イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

うるう年。

今日は4年に一度の2月29日。

う~ん・・・

とくべつなカンジ☆



そういえば、幼稚園の時のおともだち
ミサコちゃんは、たしか2月29日生まれだった!

元気かなぁ~。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-29 07:56 | ひとりごと

レッスン日記 2月27日 

月曜日。
A先生のレッスンを録音したMDを持って、H先生のレッスンへ。

前日のA先生のアドバイスを、ざざ~とご説明。
「あとはこのMDを聞いてください」と。

H先生も「全部弾かない」とのアドバイスに、なるほど~といっておられました。
最後の部分も、A先生の前で弾いたものをH先生には聞いてもらわずに
もっていったので
「こんなカンジで弾いてしまいました」と事後報告。

まだ決まってないことについて、ふたりであれこれ弾いてみて
「おお!こんな響きも面白い。」
別に主音で終わらなくても、Gmで終わっても面白いなどと
新発見もあったりしました。
作曲って、音感のある人が「ある日ふとメロディを思いついて発展させていく」
ものだと思っていたのですが、意外とこういう泥臭い作業から
思いつくメロディってゆーのもあるのだなと思います。
んで、わたしはこういう作業もおもしろいな、と思いました。

レッスンが終わって、気になることをH先生に聞いてみました。
「先生、3月末までですか?」

「あ、そうそう。4月末までなんです。」

ぎょえっ!

でも、H先生は自宅で教えられる制度に登録する予定だそうで、
そうなるとわたしの指導は引き続きできるようになるらしい。
自宅で教えることは、今後もやっていきたいので、
H先生もそれは願ったりかなったりなのだそうですが、
わたしの指導は、できたら今までどおりレッスン会場で・・・とも
考えてくださっているようです。
そして、そのスタイルだと、わたしが今後ヤ○ハの発表会など
イベントにも変わらず参加できることにもなるらしい。

H先生にご負担をかけてなかったらいいんですけど・・・
でも、H先生からは
「kaoさんは、これからもイベントに出てほしいんです。」って
言ってくださいました。

わたしとしては、H先生とのレッスンだからこそ
ここまでがんばれているので、H先生のレッスンでなければ
こんな風にできない。今後もできそうにないです。
H先生がご自宅でのレッスンに切り替えられるのであれば、
ご自宅にお邪魔して、もっとゆっくり続けてもいいな、と
思っています。
そうなるとA先生のレッスンはなくなることになるんだろうけど、
それはそれでいいかなとも。

今後のことはまたあとでゆっくり考えるにして、
とりあえずは、今回の発表会、がんばります☆
こんなにがんばれるのは、きっと今回限りだもん・・・。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-28 08:12 | ムジカ

LLサイズ!

今日のたなくじ!

b0189343_810027.jpg


LLサイズだって~☆
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-27 08:09 | ひとりごと

全部弾かない!

日曜日。
A先生のレッスンでした。

「でっちあげ」でもなんでも、「とりあえず最後まで弾く」というのが
今回の目標(笑)。

前半部分はある程度決定しているので、気持ちを込めて弾きました。

問題の後半部分は、弾けない部分を、できるだけごまかし(笑)、
今まで決まっていなかった部分を、でっちあげて
さらに、最後は「???」なカンジやけど
とりあえず、終わりました!

A先生は 即効、「G7でファの♯?」と。
わたしの耳ではそれほどおかしくない響きでも、
プロのA先生の耳には「やってはいけない」組み合わせの響きは
許されないものらしい・・・。

ファの♯にはこだわりはないので、「どうでもいいんですけど・・・」と
告白すると
「そうなの?」とびっくりされました。
それでもいちおうわたしの思いつきに対して
「理論上はコレだったらいけるよ」とおしえてくださいました。

音楽理論の体得と、それを元にした耳からのセンス、そして
それらをきちんと表現できる身体能力・・・・
A先生にはそういうことが備わってるんだな~って思いました。

理論的なエッセンスをいただき、「また考えてきてね」と宿題。
なかなか決まりません。
ということで、なかなか完成にいたりません・・・。

どうしたもんか・・・と思っているとA先生、
「それからね~、前半だけど」と。

「こういうところは、全部弾かないの!」と。
はあ?どういうことでしょうか?

それはギターのアルペジオ部分だったのですが、
「こんな風にね」と先生が弾かれたら、
おお!まるでジュスカのヒロさんのようではないですか!
アクセントがきちんとついていて、流れるような響き。
「こういうときは、この部分だけ弾いて
あとはなでるだけでいい!」と。

な~るほど。
たしかにギターのアルペジオの伴奏ってそんな感じ。

「こんな風に全部弾いちゃうと、かくかくしちゃうでしょ?」と。

さらに
「こうやって手力で調整ができるようになると、本番で
会場が思いのほか響かない時とかに対応できるようになるから」って。
すご~い。さすがプロ!の発言☆

わたしは年に一回、発表会に出てるだけなので
ステージがどうとかカンケイないですけど、
A先生いわく
「プロは、実際ステージで弾いてみたら
ベースが響かないと気づいたら、がんがん踏んだりしてるよ」って。
優雅に弾いておられるだけだと思っていたけど、
やっぱりプロにはプロなりの苦労があるんだな~。

「だんだん、求めることが高度になってきたね」と
A先生がニヤリとされました。

ほんま、最近のレッスンは過酷でございます・・・
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-26 18:50 | ムジカ
土曜日、漢方医院に行く前に
お茶のお稽古に行っていたときお世話になっていた
アシスタントの先生宅にお邪魔しました。

漢方医院と先生宅が、そこそこ近くて
「機会があったら一度いらっしゃい」といわれていたことを思い出し、

「せんせー、ちょっと時間があるんですけど、
お邪魔してもいいですか?」とあつかましく連絡してみたら
「いらっしゃ~い♪」と暖かく迎えてくださいました。

短時間、お話させていただくつもりで、
気軽にお邪魔しましたら・・・、
先生宅のお茶室に入れていただき、
久しぶりに「お手前しなさい(笑)!」とご指導いただきました!!

めちゃめちゃ久しぶりで、おまけに何の準備もしていなかったので
ジーンズといういでたちだったのですが、
先生のお優しいご指導で、なんとか一服点てることができました。

このごろ、気持ちが穏やかではないことが続いていたのですが
やっぱりお茶は、心が和みます。
あくせくあくせくしていた心が、ほんの少し穏やかになりました。

「また、いつでもおいでね」と言ってくださった先生のお言葉が
いちばん心にしみました。

ありがとうございます。
また、ほんまにお邪魔させてください。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-23 07:44 | 茶の道

ハンカチ落とし(笑)。

ちょっと前の土曜日。
久しぶりに漢方医院へ行ってきました!

昨年以来で、薬も切れて(←ヤバイ表現)
厳しい寒さが身にこたえて、つらくなってきました。
ハリとお灸の禁断症状もでてきて(さらにヤバイ表現)
しんど~い・・・。

先生は相変わらずお元気で、お顔を見るだけで
元気になりました!

その後、鍼灸院へ行くと
鍼灸の先生が「あら~kaoさん、背中こりこりですよ!」と。

やっぱり・・・。

寒さでカラダが縮こまってるし、
鍼灸もお久しぶりだもんね。

先生が「ここぞ!」というトコロにハリを打ってくださって
それだけで安心できました。
そのうえ施術してくださる間、とっても楽しくお話
してくださいました。

この日の話題は「ちびっこのときの遊び」。
先生は小さい頃、お外大好き少女だったそうで、
小学校からの帰りに丘で遊びたおして、野いちご食べたり
してはったそうです。
「体操服に野いちごの汁つけて、おかあさんに怒られたり(笑)」
きゃはは~。

それから、遠足の話になって、
「ハンカチ落としに燃えました!」って!

爆笑☆



ココロもほぐれました。

ありがとー、せんせい。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-22 07:34 | ひとりごと

レッスンの後で・・・

H先生のレッスンを終えて、ヤ○ハの会場を出ようとしたとき
階段でI先生にばったり!

このI先生、おととしのA先生の発表会を見に行ったとき
同席させていただいて以来、何かとお話する機会が増え
仲良くさせていただいております。

思わず・・・
H先生がおやめになるので「えらいことですー」と泣き言を
言ってしまいました。

そこへH先生が登場。
I先生とH先生は、先生ならではの会話をされていました。
どちらも生徒さんのことを思い、温かいお心を感じました。
H先生が「kaoさんにはがんばってほしいので」とまた
おっしゃるので、申し訳ない気持ちにもなりました。

が、I先生が
「そうよ~。今回も期待してますからね!」とおっしゃいました。
去年の衣装を覚えてくださっていて(笑)。
「前はあんなキラキラやったやん?」って。

I先生、期待するとこ、そこ?(笑)


H先生も「kaoさんには、はじけてもらいますから!」って
おっしゃいました。

とりあえず、ここまで頑張れる発表会は今年が最後になりそう。
衣装もがんばらねば(笑)!
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-21 08:17 | ムジカ

レッスン日記2月19日

落ち込んでいる暇はないので、
モチベーションを上げて、レッスンへ!

この週末にA先生のレッスンがあるので、
きちんと最後まで「決めて」しまいたいところ。

わたしがエレクトーンで弾くと、H先生はピアノで一緒に弾いてくださいました。
なんか心が通じ合う瞬間があって、しみじみしちゃったなぁ。


そして、モンダイの最後の部分・・・。
わたしがひねり出したフレーズをH先生が確認してくださって、
さらにブラッシュアップしてくださいました。

先生が弾くと、かっちょいいんだけど
わたしそんなのできません・・・。

「わたしは弾けるけど、どお。」って。
できましぇ~ん・・・。

あとは、自分でこう考えてきましたと楽譜にあらわして
A先生の前で弾き、アドバイスをいただくことにしました。
「どうしたらいいですか?」っていうのは失礼だもんね。


この日のレッスンはこんな感じで終了。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-20 08:13 | ムジカ

素直吉。

この日のたなくじ!
b0189343_8122185.jpg

そうだ、そうだ!

素直がイチバン☆
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-19 08:11 | ひとりごと
H先生がお辞めになられることが、どうしても受け容れられません。

2003年にエレクトーンを再開するときからのお付き合い。
早いもので9年もお世話になっているのです。
あっという間の9年間。

その間にH先生は結婚され、第1子、第2子をご出産。
お引越しもされました。

「今日はこのレッスンの後、新婚旅行に行くの~」という日も
ありましたし、
臨月までお仕事されていました。
わたしのヘボい演奏をお聞かせ続けて、胎教に悪いんじゃないかと
思ったり・・・。

エレクトーンやピアノの先生って、学校の先生以上のおつきあいに
なります。
ちびっ子のときは、それこそ人生を一緒に歩いていくカンジですが
わたしのように大人になってから、それも同年代の先生との
レッスンは、お互いの日常生活を想像できるので
それぞれの大変さや苦労がわかって、しみじみすることもありました。

なので、H先生が悩みになやんでこの結論を出されたことも
想像できます。
あくまで想像だけど・・・。

こんなわたしでも、エレクトーンは体の一部になっています。
生活の一部でもあります。
H先生にとっては、もっと大切な部分だろうと思います。
そんな先生の決断なのだから、よほどのことなのです。

なので、かなしいけれど、先生のために受け容れようと思います。
H先生へ今までの感謝をお伝えする方法はただひとつ。
今、先生と一緒に取り組んでいるこの曲を完成させて、
ステージで披露することです。


落ち込んでる暇はないのかもしれません。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-02-16 08:08 | ひとりごと