イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2011年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧

もっと、よくばりに!

ちょいと暖かい日曜日。
今日は1ヶ月ぶりのA先生のレッスンの日。

レッスン会場に到着すると、お久しぶりのI先生が会場前におられました。
わたしの前にレッスンを受けている大学生Kちゃんの先生なのです。
I先生は姉妹でヤ○ハの講師をされていて、こちらは妹さんの方。
「kaoさん、やっぱり今は作曲とかされてるの~?」と。
「そうなんです~。」と告白すると、「やっぱりね。ウチの生徒もなのよ」と。
そうか!Kちゃんもやっぱり作曲してるんや~。
わたしが大学生のときなんて、もっとちゃらんぽらんやったけど、エライなぁ。
そんなわたしも、I先生は「楽しみにしてますね~♪」と言ってくれはった。
がんばろっと!

レッスン開始!
「とりあえず、先生にアドバイスいただいたことをあれこれ貼っ付けて
5分にしてきました!」と言っちゃって、弾くわたし。
弾ききれないところ満載なのですが、それはしゃーないとして、
ずっこけつつなんとか最初から最後まで弾きましたら、
「カタチになりましたね!」と。
いえ~い☆

とりあえずこのカタチを元に、
もっと「深めたり」、「こだわったり」していくのだそうです。
まずは最初のメイン・メロディの音をいじっていただいて、
かなり「らしく」演奏できるようにしていただきました。

その後、わたしがテキトーに作って、きちんと弾けていない部分の楽譜を
一音一音チェックして、「ふ~ん。難しいね」と言われたり・・・(笑)。
ベースラインも「ここはナチュラルね!」と細かくチェックしてくれはりました。
アドリブ部も「弾ければOK!」だそうですが・・・、これが弾けへんねん。
誰がつくったって、わたしがつくったんやけどねぇ。とほほ。

この日、うれしかったのは
先日ひらめいた、ちょっと変化したコード進行の部分。
H先生のアドバイスをいただいて、おしゃれに変化したものをみていただきましたら
A先生、何度かそのフレーズを弾いておられるうちに
「ここはこういうのもアリですよね~」と、ギターの音色でめっちゃ素敵に
弾いてくださいました。
わたしとしては、ジュスカのまこっちゃんが情熱的に演奏してるという
イメージだったのですが、ギターとなると、ひろさんがさわやかに弾いておられる
カンジにもなって、それはそれは素敵になりました。
ココは16小節あるのですが、あとの8小節は伸びやかなフレーズになっているので
わたしとしてはどうしてもまこっちゃんに弾いてほしくて(妄想)
「先生、ここからはギターからバイオリンにチェンジしてもいいですか?」なんて
訊いてしまった!懐の深いA先生は「いいですよ!」と。
こういう風に自分なりのこだわりみたいなのが出てくるなんて、
われながら意外☆ 新たなオドロキでした。

A先生の素敵なセンスをおすそ分けいただけるのは、とてもありがたいことです。
でも、この曲はわたしから生まれでたものなので、わたしがこだわりたいです。
そのためにはこうしたい、ああなれば・・・ともっともっと貪欲にならねば!
そんなことを思ったレッスンでした。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-30 07:54 | ムジカ

断られちゃった・・・。

今週末、久しぶりに実家に顔を出そうと思い立ち
電話をしたら

「その日は忙しい。」と断られました。


わたしより親の方が忙しかった(たは~。)


ま、そのほうがいいか☆
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-29 19:20 | ひとりごと

ルネさん。

今朝、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏ご逝去のニュースを知りました。

最近あまりそのお名前を目にすることもなかったけど、
わたしの少女時代の星占いといえば、ルネ先生でした。

なんだかいつもやさしいメッセージだったのよね~・・・。
あの頃のわたしをいつも勇気付けてくださって
ありがとうございました☆

ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-29 18:18 | ひとりごと
もうすぐ12月だ~。
寒いのも当然ですわな。

さて、着物でお出かけの予定がありまして、
コーディネートを考え中♪
これが楽しいのよねん。

寒いので、あたたかい着物を着ようと決定。
でも、この着物・・・難しいのです、わたしには。

その壱
ちょっとオトナっぽくしたいな~と。
b0189343_1283499.jpg


その弐
お出かけ先は京都やし・・・と。
b0189343_12926.jpg


その参
いやいや、こういう着物はもっとさっくりと・・・と。
b0189343_1292559.jpg



う~む・・・。
悩ましい。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-29 08:06 | ひとりごと

佐藤直紀さん。

NHKの朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
これまたどっぷり、はまり中(笑)。

メインのストーリィもおもしろいですが、
わたしは、主人公の糸子ちゃんの周りにちりばめられた
脇役の方々の一挙手一投足がたまりません。
なんというか、小技が効いてて、エエカンジ。

おとうちゃん役の小林薫さんは、ほんまに大阪の「おとうちゃん」やし、
麻生祐未さんは、こんなに「昭和のおかあちゃん」役が似合うとは思わなかった。
おばあちゃんの正司照枝師匠は、ウチのおばあちゃんを思い出します(笑)。
ご近所さんの、日常を切り取ったような小さなやりとりのなかにも
「あ~、そうそう!」って思えるところがたっぷり。

そして、この番組のもうひとつのオタノシミは、BGMです☆
佐藤直紀さんという方が担当されているのですが、
ええとこで、スパニッシュ・ギターがきりきりと鳴ったり
なんともエエカンジなんですよね~。


最近、こういう情熱的というか、エネルギッシュな音に夢中なのです。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-28 08:56 | ムジカ

「花嫁のれん」の功罪。

東海テレビ制作の昼ドラマ花嫁のれんを観ています。
観ているといっても、お昼の放映なので
実際は録画したものを、夜観ています。
それくらい「はまっています」(笑)。

お昼のいわゆる「嫁姑モノ」らしいのですが、
舞台が金沢の老舗旅館で、姑役の野際陽子さんと、お嫁さん役の羽田美智子さんの
お着物姿を楽しみに、ストーリーはさておきなカンジで見ています。
野際さんは、ええとこの奥さま風のしっとりとしたきこなしで、
羽田さんは、若女将風のかわいらしいお着物姿です。
どちらさまも「ここぞ!」というときには加賀友禅のすばらしい訪問着姿で
やっぱりやわらかもんはええな~と思います。


今は「女将対決」ってゆーのが勃発していて、
羽田さんのライバル役さんが出てきて、「いかにも~」な展開。
ライバル役さんは、これまた素晴らしいお着物を毎回お召しなのですが
モノトーンのきりっとした着こなしで、なんだかわかりやすい「悪役風」(笑)。
こういうところも、お昼の番組らしくてええね。

でもわたしはやっぱり
羽田さんのようなピンクのお着物が、ええな~とおもってしまいます。
もうええ歳やから、あかんねんけど~。
罪な番組だ!


でも、SK2のコマーシャルが流れるので、
ジュスカの「太陽の喜び」も聴くことができちゃうんです(笑)。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-27 08:18 | ひとりごと

石川翔子さん。

祝日の水曜日。
先日開催された、感動のフィギュアスケートNHK杯のダイジェスト版が放送されていました。

当日は鈴木明子選手と、浅田真央選手に注目が集まっていましたが
石川翔子さんという選手も健闘されたようですね。
素人目にも、鈴木選手や浅田選手よりスピードや他の技が及ばないカンジはありましたが
「がんばれ~」って応援したくなるような、ひたむきさが感じられる演技でした♪

わたしはなによりも、そのときの曲にびびっ☆ときちゃいました。


タンゴの情熱的なビートがたまらない。
そして高音のバイオリンのオブリガードがかっこいい。

まだお若い石川選手。タンゴは初めての挑戦だったとか。
きっとオトナへの階段をひとつ上ったのかもね。
翔子さんというお名前のとおり、はばたいていただきたいです。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-26 11:01 | ムジカ
火曜日。
お休みをいただいて、自宅で過ごす予定の日。
この日もお客さまの予定。

b0189343_8252884.jpg

ランチのセッティングはこんなカンジ。
今日は先日のRちゃんとのランチの雰囲気とはちょっと気分を変えて。
オトナなカンジ?(笑)
お鍋と白ワイン♪

もうひとりのおきゃくさまは、大学時代からの友人、Iちゃん!
在パリ暦10年で、一時帰国することになったのでお会いすることに。
だいたい1年に1回くらい帰国してはって、一度はデートしています。
以前は、いっしょに舞妓変身したり、京都に海老蔵丈を観に行ったりしました。

今回はふたりとも、積もるハナシもあるので(笑)、
わが家でまったりとすることになったのです。

平日のお昼間からワイン開けて、お鍋をいただきながら
「ええ身分」なカンジで、お話。
もう、止まらない!(わはは)

ただ、日本を離れているIちゃんとたまにこうやって話すと、
とても客観的な日本人観が得られることがあります。
「AKBって、何?」とか
「最近の子役は恐ろしい・・・」とか(笑)。
日頃わたしたちが、だんだんと慣れてきてしまっていることを
浦島太郎状態で評論してくれるので、
ある意味、すごくまともなことをずばりと指摘されるカンジがして、
背筋がぴんと伸びるカンジがします。
そういう意味では、Iちゃんとこうやって一年に一回くらい会うのは
とても刺激的☆

ジュスカ・ライブの成功をIちゃんもとてもよろこんでくれまして、
「ジュスカがパリに行くときは、Iちゃんのアパルトマンに泊めてね!」
とお願いすると、
「いいよ~!身ひとつでおいでね。」と快諾してくれました。
あとは、わたしが飛行機代を貯金するだけです(笑)。


b0189343_8332823.jpg

おみやげ、いただきました♪
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-25 08:33 | ひとりごと

レッスン日記 11月21日

月曜日。
仕事を終えて、エレクトーンのレッスンへ。

前回のレッスンで「こうしましょう」といちおうきめたアドリブ部分をカタチにする、というのが
今回の宿題でした。

家でアドリブを楽譜に書いて、細かいことを自分なりにきめていくなかで
A先生が「ちがうコード進行で、メジャーに持って行ってもいいよね~」とおっしゃったことに
インスパイアされて、とあるフレーズがひらめきました。
イメージとしては、主旋律のアドリブに入る前に
今までとは違うメロディ部分をアドリブ風に演奏するカンジ。
ジュスカだったら、「太陽の喜び」でまこっちゃんが、ちょっとメジャーなアドリブを弾いてはります。
あんなカンジかなぁ。

で、それをH先生に「ひらめきました☆」と報告したところ
「じゃあ、それを盛り込んで一回弾いてください」と。
そのひらめきメロディに移るには、間にナニカが必要なのですが
そこのところは口で(笑)、
「ここに何か入れて」と言いつつ、ひらめきメロディへ。

H先生の感想は、「いいんじゃない?」と。
やった~。
楽典的に「こっちの方がいい」とか
「ベースラインはこうしたほうが」というアドバイスをいただいて
ちょっとおしゃれに変身♪

そして、その後はH先生が「こんなのもあるんやけど?」と言ってくれはった
ラテン版「ルパン三世」のテーマを参考に二人で弾いて、「おもしろ~い!」と感嘆。
H先生もいろいろ考えてくださってるんだなぁと感謝感謝です。

アドリブは自分で考えておきながら、指がまったく動かへんけど(汗)、
ピアノの部分は全然思いつかへんけど(汗)、
だんだんとこの(仮)「泥沼」が好きになってきました!
色っぽくなるといいな♪
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-24 09:29 | ムジカ

フラダンスの発表会へ。

今年も行ってきました。
b0189343_11352233.jpg

新神戸駅です。

友人Tのフラダンスの発表会へ。
昨年に引き続き、着物で☆
今年のコーディネートは、先日考え付いたコチラ。
b0189343_11362431.jpg

地模様が凝ったお花なのですが、全体にオレンジと薄く緑のぼかし染めが
ちょっと「ドレス感覚」な着物。

b0189343_1137361.jpg

ハワイっぽく(笑)、洋花模様の塩瀬。

今回のポイントは指輪!
b0189343_1138461.jpg

プルメリアっぽいのをお遊びで☆


さて、会場はいつもの「神戸芸術センター」。
b0189343_1139391.jpg
b0189343_11395256.jpg


このキルトを見ると「ああ、HO'IKE」だなぁって思います。
















先生と、お師匠さま。
















毎年、お手製のお土産と手書きのメッセージカードがお席に置いてあります。
b0189343_11403082.jpg

ことしのお土産はストラップ♪
いつも思いますが、先生をはじめみなさん
「この会を開催できるのは、家族や友人の温かい見守りのおかげ」との気持ちが
びしびし伝わってくる、あたたかい会です。
こういう、開場セッティングや、メッセージひとつとっても、じーんとしちゃいます。

b0189343_11424511.jpg

ステージはすでに、ハワイアン♪


フラの世界は、独特なものです。
わたしも友人Tの関係で、何度も発表会やその他ステージを拝見してきて、
最近ようやくその世界がなんとなくわかるようになってきました。
ハワイの素朴な気風と、敬虔な信仰をもとになりたっているフラ。
たしかにエンターテイメントを重視した曲や踊りも多数ありますが、
フラの世界に生きている人々は、まず心がとても穏やかで、「愛」でいっぱいです。

友人の先生の師匠はこのお方
フラの世界ではすんごいヒトだそうです。
わたしは詳しいことはわかりませんが、やはりステージで踊られると
オーラとがすごいです。
そして、見ているだけで癒されます。

友人Tも何度かステージへ。
今回は出番が少なかったように思いましたが、何度もセンターを任されていて
ひゃーっとこっちがびっくりするような衣装で出てきたり!
笑顔が素敵でキラキラしていました!

そうそう。
お師匠さまは、曲も多数作っておられ、第2部は師匠作の曲のみでの構成でした。
わたしが感動した曲!


なんだかハワイの美しい景色と、波の音が聴こえてきそうな・・・。
涙が出そうでした。

終演後、ステージを彩っていた蘭の花を配ってくれました。
配布中のTを激写☆
b0189343_11521995.jpg

おつかれさま~~。

b0189343_11533790.jpg

みんなのパワーを吸ったこのお花。
わが家でも美しく咲いてくれています。


がんばっている人の姿はほんとに美しいですね。
本番のステージは、うまくいかないこともありますが、
それまでにお稽古してきたことしか現われません。
お師匠さまの踊りは、愛情にあふれていて、いろんな感情やしがらみみたいなものを
超えたなにかがありました。
音楽や芸術って、そういう風に、その人がいままで培ってきた気持ちや人柄が
自然ににじみ出るもんだな~って思いました。

Tのがんばってる姿を見て、わたしもイロイロがんばろう~って思いました。
ありがとね。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-11-23 11:56 | おでかけ