イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2012年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

また、道訊かれた!

先日、あまり馴染みのない町で用事を済ませ
暑い暑いなか、駅に向かって歩いておりますと

あの~、すみません…、
◯◯はこっちに行ったらいいですか?と

また、
道を訊かれました!

びっくり~(;゜0゜)


よく知らない町だけど、
お尋ねの◯◯は、今まさにわたしが前を通ってきたではないか!
…というコトで、果敢に道案内にチャレンジ☆

途中、
あ!…と気づく。


わたし、地図をプリントアウトしてた!
もう使わないから、
これ、使ってください、と差し上げました。

とてもキレイなママと、小学生低学年らしきおんなのこ。
キレイなママは、ご親切に~と感激しはりましたが、
わたしとしたら、もう使わないものがお役に立てたら、よかった。
この前の友人Tの案内っぷりが大いに参考になったね。
Tよ、ありがとう。

蒸し暑い日、あのお二人のストレスが少しでも減ったらいいな。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-31 22:23 | ひとりごと

夏の思い出♪

2012年の夏も、おいしいものとともに・・・

まずは
Fさんとてんこもりのキモオデしたときに教えてもらった!
b0189343_1123629.jpg

これですよね~、Fさん!

b0189343_11232891.jpg

コープの宇治金時アイス☆
これおいしい~。


それから、はじめて見た!
b0189343_11235957.jpg

源氏パイはよく知ってるけど、「平家パイ」もあったのね・・・。
今はコッチの方がトレンドなのかしらん?

b0189343_11243748.jpg

レーズンがはいってました。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-30 07:21 | ひとりごと

ミニ発表会の打ち上げ☆

ミニ発表会の後、Wちゃん幹事による「打ち上げ」がありました。

会場は地元の居酒屋さん。
出演者のWちゃんとMちゃん。(A先生に習ってるプロを目指す大学生)
H先生(わたしの先生とは別のお方、今回の発案者で司会。A先生のオトモダチ)
ヤ○ハスタッフのKさんとYさん(いつもお世話になっております)
I先生とN先生(いずれもヤ○ハの講師 わたしも顔見知り)
そしてA先生も!

ヤ○ハの先生方は、発表会後などよく打ち上げをされてるそうです。
スタッフのKさんも参加されてるようです。
(見かけによらずお酒大好きで、飲むと止まらないらしい・・・)
Wちゃんは「打ち上げ好き」で(笑)、
学校でも課題提出の後には必ず打ち上げているらしい!
若いね~。

この席にA先生がお越しくださったのは、とてもうれしかったです。
わたしなどからすると「雲の上のお方」というカンジなので。

でも、いっしょにごはんを食べると、いろいろ知るものですね~。
・・・というか、バレるということですわ(わはは!)

あんなにすんばらしい演奏をされたWちゃんとMちゃんも
実はいっぱい間違えて、
客席が近いもんだから、ちびっこの真剣なまなざしに
「責任を感じて」、「人生ではじめて緊張した!」と。
えええ?そんな風に思ってたの~?知らなかった・・・。

わたしなどは「近年まれにみる大失態」をしでかしましたが
H先生やI先生から「どこが?わからんかった!」と大真面目に言われて
ほんまですか???と。
唯一バレているA先生からは
「オリジナルのいちばんいいところは、失敗してもわかんないところよ~」と励ましていただき、
まんざらでもない気分になりました。へへっ!

反省はすべきだけど、100%の出来なんてありえないということも学びました。
それよりも、Kさんのお言葉がうれしかった。
「kaoさんの、背中が色っぽいのよね~」

そしたら、かわいいかわいいMちゃんが
「そうなんですよぉ、どうしたらそんな色気が出るんですか?」と言うじゃないの!
はああ?お色気ですか?このわたしが?

照れくささのあまり
「それはA先生に教えてもらってください。ムンムンの演奏を!」と言いましたらば
A先生は「歳を取るだけじゃだめ~。歳とってても色気ない人はないもん」と。
すかさずH先生が「そうね~。Mちゃんは気をつけないと!出なさそう」だって。
A先生のところに行く前は、H先生に習っていたとはいえ、Mちゃんいじられすぎ。
でもMちゃん「わたし、水着着てても色気出なさそう・・・」って。
爆笑!かわいいなあ。

WちゃんはA先生同様、エレクトーンのデモンストレーターになりたいそうです。
Mちゃんはヤ○ハの講師を目指しているそうです。
なるほど、Wちゃんは「がんがん弾きまっせ!」というタイプ。
Mちゃんは、かわいらしくて子供好きで、「あこがれの先生」ってタイプ。
ふたりとも、中学生の時には今の夢を持っていたそうです。

えらいな~。
夢を追いかけているから、学校の勉強もほんとに大変そうだけど
とっても楽しそうにこなしてる。
ピンチになったら、A先生に泣きついてるみたいだけど。
それもまた楽しそうなんだわ。

このミニ発表会も何週間の準備でここまでやったんだ~と思うと
すごいな~って感心しました。
でもふたりは「またやりたい!」って、目をキラキラさせて言いました。
そしてH先生もA先生も「来年は・・・」とすでに準備に入られました!
若い子たちが一生懸命になってる姿を見て、先輩方がよっしゃ~と気合を入れる。
「打ち上げっていいな~っ」て思いました。

More・・・
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-29 07:27 | ムジカ

ミニ発表会♪

8月25日土曜日。

地元のヤ○ハで、A先生のレッスン生によるミニ発表会がありました。
会場は、レッスン会場のヤ○ハ内にある、ちょっと大きめのお部屋。

昨年も一度この会場でミニ発表会みたいなのがありました。
このときは新規入会した生徒さん(の親御さん)向けイベントだったみたいです。
「ヤ○ハでがんばったら、こんなに上手になるよ~」とアピールしたかったらしい。
ちびっこたちが上手なのよね~。

そいでそのときに、演奏者をキラキラしたおめめで見つめるおんなのこに気づきました。
わかるわ~。
発表会で、ちょっと年上のお姉さんが上手に弾いたりするのを見ると
どきどき、うきうき♪ってカンジになるのです。

それで「わたしも上手になるわっ!」って思わせるのがヤ○ハさんの狙いなのでしょうが
わたしは、そうじゃなくても「オンナゴコロ」というか「トキメキ」みたいなのを
植えつけたことで、その演奏者さんはすごいと思うのです。

演奏をさせていただくというのは、そういう夢みたいなのをお見せするというような
ちょっぴりこそばゆいけど、なんとなくうれしい気分が味わえますね。
わたしは、そんなおんなのこからは歳が離れすぎてるけど、
そのママたちに「素敵☆」って思ってもらいたいと思います。


な~んて、エエカッコ言うてますけど、
本番は、「近年まれに見る大失態」をしでかしました(笑)!

この日はA先生も早くからお出ましくださって、
ゲスト演奏をしてくれる大学生ちゃんたちのリハーサルから、
演奏者の入場の練習とお付き合いいただきました。

A先生に「完成形」をお見せしたいと思うココロとは裏腹に
本番では、リズムとずれてしまったぁぁぁぁ(ぎゃあああ。)!

個人的な言い訳~
ボリュームが3時だった。
「ボリュームが2時だったらなんとかいけるとおもうけど、3時だったら割れるよ」と
A先生に言われていたのに、確認せずに弾きはじめたら
リバーブ「ぐあんぐあん」で反響して、自分の弾いてる音がどれかわからん状態(Oh, No!)
気づいたらへんてこなカンジ。
おや?とリズムカウンターみたら、ずれてる(ギョエ~)。
長くても2小節くらいだったと思うのだけど、
一応冷静に調整できたとは思うのだけど、
なんかショックだったのよね~(涙)。
~言い訳終了。

他の演奏者は、とってもお上手だったと思う。
でも~、その人たちにはいろいろと反省点があったようです。
というのは、今回は司会のH先生が演奏後に
各演奏者にインタビューされまして、
「今日の演奏は納得できませんでした。」とか
「途中楽譜が飛んじゃいました」とか
「もっと練習します」とか、言うのよね~。
あんなに上手なのに???

きっとみんな、練習いっぱいしてても本番では緊張してミスしちゃうんだよね。
わたしとおんなじなんだ。
そう思うと気が楽にはなりました。
反省は大切だとしても、本番中はごまかすことも大切、と気づきました。
それが今回の収穫ですな。

そして今回はヤ○ハのこのセンターの生徒さんだった大学生で
今はプロを目指して勉強中(A先生のレッスンをうけておられます)の
かわゆいかわゆいWちゃんとMちゃんがゲスト演奏をしてくれました!

ほんまに上手い!
びっくりした~!
そして、かわゆい♪
もう、見てて、うきうきする♪

こんなかわゆくて上手な人たちを輩出しているという
H先生とA先生って、ほんとにほんとにすごいな~と思いました。
そして、こんな風に凱旋してきてくれるってことは、
先生冥利につきるんだろうなとも思いました。

最後にはA先生も弾いてくれましたっ☆
オリジナルの曲を2曲と、オトモダチのH先生の強引なアンコールに応えて
「はじめてのチュウ」(A先生バージョン)を!


あああ、素敵だった。
とってもいい発表会だった。

エレクトーンっていいな、って思ってくれたひとがいたらいいな。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-28 07:35 | ムジカ

レッスン日記 8月23日

この日は仕事が忙しくて、アタマがぼ~っとしてる間に
H先生宅に到着してしまった!

週末にはA先生のレッスン生によるミニ発表会があるというのに
なんだか「月の誘惑」が弾ける気がしない・・・。
暑さのせいか、仕事の気分のせいか?

とりあえず、弾いてみる!
そしたら、なんとか弾けた~。

人間あれだね、(どれだ?)
「あかん!」と思ってるときは、集中するから
意外といい結果になるもんだね。

そういえば、直前の練習で調子が良かったりするときの本番は
惨憺たるありさまだったりするなあ。
不思議なもんだ。


ミニ発表会は、A先生のオトモダチでもあるもうひとりのH先生のご発案。
A先生に習ってる生徒さん(特にちびっこたち)は、
コンクールでよい成績を残しはった。
その演奏を、A先生に習っていないけど、エレクトーンは好き♪という
他の生徒さんに聴かせたいというような趣旨らしい。

オトモダチのH先生から連絡を受けたA先生も、当日来てくれはる!
演奏する側としてはやや緊張するけど
よくよく考えたら、A先生って、
レッスンしてはるから全員の曲を知ってはると思うけど、
本番でこんな風に演奏されたという「完成形」を知らぬまま、終わっていくのだね~。
そう考えると、完成形をA先生にお披露目できるということはありがたいな~と。
そんなことをH先生にお伝えすると、「なるほどね~」とおっしゃっていました。

・・・ということで、当日は衣装もきちんと着て行こうと思います。
「衣装も大事☆」というのは、A先生の教えでもありますのでね!


今回、A先生にレッスンしていただいて出来上がったこの曲。
わたしが生まれて初めてつくった曲。
本番が終わると、どんなにむずかしい曲でも、すぐに忘れて弾けなくなる。
この曲は、そんな運命にならないように
いつでも弾けるようにしておきたいな、と思います。


そして、Choo Choo TRAINのアレンジもみていただきました。
夏休みの宿題ちっくに、楽譜もいっぱい書いたり、
リズム組んだり、サポート演奏を録音したり、してがんばりました~。
なので、H先生にみてほしかったんです!

サポートが入ると豪華になるので、「いいんじゃない~?」って言ってもらえて
むふふ♪
な、カンジ。



この日はこんなレッスンでした。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-27 08:37 | ムジカ
8月25日土曜日 BSプレミアムにて放送の
「笑うキミにはフク来たる」
ご覧になりましたか~?

わたしはオンエアの時間、出かけていたので予約録画をし
さきほどじ~っくり拝見いたしました☆


いや~、ええ番組やった・・・。
というか、ええ人たちやった!

このリンクページに、短いですが予告編の画像が見れます。
ジュスカの曲も流れます。


何にもないけど、とにかくよく笑うキミちゃんとフミちゃん。
いろんな人がこのふたりに惚れてしまうというのが、よくわかる気がしました。

「不便だけど、好きでやってることばかりだから、面白くって仕方がない。」
と、キミちゃん。
「手間と愛情を惜しまないこと!これが生活のコツ」と、フミちゃん。

ふたりの友情がうらやましい。
こんな生活をすみからすみまで楽しんで、ユーモアに満ち溢れ、
いろんな人に愛情を注ぎまくってるふたりが、うらやましくってしかたがない。
おふたりの笑顔と豪快な笑い声も、十分魅力的ですが
わたしには、おふたりの愛情あふれる「手」が印象的でした。

働き者のふたりの手は、いつも何かをしていて、止まっていることがありません。
思い杵でお餅をつき、チェーンソーで木を切り倒してしまったり
かと思えば、お茶を摘んだり種をまいたり、田植えをしたり。
お料理をするときは、指の先まで愛情が感じられ、
エアーバイオリンまで演奏しちゃう。
なんと魅力あふれる手の持ち主なんでしょう!

そして、このふたりに惚れ込んで、上勝町に移住している若者がいるってこと、
なかなか日本も捨てたもんじゃないって思えました。
フミちゃんが「(移住してきた若者がいるから)今のわたしがある」と言っていました。
上勝に魅せられた若者と、そんな若者に刺激をうけた住民が
相手を思いやって、どんどん新しく元気になっていっている。
でもその中には、日本の良さが息づいている・・・。
ほんとうに素敵なところやな、って思います。上勝町。


ジュスカのサウンドも、いつも以上に活き活きと、きらきらしてた!
『楽しくってしかたがない』って聴こえました♪


上勝町に行ってみたい。
たしかに、移住しちゃおうとまでは思えない。
でも、キミちゃんフミちゃんみたいに
「面白くってしかたない」と思えるように、過ごしていきたいなって
お手本にさせていただきたいな、って思います。

毎日、ささいなことにもおもしろさを感じて
笑うワタシにも、フクが来るはず!だと信じて~。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-26 13:50 | ひとりごと

よく道を訊かれます。

これは前々からの謎なのですが・・・

わたし、
すごく、

道を尋ねられるのです。



先日、Fさんと浴衣で出かけた時も
すれちがった方に
「あの~、今日は何かお祭りでもあるんですか?浴衣着ておられるから・・・」と言われ
お返事に困りました・・・。

お祭りはあるのですが、(あっちこっちで花火大会)
でもわたしはお祭りには行かなくて、
こんな格好をしておりますが、ライブに行くのです・・・。
と全部は申し上げられず、
かいつまんでご説明(汗)!


またまた
観覧車に乗った後に
高校生だか大学生くらいの女子に
「淀川の花火大会の会場は、食べるところありますか?」と訊かれ
またお返事に困窮・・・。

たぶんあると思うけど、(屋台とかでると思うよ)
でもわたしは花火大会には行かなくて、
こんな恰好をしておりますが、ライブに行くのです・・・。
とまたまた全部は申し上げられず、
ごにょごにょご説明(汗)!

周りにはたっくさんの浴衣女子がいたのに~。
なんでやろ?


友人Tと秘密のお店に向かう途中、
「あの~、神戸市役所はどちらですか?」と。
そのあたりが庭のようなTが、さらさらさら~っとご説明。
しかも「今日は入場制限してますよ。お気をつけて」と、
そばにいるわたしが感心してしまうほどの案内っぷり☆
道案内はこんな風にするのだと、お手本を示してもらいました(笑)。


そしてついに、18日の「文枝襲名落語会」の日には
三ノ宮駅前で「国際会館はどちらですか?」とたずねられ
「わたしも今から行きますので」と、
初対面のご婦人と駅前から会場までご一緒してしまいました!

「どちらから?」
「大阪です。天王寺から来ました。」
「ひゃ~。お疲れさまです。」
「いや、新快速がちょうど来ましてね、助かりました。」
「大阪は神戸より暑いでしょう?」
「そうですね~。でも最近は朝晩楽になりました。」


こんな会話をしつつ、あっという間に会場に到着。
エスカレーターを譲り合ったり(笑)、
「どんなお席ですか?」と言い合ったり、
最後には
「そしたら、よう笑てくださいね。」とお別れしました。

ほんのすこ~しのご縁でしたけど、
「いやぁ、よかったわぁ。」と言ってもらえたのはうれしかったです。


それにしても・・・
とにかく、道はよく尋ねられます。
でもよくわからないことの方が多いです。。。
この顔、道案内が得意そうに見えるのかなぁ・・・?
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-25 08:04 | ひとりごと
ジュスカ・グランペールのおふたりがBGMを担当された
ドキュメンタリー番組が、朝日新聞に取り上げられました。

8月20日(月)朝日新聞朝刊

 気づくと自分も笑っていた。
BSプレミアム放送の、限界集落を巡るドキュメンタリー
「笑うキミにはフク来たる」(25日午後1時30分)。
過疎化の厳しい現実ではなく、そこに住む人の笑顔をとらえた、
優しい映像が詰まっている。

 徳島県上勝町は人口1900人の半分が高齢者という限界集落だ。
そこに住む、72歳のキミちゃんと65歳のフミちゃんは、
50年来の大親友。毎朝6時から2時間、直売所で人気の餅をつく。
かまどで火をたくときも、餅をこねるときも、2人はとにかく
大声で笑いあう。

 この2人の魅力にひかれ、定住を決めた若者も多い。
廃屋になりかけていた商店を改装して居酒屋にしたり、
バンドを組んで歌ったり、Iターンで来た若者も夢を次々と
実現させ、笑顔が絶えない。

 だが、町の暮らしは決して楽ではない。水路に泥がたまれば
全員で整備しなければならず、農業、養鶏にも休みはない。
近くのスーパーまでは往復2時間かかる。
番組では、町の現実をとらえるとともに、町民らの満面の
笑みを映し出す。

 撮影した制作会社テレビマンユニオンの仁木啓介ディレクターは、
4月から町に住み込み、農作業にも加わった。
その合間や宴会の時に、住人の一人としてカメラを回したという。
「生活の大変さは大前提。だが、そこには息苦しさはなく、
びっくりするぐらいの開放感がある。とびっきりの幸せを
感じてほしい」

 音楽も上勝町を中心に録音。
ひぐらしや雷など自然の音など自然の音も生かされていて、
実際に町にいる感覚になる。限界集落という言葉は適切では
ないのかもしれない。無限の笑顔を見て、そう感じた。
(江戸川夏樹)




「笑うキミにはフク来たる」

NHK BSプレミアムにて、8月25日(土)13:30から放送です!
みなさま、観てね~&音楽も聴いてね~!

わたしは明日、ミニ発表会があるので、オンエアの時間帯は留守にしているので
録画予約いたしました!
CDに焼いて、永久保存版にするもんね。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-24 08:29 | ひとりごと
月曜日。
仕事はお休み~。

少し前に職場の若き同僚Rちゃんからデートのお誘いをいただきました。
「サターンの椅子に行ってから1年が経ちました。
 コンクールも終わられたので、デートしてください」って。
うわあ!
こんなお誘いをいただけるなんて、感激でございます。

かなり歳が離れてるのでね・・・、
もっと若い、同世代の女子と
きゃぴきゃぴ(←これ死語?)お出かけする方が楽しかろうと思っておりましたが
わたしとお出かけしたいと言ってくれるので
ふたつ返事でお出かけいたしました。

せっかくだから、あそこに行く~?とか
ここはどうや?とか
あれこれ考えたのですが。。。

結局近場でゆるりとランチしました~。


何を着ていくか、悩んだのですが
先日の襲名落語会で手こずった白浴衣のリベンジがしたくて
浴衣着ていきました。
(ちゃんと洗ったよん!)
b0189343_83468.jpg

前回よりは時間短縮+汗少量にて着替え完了。

Rちゃんはかわゆいワンピース姿☆
b0189343_851693.jpg

お顔よりも大きいかと思われるパスタ皿を前に
めちゃくちゃ楽しそうでございます♪
こんなかわゆい女子とのお出かけは、たまりませんな。ね、Fさん!

わたしゃ、やっぱりこの浴衣でかい・・・。
なんか病人みたいに見えるぞよ(わはは)
b0189343_86385.jpg


平日のお昼は、人気のお店もゆっくりしていて
いろいろ楽しいことをお話しいたしました。

Rちゃんに直撃インタビュウ☆
「自分で着られるかどうかは置いといて、
着物を着せてもらえるとしたら、着物で出かけたい?」
「はい!」と即答☆

あら、そうなの~?

そしたら、わたしが着物を用意して、着せてあげられさえすれば、
Rちゃんくらいの年ごろの、かわゆいキモノ女子がいっぱい増えるということでしょうか?
っつーことは、キモカフェも実現可能ということでしょうか?

いっちょ、実現に向けて、画策しようではあ~りませんかっ♪

キモノでカフェに行きたいという話題になったところ、
Rちゃんも気になるカフェ情報を集めていると判明。
しかも彼女、お気に入りのカフェブックを自作しているのでございます。
b0189343_8105430.jpg

オリジナル・カフェ・ブックとRちゃん。
あああ、女子ってかんじでかわいいわ。
(これは、かわゆい女子大好きのFさん用のショットです☆)


しんどいこともあるのが現実ですが、
同じ生きていくなら、楽しく生きていきたいです。
Rちゃんとこうやってお出かけするのも、考えてみれば不思議なご縁♪
でも一緒にいるとと~っても楽しい。
いつか一緒にキモカフェ行きましょう。
そんなことを考えると、わくわく♪してきちゃうね。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-24 08:13 | おでかけ
8月18日土曜日。

待ちに待った「三枝改メ 六代目桂文枝襲名披露落語会」の日でございます☆


この日も、どこまでも暑く・・・
b0189343_12204980.jpg

着替えるのに、汗1リットルくらいかいたかも・・・(?)

それでも浴衣で出かける。←これはもう意地ではないか?
b0189343_12214185.jpg


こんな風に、まとめた髪に白い浴衣やったら
見てはる方は、意外と涼しそうに思わはるんちゃう?
(・・・ということにしておこう)


この浴衣、ヤ○オクで昨年買って、自主練習以外袖を通したことがなく
「本気で」着たことがなかったのですが、
身幅がめちゃくちゃ広くて、おまけに身丈が短くて(涙)
この前の青い浴衣(自分サイズでおあつらえ)にくらべて、手こずった~・・・。
あああ、サイズって大事☆

おまけにこのピンクの帯ったら、長いじゃないの!


というか、浴衣も帯も「補正まったくナシ」で巻き付けましたらば
どちらも丈があまってしまったということのようでございます。
(冬は防寒も兼ねて、補正をあれもこれも巻き付けてから長着を着てるけど
生身にはちとツライ。とほほ)

・・・と文字通り悪戦苦闘の結果、なんとか着付け完了しまして落語会へ。


会場はとっても大きくて、しかもコープこうべの割引チケットでは
3階席のいっちばんウシロ。
b0189343_1227409.jpg

今まで何回も落語会に行きましたが、
最高に落語家さんが小さかったです・・・。

それでも笑いになにも変わりはなく、
後ろに誰もいないので、
思いっきり前のめりになったり、ふんぞりかえったり
好きなスタイルで、わはは~と笑ってきました(←ヤケクソ?)

久しぶりの落語は、とっても楽しかった。
先代の文枝師匠のテイストが感じられる、古典の枝曽丸さん。
三枝師匠(ってゆーてええんかな?)のお弟子さんの桂三歩さんは創作落語。
なんと!月亭可朝師匠の落語を聴いたぞ☆(カンカン帽かぶったままなのね)

口上は 司会が桂きん枝さん。
「五代目文枝門下の、
 長男が三枝さん しっかり者。
 三男が文珍くん ちゃっかり者。
 そして次男がわたくし(きん枝) うっかり者でございます。」

桂染丸師匠も口上にご参加。文枝さんとは同期なんだって!
踊りで襲名披露に華を添えてくださいまして、色っぽかった。

待ってました!の文枝さんは、やっぱり創作落語。
よどみなくて、知性があって、人情もあるけど、そこそこブラックで・・・。

ええかっこしてるけど、人間、奥では切ないものも悲しいものも
そして黒いものもあるよね~って思えました。
そういう人間の「ちっこいけど、奥の深い、ぎゅっとつまったおもしろさ」を
とことん追求して、これからもどんどん落語を創っていっていただきたい。
そしてそれが「古典」といわれるように、
アレンジされながらずっと受け継がれてほしい。

先代の文枝師匠は「素人名人会」の穏やかな審査委員長の雰囲気。
古典落語(特に女性)は秀逸だった。
昔の人たちが活き活きと現代によみがえって、
人間の面白さ、おかしみはどの時代でも同じなんや~って思えた。

六代目の文枝師匠の手にかかったら、
となりのお宅で起こっている出来事が高座で語られる。
今の時代のわたしたちが、フツーに暮らしていることから
ポンって「笑い」を切り取ってクローズアップさせる。
まるで手品師みたいって思いました。


落語って、ほんとにおもしろい。
噺もおもしろいけど、
演ずる落語家さんのキャラクターや、その生き様。
それらも全部ひっくるめて、
人間って、どうしようもないけど、かわいいなぁ~。

そして
人生って、めっちゃおもしろい!
って思えます。

あ~あ、今日も面白かった☆
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-23 08:19 | おでかけ