イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2012年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

兄夫婦から届いたロールケーキを食べながら、
録画していたREXを観ていた。
b0189343_22113456.jpg


イイオトコのアレックスを観ながら、ケーキをいただくって
誕生日ってなんて素敵☆

そしたら偶然にも
b0189343_2212016.jpg


b0189343_22121099.jpg


いえ~い!
今年はいい年になりそうだ☆
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-31 22:12 | ひとりごと
わが職場では誕生日にカードをもらうという習慣がありまする。
わたしもめでたくいただきました!
みんなの名前が書いてあるので、
このブログには載せられないのです~。

同僚のKさんからのメッセージ。
「今日こそ、中島みゆきの誕生という曲を聴いてください」


ええ曲やわ~。
Kさん、おしえてくれてありがとね。


仕事でも、プライベートでもしんどいことが増えてきました。
またひとつ歳をとるのか・・・と思うと
げっそりしていました。

でも!
しんどいはずの職場で、
同僚からあたたかい「おめでとう」メッセージをいただいたり
「おめでとうございます」と拍手までいただいたりすると、
みなさまのおかげで、今のわたしがあるのだな・・・と思いました。

しんどいこと、ツライことを経て
誰かへの感謝や愛を覚えていくんだな・・・なんて思いました。

すがりたい誰かを失うたびに
誰かを守りたいわたしになるの
わかれゆく季節を数えながら
わかれゆく命を数えながら
祈りながら 嘆きながら
とうに愛を知っている
忘れない言葉は誰でもひとつ
たとえさようならでも
愛してる意味

中島みゆきってすごいな~。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-31 22:09 | ひとりごと

ありがとうございます♪

今日は、わたしの誕生日なのでございます。

もうこの歳になると(汗)、
誕生日どころではないのですが・・。
でもやっぱり「おめでとう」と言われると、うれしいもんですね。

朝、パリのIちゃんからメールが来た!
「こちらでも先ほど31日になりました。
 我々が大学生のころには想像もできない年齢だけど
 これからの人生はその経験が生かされたすばらしく
 有意義なものになることは間違いない!」とのメッセージ☆

お茶のE先生からも、メールをいただきました。
E先生のお誕生日は来週!
今度いっしょにふたりのお誕生日会しようね!って。

それから、職場のランチタイムに若き同僚のRちゃんが
持ってきてくれました。

b0189343_215747.jpg

何やろ~?

b0189343_21572238.jpg

おお!かわゆい~。うれしい。
カードまで!

b0189343_21575435.jpg

中身はこんなの!

b0189343_21581025.jpg

飛出しちゃって・・・ かわゆいね~。


b0189343_21583537.jpg

ありがとう☆
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-31 21:59 | ひとりごと

おめめ。

最近目の調子が悪いの~。


ドライアイかな?
黄砂にヤられてるかな?


え~ん・・・。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-30 08:26 | ひとりごと

愉快だね~。

仕事中、
同僚のTさんがひとこと。

「うわぁ、5月59日って書いてもた!」


愉快な仲間だわぁ~(笑)
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-29 21:22 | ひとりごと

タイトル決定!

いなりずし!
b0189343_819561.jpg

これは、レッスンの前の腹ごしらえ(笑)。
決して今回の曲名が「いなりずし」というわけではありません。(そりゃそーだ)


日曜日。
A先生のレッスンへ。

木曜日、H先生に「笑われた」タイトルをどうしようか悩みつつも
その後代替案が出てこず。
・・・ということは、
恥ずかしいけど、やっぱりこのタイトルが我ながら気に入っているということだと思い
決心☆

「先生、今日は無謀にもタイトルを考えてきました!」
「どんなの?」
「こんなのです~。」
「あら、すてき~♪ いいわあ。いいわあ。」とお気に召していただきました!
いえ~い。
・・・ということで、あっさりとタイトル決定いたしました。


発表いたします。





「Tiente de la Luna ~月の誘惑~」 です。


ぎゃああああ、はずかしい・・・



でも、本心は気に入っているのです(恥)。
A先生にも言ったのですが
「名前負けせんよ~に弾かないと。」

発表会までナイショにすることも考えたのですが、
ここで発表することで、覚悟が決まる気もいたしまして
自分に『喝』を入れるためにも、発表いたしました。

がんばるぞ。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-28 08:29 | ムジカ

どぅるん?

先日職場で、同僚のYさんがひとこと。

「なんで、胸は
 こんなに『寄せて 上げて』るのに
 下に 外に向かっていくの?」

わはは~!

なんでやろ?胸だけじゃないよね?



作用と反作用なのか、
抵抗力なのか、
はたまた反射なのか・・・
わたしには、わっかりましぇ~ん。

誰か解消する術を考え出して=。
そしたら、ノーベル賞あげたいわ。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-27 11:48 | ひとりごと
いまでは一番のトリコ。
毎週月曜日の22時が楽しみです♪

AXNミステリーで放送中の
ホワイトカラーで、泥棒役のニール・キャフリーを演じる、マット・ボマーさん。

b0189343_11115022.jpg


イイオトコというより、もう美しいのですわ。

舞台はニューヨーク。
知的犯罪者のニールはFBIに捕まって、服役するのですが
その後FBIにアドバイザーとして協力しているという設定です。

FBI捜査官のビーター・バークも、都会的でいい味だしてます。
ふたりの絡みもとてもおしゃれで、会話がええ感じ。
2ショット。
b0189343_11154142.jpg


わたしは特にピーターの奥さんエリザベス役の、ティファニー・ティーセンさんがお気に入り。
b0189343_11172737.jpg

キレイで知的で、ウィットに富んでて。


あああ、エレクトーンの練習がしんどくて「イイオトコ」に癒されてるということでしたが、
ここまで振り返って、「癒されすぎ」だと反省いたしました!
練習はどうがんばっても1日1時間程度。
ドラマは1日1時間以上見てる計算・・・。

こんなに癒されてる場合じゃなかった!(汗)
練習しようっと。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-26 11:18 | ひとりごと
AXNミステリーでの放送が終わってしまったのですが、
大好きな作品闘う弁護士 ディフェンダーズ
これは大好き☆
なんと舞台はラスベガス。
そしてこの弁護士さんたち、実在の弁護士さんをモデルにされてるのだそうです。

詳しくはコチラを!


b0189343_10551213.jpg

ニック・モレリ役のジム・ベルーシさん。
外見はおじさまですが(失礼!)、ほんとに人情味あふれる役柄で
これぞ「イイオトコ」だと思います。

b0189343_1057191.jpg

ピート・カズマレック役のジェリー・オコンネルさん。
こちらは見た目は「軽い、チャラ男」(これまた失礼!)
ですが、中身は熱く、依頼人第一の正義の味方。ギャップが泣かせるね。
こちらも「イイオトコ」なのです。

この作品はいわゆる「法廷もの」。
裁判の場面や駆け引きも多いです。
少し地味に、どろっとしがちな内容が、
ふたりのカラリとしたキャラクターと、ラスベガスというゴージャスな雰囲気で
明るくさばさばとした、おしゃれな1時間になっています。
わたしは音楽が大好き♪

いまやイケメンのジェリー・オコンネルさんは、
11歳のときあの名作「スタンド バイ ミー」に出演していたのだそうです。
当時の役どころは、ぽっちゃり少年のバーンくん。
くわしくはコチラを。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-26 11:04 | ひとりごと
シブいところから、こんどはちょっと軽めタッチのイイオトコ。
ユニバーサル・チャンネルのお楽しみ、
psychです。
邦題は「サイク/名探偵はサイキック?」となっていまして、
警官を父に持つ、ショーン・スペンサーが、小さいころから父に鍛えられた
驚異的な観察力を、「サイキック(霊媒師かなぁ?)」といつわり
名探偵として殺人事件を解決していくというストーリー。

ショーン役のジェームズ・ロディさん。
b0189343_10403025.jpg

左の人。

落ち着きがなくって、おしゃべりで、女好きで、
注意力散漫なカンジなのに、一度見たものは忘れず、事件解決しちゃう。
そのギャップがおもしろいんだけど。
う~ん、さっきのイギリスの2作品と比べると、軽いなあ(笑)。
アメリカの中でも、カリフォルニア州サンタバーバラっていうロケーションのせいかしら?

もうひとつ、ライトタッチのイイオトコ。
FOXチャンネルから、
キャッスル ~ミステリ作家は事件がお好き~
主人公のミステリ作家、キャッスル役のネイサン・フィリオンさん。
b0189343_10343530.jpg

さっきのショーンよりはやや大人で、舞台はニューヨーク。

こちらは人気ミステリ作家が、作家ならではの洞察力で
警察と一緒に事件を解決するという設定。

こちらもイギリス紳士と比べると、かなりのライト版。
バツイチで、思春期の娘を心配したり
ちょっとぶっとんだ母親をうるさがったり
プライベートでも何かと心配ゴトがある身ながら、
捜査協力している女刑事ベケットが気になる・・・そうです。
事件解決だけじゃなく、そういう人間味をうまく見せるところが
アメリカのドラマの醍醐味でもありますね~。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-05-26 10:47 | ひとりごと