イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

cafe1001

cafe 1001 と書いて
かふぇ いちまるまるいち と読みまする。

ホームページはコチラ

ほとんどつぶやいていない(笑)、Twitterで知りまして、
一度ぜひ行ってみたいと思っていたお店です。

久しぶりのキモオデで、行ってきました!
b0189343_1146971.jpg

町家をそのまま利用したお店で、
西陣の町並みにしっくり溶け込んでいます。
R子がいっしょじゃなかったら、わたしひとりではたどり着けなかった・・・。
b0189343_11471732.jpg

なんとも落ち着く店内。
こんなお店が、わが家の近くにあったら、毎日通いつめるわ、ぜったい☆
ごはんも、お菓子も全部食べたい!

R子のオーダーは、えびとアボカド丼。
かわゆくて豪快なR子にぴったり?(笑)
b0189343_11485158.jpg


わたしは、アコガレのケークサレ付、プレートランチ。
b0189343_11494535.jpg


こちらのお店には、たくさんの古本(雑誌)が置いてあって
店内でそれを読ませていただくこともできます。
お茶を飲みながら、ちょっと前のコトを読んで、ゆっくり過ごしたくなるお店です。
着物のお客さんや、外国人の方も多いみたいですね。

今度は、スウィーツをいただかなければ!
無事にたどり着けるかな?

P.S.道案内していただいた、ヤマトのおねーさん
ありがとうございました☆
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-20 11:52 | おでかけ

久しぶりのキモオデ♪

2月になって、早いものではんぶん過ぎちゃったのね!
年を取ると、月日の経つのが早いというけど、
最近、ほんまにそう思う。

やれることは、やれるうちにやっとこ!

・・・と、いうことで、
休暇をいただいて、京都に着物でお出かけしてきました。
寒いかな~、雨かな~・・・とか
何日も前から、あれこれ思いをめぐらせて
「なにを着ようかな~」って考えるのって、キモオデの醍醐味だなぁ。

いろいろ悩んで、あれこれひっぱり出して
結局、こんなコーディネートになりました。
b0189343_11354451.jpg

むふふ♪
こけしさん、Wさん、
あのとき「背中丼」していただいた、あれでございます。
b0189343_1136172.jpg
b0189343_11361448.jpg


どおでしょー?












髪も、いつもの夜会巻きに飽きたので(笑)、
ぐるぐる巻いて、てっぺんくらいでポニーテールにしただけ。
かなり『軽い』スタイルになりましたな。
帯揚げは黒にすればよかった・・・。反省

着付けが「楽」でびっくりした☆
紬派のみなさんが、紬の方が着付けが楽とおっしゃる意味がよくわかりました。
襟元とか、すべらないので、のりで貼り付けたカンジ(笑)。
わたしが着ると、なんか「おばあちゃん」みたいで、
優雅な奥様の風情には程遠いけど(泣)
ほっこりしたキモチになるし、暖かいし、
やわらかもんとはちがって、軽やかにお出かけが楽しめました。
今度はコレ着て、ぜひとも落語に行ってみたい。


そんときは、こんなんでもイイかな?
b0189343_1143518.jpg

[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-20 11:43 | おでかけ

グレード試験の自由曲のうちの1曲として
「道」という曲を練習しています。


2009年の発表会で弾いたのですが、
アップテンポの曲が好きなわたしには、ちょっと手ごわい曲です。

エレクトーン界では、神様くらいの松田 昌さんが作曲されました。

旋律も、音も、リズムも
いたってシンプル。

こういう曲は、
もろ・・・
「実力」がでますね(泣)。

でも、鳴ってる音以外の
たとえば「休符」や、音符のタッチなどが
旋律やリズム以上に饒舌で
演奏する人のこれまでや、これからの「道」を
あらわしてしまうんだろうな~と、思います。

なんだか「素材で勝負!」のお料理みたい。



試験まで1ヶ月弱。
こんな風にミスしてる場合じゃないのだけど、
録音してみました。



オトナなりの演奏を目指して、
もっと練習せなあかんわー(涙)。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-17 19:30 | ムジカ
日記がてら、ブログの更新を・・・と思って
まちがって「アクセス解析」のボタンをクリックしてしまいました!

たま~、にこの画面を見るのですが
今まではあまりおもしろいことも起きませんでした。

が、
今回は
検索キーワードに
「嫁入り道具 捨てる」と!

ありゃ~☆
意外なキーワードで、わたしのブログがヒットしたのですな。

お嫁入り道具、お捨てあそばしたのでしょうか?
ちょっと気になります。

わたしは、
処分して気持ちスッキリしましたよ。


あ、そうそ。
後日談が!

オットがその後、
処分をお願いしたリサイクル店を覗いてみたところ
わが家の処分品が、ちんまりと売られていたそうです。
びっくりするような値段がついていたらしいですが、
どこかにまた「お嫁入り」してくれるといいな、と思います。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-16 08:20

近いうちに、必ず!

リサイタルが終了して、
「あああ、ええ音やった~。
おふたりとも、めっちゃかっこよかった~!」って
Eちゃんと目がハートになりながら、余韻にひたっておりますと
Mr.Sが、「これからもうひとつのお楽しみや!」と。

そうやった、そうやった!

大先輩ご夫妻によるパーティのはじまり、はじまり~。

大先輩ったら、お宅のおとなりにカフェをお持ちなのです。
文字化けしちゃう場合は、コチラを。

大先輩は、これぞ「ジェントル・マン」!
手際よく、大勢のお客様のお飲み物をサーブされます。
生ビールからカクテル、そして熱いお茶まで!

そこにおとなりのキッチンから、
奥方お手製のおいしいおいしいお料理が運ばれます。

そしたら着替え終わった演奏者のおふたりも来られて
となりのテーブルにつかれました。

EちゃんとわたしのテンションがMAXに!
なのに、ピアニストの田尻さんがわたしたちのテーブルに来てくださって
いっしょにビールを飲んでくださいました。
とてもとても気さくなお方で、
何度も参加しているMr.Sとはすっかり仲良し。
はじめましてのわたしたちに、気安くお声をかけてくださいました。

「どこでも行きますよ!」と、田尻さん。
わが町か、わが職場で演奏してもらえるようなことがあれば
いいなぁ~。
伴奏も素敵だったけど、ソロも聴いてみたいもんね。

それよりも、
「音楽を楽しむ!」というお気持ちに触れて
とってもインスパイアされました☆
こういう素敵な方に、
明石で!
大先輩のお宅で!
職場の同僚と!
過ごせたことに、
驚きつつ、感謝です。

こういうご縁を大切に、
オトナとして「本気」で楽しみたいと思いました。



大先輩のカフェが、気に入ってしまった☆

近いうちに、必ず再訪したいです。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-13 22:20 | おでかけ
さて、この日。
明石でもうひとつ素敵なお約束がありました。

月曜日のこと。
職場のEちゃんから
「kaoさん、Mr.Sから土曜日に明石であるリサイタルとホームパーティに誘われました。
ごいっしょしてくださいませんか?」と。

ちょうど、父にネクタイとチョコを持っていくつもりだったので
ふたつ返事で参加決定♪

なんでも、Mr.Sの大先輩が現在明石にお住まいで、
ご自宅で毎月ピアニストを招いて、ホームコンサートを開いておられるのだそう。
しかも、そのあとにピアニストさんと共にパーティも行われ、
そこで出される大先輩の作るカクテルはおいしくて、
さらに奥方のお料理は天下一品なのだそう☆

そういう「オトナの集い」に一度行ってみたかった!

さて当日、
わたしは生まれ育った明石の町。いわゆるホームグラウンドです。
待ち合わせは、JRの明石駅。
いつもは職場で顔を合わせるEちゃんと、Mr. Sと
この明石駅で待ち合わせするなんて、わたしとしては妙なカンジ(笑)。
おまけに会場の大先輩宅は、わたしの通った中学校のすぐ近く!
なんというか、ちびっ子の頃をさらしてしまったようで
なんとも気恥ずかしいカンジもしました。

この日の演目。
b0189343_21571317.jpg

バイオリンの渡辺基一氏の楽器はガダニーニという名器だそうです。
でも、ピアニストの田尻洋一氏曰く、「腕がいいから、いい音がなる!」とのことでした。
b0189343_21575422.jpg

開演前のわくわく♪

観客は40名くらい。
一般住宅のリビングダイニングでの演奏ってカンジ。
だけど、とってもいい音が響いて、心に染み入るようでした。
渡辺さんのバイオリンは、透明で繊細で、控えめな印象だったけど、
でもきちんと一本筋が通った音でした。
そしてそして、田尻さんのピアノ♪
いつもは田尻さんが単独でピアノリサイタルをされているそうです(しかも毎月!)が
この日はバイオリンが主役なので、脇役に徹しておられたそうです。
まろやかで、そっと寄り添うような、とても思いやりのあるあたたかい音でした。

わたしはクラシックはまったくといっていいほどわからないのですが、
おふたりの技術がすばらしいということは、わかりました。
それぞれの音もすばらしいですが、バイオリンとピアノが重なって生まれる
なんともいえないハーモニーが、たまりませんでした。

開演に際し、奥方がひとことコメントされたのですが
「バイオリンは神さまがいないと音が出ないと思うんです。
もちろん、ピアノもそう。
神様に祝福されたおふたりの演奏を、ここでみなさまと楽しむことができるなんて
こんな幸せなことはありません。」と。

あー、たしかにそうだなぁ。
演奏者がいて、観客がいて、そしてそのときにしか出ない音がある。
そういう時を心から楽しむことができるって、
大人にならないとわからへんことやわー。

「オトナになってよかった。」ってEちゃんがぽつり。
ええこと言うねぇ~(笑)。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-13 22:06 | おでかけ

バレンタイン・イブイブ

雪のため、祝日の金曜日はおうちでおこもり。
翌土曜日は、ちょいとお出かけ。

まずは、月に一度の漢方医院へ。

今日はバレンタイン・イブイブの日なので
かばんの中に、こんなものを忍ばせて・・・。
b0189343_21355186.jpg

お酒好きのセンセイに、「ビールチョコ」を。

とってもよろこんでくださいました。
見るからに、正真正銘の「義理チョコ」なのに
そこまでよろこんでくださるなんて、
こっちが恐縮してしまいました。

鍼灸のセンセイにも、いっこ。
こちらのセンセイもお酒好きなので。
お忙しそうだったので、ひっそりとお渡ししたら
こちらも喜んでくださいました。

こんなことなら、もっといいのにすればよかった・・・。
反省!

病院のあとに、明石へ。
実家の父はただいま、猛烈に風邪引き中(笑)。
「今度の結婚式の ゲホゲホ・・・
式服を用意したんやけど ゲホゲホ・・・
どうも ゲホ!
ネクタイが見あたらへんねん ゲホゲホゲホ。」ってカンジ。

オットのネクタイを貸し出すために実家へ。
こちらにもお見舞いがてら「ビールチョコ」。
「あああ、ありがとー。ゲホゲホ」だそうです。

義理丸出しとはいえ、
チョコってやっぱりうれしいもんなんですかねー?

さすがにオットにも「ビールチョコ」はあかんやろ~って
こんなん買ってみました。
b0189343_21414929.jpg

どうかな?
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-13 21:42 | おでかけ

チカラを込めること。

またもや、エレクトーンのグレード試験を申し込んでしまったので
自動的に、自分で自分を追い込むことになりました。

んで、
エレクトーンも「悪あがき中」(涙)。

もう、
この年になると、
上達なんてしないことは、当の本人がいっちばんわかってるけど

また、
どうにかなるかと、
悪あがき(涙)。

即興Aは、楽譜がアタマで鳴らないし・・・
即興Bは、きちんと曲のカタチにならないし・・・
所見演奏なんて、問題外(あはは)!
課題曲の「展覧会の絵」は、いまだにミスするし・・・
自由曲の「回想」が、やっぱり弾けない!!!

あがきようもないくらいの状態でございます。

A先生のレッスンを受けるようになって、
ふと思ったことがあります。
A先生の演奏は、特に即興演奏は
ほんとーに、すばらしい。

なぜ、同じレジストで同じ楽譜を見てるのに
これだけちがうのだろうと、
無謀ながら考えてしまいました。

もちろん、腕(技術)がちがうのですが、
それ以上に、
A先生の演奏には、「責任感」があるのだと思いました。

わたしは、ただ、「弾いている」だけ。
A先生は「誰かに聴かせている」演奏。
そこには、曲として起承転結があり、表情があります。
たとえ、試験の課題だとしても
たとえ、練習だとしても
何のために演奏しているのか、という「目的」が全くちがうのです。

H先生からも
「もっと表情をつけて」とか、「もっと強弱をはっきり」と
アドバイスを受けますが
それもきっと、「曲として誰かのために弾く」ことと同じなんだろうと思います。
プロはそういうことを常に考えて弾いている。
そこのところが、プロとアマチュアとの大きな差なんだろうと思います。

わたしが「真剣に」弾くとなると、
がああーーーーっと、チカラを入れて弾いてしまいます。
回想を弾くと、へろへろになります。
だけど、チカラを入れるだけっていうのも
これまた「自己満足」に過ぎず・・・。
肩に力の入った演奏は、聴いてるほうも疲れますもんね。
「人に聴かせる演奏」これができるかどうか・・・
即興のような「かんたんな楽譜」でも、難しい楽曲でも。
そこのところが、グレード試験では問われているのかな。

この前のレッスン後、
そんなことを考えながらテレビを観ておりますと
佐渡裕氏が、高校生のブラスバンドを指揮する場面に遭遇しました。
佐渡氏の棒で、瞬く間に高校生のサウンドが変わっていく様子が
とても印象的でした。
そんな中、佐渡氏のこんなコメントがわたしの心にも響きました。
「君ら、一生懸命吹きすぎるねん。
パンチを打つには、腕を伸ばすだけではあかん!
引く力というのが、大切。
チカラを込めて腕をだして、そして引くからパンチになるねん。」

そうかー!
チカラを込めるためには、引くチカラも必要。
押して引いて。。。このバランスが大切なんよね。

なんだか、ブラスバンドに青春をかけてる高校生たちから
すんごい大切なことを教えてもらった気がしました。
ありがとー。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-13 21:18 | ムジカ

よく、降ったね~。

祝日の朝。

前日から「明日は雪です。」と天気予報で何度も聞いていましたが。
やっぱり、この目で見るまでは信じられませんでした。

b0189343_17152223.jpg


なんか、ここまで積もると
「よくできました!」って
思っちゃった。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-11 17:15 | ひとりごと

また、がんばります☆

お茶のお稽古で、

前回

許状をいただきました。
b0189343_1655517.jpg



これは、「○○を修めました」というものではなく、
「入門を許可する」というものです。

いままで、いろいろ教えていただいていますが
本来は、許状をいただいてからでないと、教えてもいただけないのですね。

最近では、ちょっと堅苦しいと思われるかも知れないですが、
先生からちょうだいしたときには、
やっぱり「背筋が伸びる」思いがいたしました。


また、がんばります。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-11 16:57 | 茶の道