イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

合格しました!

大きな地震があって、
ブログ更新する気力がなく
本日に至りましたが・・・

本日、郵便受けにコレが!
b0189343_21135165.jpg

ウソみたいですが、『合格』です☆☆☆



試験は3月13日でした。
地震の後で、ショックも大きく
練習にも身が入らないカンジでしたが、
こんなときこそ受験しようと、思い立ちました!

即興演奏は、ABとも
A先生渾身のご指導のタマモノで
予見がスムーズでした☆

あんまり緊張することもなく、即興演奏を終え、
初見演奏も、わたしにしたら「いい出来」でした。

課題曲の「展覧会の絵 プロムナード」もミスなく弾け
自由曲は、A先生の予想通り「回想」。

2日前から「道」が弾けなくなっていたので
「回想」を選曲されたときは正直「やったー」と思ったのですが
やっぱり緊張がここでピークになり、
家での練習でもありえへんくらいの、コケっぷり。
最後まで弾かせてくださって、ありがとーというカンジでした。

記録として、所見を書いておきます。
試験官の先生の所見は
即興A 順次ベースにも気がついて、雰囲気ありました。
     順次ベースと相応して、左手カウンター入れられたら
     なおよかったね。
即興B スウィングで、コード進行もよし。
     メロディ部Bのところ、モティーフとリンクしたメロディだったら
     なおよかったね。
初見  ほとんどよかったのに、最後気が抜けちゃったかな?

課題曲 この曲の持つイメージ。
     大きなホールの一番後ろの席まで、トランペットが響くイメージ。
     そういう音を表現できたらいいね。あ、でもまだ5級か(笑)。

自由曲 オルガンのかっこいいアレンジやねんけどねぇ・・・(苦笑)。
      ベースをもっと安定ささな。
     全体的に前のめりのノリ。もっと後ろに乗って。
     
もうひとりの試験官の先生は、
「全部フォルテやねん。耳にがーっと来る。」とな。

あああ、またあかん!と思いましたが
結果はよくわからんもんですな。
合格しちまえば、こっちのもんですわ(笑)。

はあ、うれひ~。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-03-24 16:24 | ムジカ

シャワーであんぷ。

日曜日のA先生のレッスンのトキ。
展覧会の絵を弾いたあと。

これは、ぜったい弾く曲。
なにがなんでも、だいじょーぶにしておかないといけないよ。

毎日、寝る前に聴いて、
ずっとずっと聴いて、
カラダに染みこませるように・・・。

わたしは、こういうときは
もう、気持ち悪くなるまで聴く!
耳から聴いて、口から出てくるまで
「うえ~」ってなるまで聴く。

A先生がこんな風に言ってくださいました。
「先生だったら、一回聴いたら覚えちゃうんじゃないんですか?」

覚えるっていうことは、
譜面を、音符を覚えることじゃなくって
「どういうふうに、クレッシェンドしてるとか
カラダにしみこませる」
のだそうです・・・。

こういうところも、やっぱり甘かった。

反省して、今シャワーを浴びています。
トランペットが頭の中をぐーるぐる・・・
[PR]
by kaokaolululu | 2011-03-04 08:33 | ムジカ

A先生のプロ魂☆

2月最後の日曜日。
A先生のレッスンを受けてきました。

もうすぐグレード試験を受けると報告すると
「やっほー!」と、A先生。
こういうところが、先生の性格をあらわしておられます・・・。
演奏にもあらわれてるもんね。
あああ、あやかたい、あやかりたい☆

即興を重点的にみていただきました。
とにかく、たくさん弾きました。
家から準備していったものばかりなので
ほんとの実力ではないですが、(ずるいのよ、わたし)
それでも「つっこみどころ」はたーくさんあったようです。

かなりヘコみましたけれど
それでも、こんな素敵な先生に即興をみてもらえるなんて
大ラッキーなので、
なんでもかんでも質問して、恥もいっぱいかいて
「先生!おしえて~」モード全開でレッスンを受けました。

即興Aは、2コーラスめでもっと音数を増やすこと。
即興Bは、3コーラスとも伴奏形を変えること。
などを指摘いただきました。

回想と展覧会の絵もみていただきました。

「とにかく、嘘でもいいから自信をもって弾くこと。
自信がないというマイナスの要因は、どんなことがあってもよいほうに作用しない」と
おっしゃっていただきました。

この歳になって試験なんて、実は気が進まないと言うと
「なーに言ってるの。
先生たちなんて、60歳になっても試験受けてるよ」
デモンストレーターの世界は、そういうコトがギャラに反映されるそうで、
「わたしなんて、会社と1年契約なんだよ。
一年に一回オーディションがあって、それで次の年のギャラが決まるんだから」

ほえ~。
プロで、なんでもできるA先生。
さらりとしてはったらええんやと思っていたら、
やっぱり、常日頃から尋常じゃない努力をされているのですね。

へなちょこのわたしなど、教えていただくだけでもやっぱり
大ラッキー。

ちょっと、スイッチ入りました。
(遅いよ?)
[PR]
by kaokaolululu | 2011-03-03 09:34 | ムジカ