと誰かのわき役だった、おばあちゃんが、
地場産業の「みかん」が全滅になったとき、
周りに嘲笑され、馬鹿にされつつ、
最後はみんながハッピーになれる物語でした。

いろいろメッセージはあると思いますが、
わたしはやっぱり
「自分に正直に、信念を貫くしかないな~」と
思いました。


ああ、いい映画やった~。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-24 08:30 | おでかけ
図書館で借りた本。

b0189343_13405930.jpg

幸田文さんの「きもの」。



一昔前までは、日本人はみ~んな毎日きものを着てた。
普段着だった。

なのに、今では特別なものになっちゃった。
もったいないな~、と思う日々。
できるだけ、着物を着る機会を増やしていますが、
いっこ、わからないことが。

その頃のおんなのひとたちって、どんなふうに暮らしていただんだろ?


この本で、ちょっとはわかるかな?
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-23 13:39 | ひとりごと

レッスン日記 9月20日。

少し風が秋めいてきた木曜日。
エレクトーンのレッスンの日です。
先日のA先生のレッスンの報告をしに、H先生宅へ~。


なんだか、H先生、
Choo Choo TRAINのアレンジをみていただいているときよりも、
オリジナルの方に熱が入っておられるようです(笑)。

A先生のレッスンでは、Choo Choo TRAINとオリジナルと半分ずつくらいの比重だったのに、
この日はオリジナル一色のレッスンだったな~。

やっぱり音楽を極めておられるような人たちは、
「できあい」の曲を再現することや、誰かが書いた楽譜を弾くことよりも、
何もないところから世界を創出するようなことの方に、ぞくぞくするのですね。

前もってH先生にはメールを送って、タルカスのYou tubeアドレスなどもお知らせしておきました。
H先生はお忙しいなか、You tubeでタルカスの曲を聴いてくださっていました。
が、わたしの書いた楽譜が、「どうやったらロックになるのか?」は理解できないご様子でした。
そりゃ、そうだ・・・。

とりあえず、いつものようにA先生のレッスンを録音したMDを渡して
「これを聞いてください。そしたらなんとなくわかると思います。」とお伝えしました。


そして、この日わたしが一番H先生に伝えたかった、
A先生からのメッセージを、何とか言葉にしてみました。


・いままで「セオリー」だと言われていたコード進行に、とらわれる必要はない。
・観客が聴いて、情景やストーリーを頭で描けるような曲やサウンドを目指そう。
 そのためには、「そんな音?」と言われるようなコード付けだって、構わない!
・ストーリー性が最も再現されているのは、「映画音楽」。
 参考に、サウンド・トラックなんかを聴きなさい。

こんな風なことです。

ここでさえ、「こんな風・・・」としか表現できないのは、
A先生は決して「こうしなさい」とか「これが正解」とはおっしゃいません。
わたしが書いていったへっぽこな楽譜でさえも、きちんと尊重してくださるのです。
そして、これが「こんな風に広がるよ」とアドバイスくださいます。

あくまでも「アドバイス」です。

それを実行するかどうかは、生徒の意思にゆだねられています。


A先生が「こんな風にしたらかっこいいよ。」とか「こんな風なアドリブを入れたら?」とか
言ってくださったことを実現しようとしたら、
わたしは、かなり・・・努力しなければなりません。
めちゃくちゃがんばっても、A先生が即興で弾かれるフレーズに遠く及びません。

でも、それなりにA先生は尊重してくださいます。

そして、「しなくても」それはそれで、尊重してくださると思います。

H先生にも
「A先生は、ぜったいに正解をおっしゃいません。
生徒が気づくことに対して、広げてくださるカンジです。」とも
お伝えしました。

H先生も、そこには深く納得されていました。
そして、「今は楽譜を固めることよりも、イメージをふくらませる時期かな?」と
言ってくださいました。

映画を観たり、CDを聴いたり、
そんな風に「関係なさそうなこと」が、いつの間にか自分の中に蓄積されていって
いつの間にかミックスしたり、熟成されたり、結合したりして
わたしの創造したい世界が、ポン!と現れますように(笑)。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-22 07:47 | ムジカ

ひとめぼれ

先日、神戸に行ったとき
大丸でかわゆいポーチを衝動買いしてしまいました。
b0189343_16504588.jpg

正面は、凛とした「くじゃく」ちゃん。

なんか、鳥が好きなんですよね~。
くじゃくの羽も好きなんですよね~。
くじゃくの羽の柄の帯がほしい・・・。

b0189343_16515991.jpg

帯はおいそれと買えへんから、ポーチで満足しておこう。

京都のお店が特別に出店してはったのです。
b0189343_16524842.jpg

裏地が黒でまた気に入った☆

生地がなんともいえない色なのですが
こちらのお店、ろうけつ染め作家さんなのですね~。
ち江すさん。
ご本人とは知らず、すっかりお店の方だと思っていました。
もっとお話しすればよかった~。



おきてがみ
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-20 07:49 | ひとりごと
日曜日。
ちまたでは3連休の中日ですが、わたしゃエレクトーンのレッスンなのです。

A先生にお会いして、まずは先日のミニ発表会の御礼をば。
先生も、「楽しかった」と言ってくださり
「だんだんとみんなの個性が出てきて、面白くなってきた!」と。
A先生のレッスンも、3年目。
月に一回しかお会いしないとはいえ、演奏ってば意外と人柄がバレるもんです。
なので、生徒も初めはおとなしくしていても、だんだんと本性がバレてきましたね(笑)。
それになんといっても「みんな上手だもん」(A先生談)なので、
聴いてる方は楽しいのだ。
また、来年もあんなのができるといいな!


さて、レッスン開始☆
まずは、Choo Choo TRAINを聴いていただきました。

H先生のレッスンからそんなに時間が経っていないので
わたしの演奏は変わりなし。つまりはミス多発(泣)。
でも、「それなりに」聴こえたみたいで(よかった、よかった!)
A先生はわたしが弾くのを聴きつつも、気になるバランスを調整してくださいました。
さらに、「ヴォーカルの目立たないといけない部分がサブメロディに負けてしまってる」と
ヴォーカルの音を入れなおしてくださり、さらに弾きやすいデータに調整してくださいました。

「こんな風にすると、弾いてて気分がいいでしょう?ひとりアンサンブルで!」
そうそう!まさにそうです☆ 気分がいいのです☆
先生、教えてくださってありがとうございます~。

「録音するのも、ある意味大変でしたぁ。なぜか、電話がかかってくるんですよね・・・」
と言うと
A先生も「そうなのよ!この辺ででしょ?」と終わり間際の楽譜を指さしはります。
そうそう!まさにそうです☆ あれはなんでですか?
A先生も謎なのだそうです~。おもしろいね!


それからオリジナルの楽譜を見ていただきました。
H先生にみていただいてから、
実は「う~ん・・・ちょっとチガウ」と思ってしまって、
レッスン当日の日曜日に書き直したものを持っていきました。
b0189343_15525861.jpg


H先生のレッスンのときは、もうちょっと細かい音符がたくさんあったけど
あまり細かく設定してしまうと、イメージが固まってしまうようで
今はまだおおらかにつくっていきたいな、と
急に思い立ちました。

前も思ったけど、今はまだ曲の設計図段階。
卵になったかどうかの時期だから、どうにでもなるようなシンプルな方がいいと思いました。


でもですな
シンプルな楽譜の演奏ほど、技量を必要とするものなのですな。

「とりあえず」で作成した楽譜・・・。
A先生の前で弾くと・・・、下手もええとこで(泣)恥ずかしかった。

でも!
A先生は、すごい☆ ほんまにすごい~☆

わたしのあの楽譜を見て、
「どうやったらそんなことになるんですか?」みたいな発想が次々に・・・。
音はどんどん変わっていき、
ベースの音は「ありえない音域」に達し、
想定外の楽器が登場して・・・

ひゃああ~!という世界があらわれました。


そして、その次に先生が発した言葉が、
あまりにも意外で
わたしの目は真ん丸になってしまいました。

「あ~、今思い出した!あれ!
こんなメロディがいいわ。
えええっと、ロックのね・・・」

はああ?ロック?
今、先生がお弾きになっているのは、
尺八と、フルオーケストラで、
何か日本の山が遠くに見えて、とても美しい情景が思い浮かぶんですけど・・・。
ロックって、あの、ギターがぐいんぐいんってゆー、アレですか?

と、びっくりしていると
「これ、おもしろいから一回聴いて!」
b0189343_1633634.jpg

はい!聴きます☆
↓こんなん!


この曲は超有名曲で、途中の部分はわたしも聴いたことがありました。
・・で、ロックなのに、最近オーケルトラ用にアレンジされて
あの大河ドラマ平清盛に使われているそうです。これもA先生情報♪

これは「題名のない音楽会」での演奏風景。指揮者は佐渡さん♪

2曲を比較するとおもしろいです。

オーケストラの方しかしらなかったら、大河用に作曲されたと思うかも?
原曲はロックながら組曲になっていて、
オーケストラももちろん組曲です。組曲全部聴いたら「無理がある」部分もあるけど・・・。

ということで、今回のA先生のレッスンでは
あたりまえのコード付をするのは「おもしろくない」。
正統派のコード進行でも、コードの音の取り方を「工夫」して
おもしろいサウンドに仕上げよう!
どんなふうに音をとってもよいのだ!
それを再現するには、「ぐーで弾いてもいいし、山下洋輔みたいに肘で弾いてもいいのよ」
・・・ということのようです。


そして、仕上がりはハンス・ジマーの「バックドラフト」みたいなやつ!

で、衣装は
「着物で、変わり結びのすんごい帯を締める!」のだそうです(笑)。


え~っと・・・、
来年の発表会までに
1. ロックみたいな「肘で弾いたり、ぐーで弾いたりするような」コード付けの曲を作る。
2. ハンス・ジマーみたいなアレンジにする。
3. 変わり結びができるようになる。
というのが、わたしの課題のようでございます。


着物着て、すんごい帯締めて、肘でぐいぐい弾く・・・。
えらいこっちゃ!







おきてがみ
[PR]
by kaokaolululu | 2012-09-19 07:34 | ムジカ