イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2010年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ジュスカ・グランペールのおふたりが、
ホームグラウンドのバーで、ライブをすると知って
「行きたい!」と思ったわたし。

でも・・・
「帰られへんかもしれへん」

今までのわたしだったら、あきらめていたところですが
2010年でかなり変革いたしまして(笑)
あきらめずに行くことにしました。

R子夫妻も行かれるとのことで
(このふたり、こちらのバーでのライブにも何度か参加してるツワモノです)
心丈夫になったわたし。
頼み込んでオットにお迎えもしてもらえることにになったので
2010年の締めにふさわしい日となりました。


が、
午前中の雨が、出かける頃には
b0189343_11342152.jpg

初積雪でございます。
でも、これで年末らしくなりました(笑)。

R子夫妻とは、とある場所で現地集合!
b0189343_1136115.jpg

こちらも、「流し」納めしておきました(笑)。

京都はそんなに寒くなく
いいカンジで日も暮れてきて、いざ会場へ。

10年前に毎月ライブをやってはったという、こぢんまりしたバー。
京町家ライブにも来てくれはった方々のお顔もあって、
なんだか「会社の打ち上げ」みたいな感じ(笑)?
b0189343_1139491.jpg

開演前に、「トム・コリンズ」飲みつつ待ってるところ。
(今頃、1Q84読んでるもんで・・・)
b0189343_11395287.jpg

ひろさんのギターケース、こんなところにある!
お守りいっぱいで、守られてるカンジ。


演奏がはじまると、ジュスカのおふたりは
「最初っから、全速力でぶっとばしてる」カンジでした。
おふたりの原点でもあるこの場所で、今までのことを回想しながら
これからもぶちかますぞ!という気合が感じられて
どの曲も鳥肌がたつくらいの意気込みでした。
会場が狭いので、ふたりの息が聞こえて、それもまた迫力でした。

第一部終了~。

残念ながらわたしはここで時間切れ(涙)。

やっぱり最後まで・・・はムリだった。
でも、ふたりの原点の場所に立ち会えた(?)カンジがして
とてもとくべつな時間を過ごさせていただきました。

ジュスカに支えられた2010年。

Gypsy Danceをエレクトーンで弾いて
京町家でライブを企画・開催して
Room335のライブに参加。
こんな形で「締め」が迎えられたことは、シアワセです♪

満足ですが、いっこだけまだ実現していないことが・・・。
「着物でジュスカのライブに行って、踊ること」!
まだ、踊ってない~(笑)。

ということで、2011年の目標です☆

みなさん、おつきあいくださいましね。


2010年、大変楽しい一年でした。
お付き合いくださいましたみなさま、大変ありがとうございました。
このブログにお越しくださいましたみなさまにも、ありがとうございます。
2011年もさらに「本気で遊びたい」と思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-31 11:47 | ムジカ

A先生の発表会☆

12月29日。

こんな押し迫った日に、発表会をするなんて・・・
なんかA先生らしいなぁ(笑)なんて、思ってしまいました。

11月のレッスンのときにご案内をいただきまして、
H先生といっしょに行くことにいたしました。
「ここの先生も出るのよ」とA先生。
そういえば、長らくセンターでレッスンを受けているけれども
先生方の演奏って聴いたことがないなぁ。
A先生の演奏も、レッスン中にちょろっと聴いたことがあるけど
1曲まるまるってゆーのは、ないなぁ。
ということで、たいへん楽しみにしておりました発表会です。

場所は、ハーバーランドの「オールド・スパゲティ・ファクトリー」。
神戸の有名なデートスポットですな。
ここで、食事付きの発表会をA先生は20年もやってはるそうです。
すごいなー。


当日、H先生と会場入りしますと
センターの受付の方が、お子さんと来られていたり
他の先生(出演者ふくめ)も2人来られていたり、
H先生のお友達の先生が来られていたり、
A先生のお友達の大御所の先生方が多数おられたり、
テレビに出ておられるようなデモンストレーターの方々がお手伝いされていたり、と
とても発表会という「軽い」ノリではなく、「ミニ・コンサート」的な場所でした。

会のオープニングで、司会のA先生が
「いつものように、弾く人は弾く。聴く人は聴く。食べる人は食べる。飲む人は飲むで
よろしく☆」とのごあいさつ。
オトナな会のはじまりです。
演奏者の生徒さんたちは、みなさんオトナの方々で
(なかにはスーパー高校生もいましたが)堂々たる演奏。
アレンジした曲を弾いたり、市販曲を弾かれたり、作曲した曲を弾かれたり
みなさんさまざまな演奏でした。
どのお方も、A先生に「鍛えられてる」(笑)カンジがして
影響をがんがん受けました。
H先生と、「がんばらなくっちゃね!」と言い合いました。

A先生もいつもパワフルなお方ですが、
センターのほかの先生方も、ほんとに元気。
同席させていただいたのですが、ずっと笑いっぱなしで
音楽をする人って、やっぱりパワフルだなぁって思いました。
先生のうちのお一人が、2年前の発表会のわたしのコメントを覚えてくださっていて
「あれは笑ったわー」って。

三原さんというエレクトーン界では有名な方がアレンジした
「君の瞳に恋してる」を弾いたときのものですが、
当時、H先生は産休に入っておられ、N先生に代行していただいていたのですが
このN先生がとっても楽しい先生で
「kaoさん、発表会でトリよ~、大トリよ~!」とおっしゃるので
「そうですかぁ、じゃ、曲も派手だし、紅白のサブちゃんのノリで弾きますか!」と
言ったのを覚えております。
そのときのコメントはたしかこんなカンジ。

「この曲のフレーズは有名なので、みなさん一度は耳にされたことがあると思います。
とてもHappyになりますよね。
本日この曲で、最後の演奏をつとめさせていただくことになりました。
紅白歌合戦で言えば、和田アッコさんか、北島サブちゃんですね。
残念ながら紙ふぶきはありませんが、楽しんで弾きたいと思います。
演奏が終わってほっとしているそこのあなたも、
ご指導でお疲れの先生方も、
本日の準備で大変だったスタッフのみなさんも、
ぜひいっしょにHappyになってください。」

こういう場所で、フランクにお話してくださることも感激でしたが
そんなことを、今まで覚えてくださっていたなんて、感激でした☆
演奏も大切だけど、音楽に向き合うキモチを大切にしていたら
いつかどこかで、誰かに響くのかなーと思いました。

最後のA先生の演奏。
どこまでも激しく、大胆で、繊細。
「わたしはこれが好きなのよ!」という自信にあふれた演奏でした。
b0189343_11254993.jpg

食い入るように見てるみんなの目!

あー、素敵だった☆
こんな素敵な人に教えてもらっているなんて、
すごいことだと改めて思いました。

がんばることは、しんどいことかもしれないけど、がんばれるうちは、がんばろー☆
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-31 11:29 | ムジカ

ちょろっと、明石へ。

年末のごあいさつに、明石の実家へ。
ほんまにちょろっとだけ。

今年は自分のことばっかり楽しんで
あんまり親孝行しなかった・・・。
電車の中から、須磨の海を見る回数も少なかったなぁ。
b0189343_1059118.jpg

今日はゆっくりと、快速電車に乗ったので
いつもよりたっぷり海を見られました。
(いつもは新快速電車でびゅーん!)

この景色とも、また来年。
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-31 10:59 | ひとりごと

お稽古日記 12月28日

2010年も押し迫って、今年最後のお稽古日。
着物も着納めです。
ちょっと晴れやかなのを着たいなぁ、と前日準備していたのですが
天気予報はなんと、「午後から雷」!
ということで、ちょっと抑え目なコーディネートにチェンジ。
b0189343_10285141.jpg

緑の江戸小紋に、ヤ○オクでゲットした博多帯。時期はずれのクリスマスみたい。

b0189343_10292975.jpg

この帯、この江戸小紋に『どんずば』だ!と思ったのですが、
すばりすぎで、面白みがないなぁ~。小物もいまいち。
なんか、仲居さんみたいや・・・。
b0189343_10311410.jpg

来年は、ちょっとはずしたカンジのコーディネートをめざしたいなぁ。

午後から雨、しかも雷雨とのことだったので、雨コート着用。
b0189343_10321444.jpg



先生宅のお茶室はいつもの雰囲気。
こちらは年末とはいえ、押し迫った感じはありません。
今日のお軸 無事是貴人 (ぶじこれきにん) 寛海和尚筆
         今年もなにごともなく終わって、よかったねって意味かな?
今日のお花 西王母 小葉の髄菜(こばのずいな)
今日の花入 備前焼

一番乗りはなんと高校2年生の女子。可憐だわ~。
女子高生のときから、こんなに本格的なお稽古をしていたら、
さぞかし素敵な女性になるんだろうな。
わたしもこれくらいの年齢からお稽古しとけばよかった・・・。

わたしは、ラッキーなことに初炭手前のお稽古をしていただきました。
復習を忘れており・・・、またはちゃめちゃでした。
なんでこんなに覚えられないのだろうか・・・とほほ。
手順は気合で覚えるとしても、
ひとつひとつの所作は、お手前だからといって急に美しくできないもんです。
やっぱり日頃から気をつけていないとだめだなー、と反省・・・。
こういうことって、年末だからとかのいいわけは通用しませんね。

この日はお稽古納めの方も多く、その後入れ替わり立ち代り
生徒さんがお越しになり、花月のお稽古をしていただきました。
ひとりひとりのお点前のお稽古も大切ですが、
花月って、他のみなさんとの「息」というか「間」を合わせるということも
大切なお稽古になります。
言葉を交わさなくても、お互いの気持ちを汲むという訓練みたいなもので
これもまたたいせつだなぁ、と思いました。

今年もお茶のお稽古で、いろんなことを発見し
自分のことも見つめるいい機会でした。
少しずつ、日本の心を学んでいきたいです。
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-31 10:41 | 茶の道

レッスン日記 12月27日

今年最後のエレクトーンのレッスンの日。
前日、A先生にアレンジをみてもらったので、H先生にご報告。
いつものように、レッスン後(忘れないうちに)メールでだいたいのことをお伝えして
当日はMDをお渡しして、A先生のご指導をできるだけ正確にお伝えします。

A先生のレッスンは、わたしには衝撃的なことが多いので(笑)
おおまかなことは忘れないのですが、今回は年末ということなのか?
ぽかっと忘れていることがあって、レッスン前に確認のためMDを聴きなおしました。

あたりまえなんですが、A先生がおっしゃったことが「そのまんま」録音されていて
あ~、そうやった、そうやった・・・と確認できました。
が、いっちばんびっくりしたのは、わたしのトーン!

なんというか、せっかくA先生が「こうしたら?」とか
「こうしたら、かっこいいよね~」って言ってくださっているのに、
わたしったら、めっちゃ低いテンションで「はい・・・」とか「そうですね」なんて
言っているのだ!
なんつー、しつれいな!

こんなことでは、いかーーーん!!!
もっと、びしっとせよ、わたし。
ということで、大いに反省。

憧れのA先生のように弾きたい、そう思ったくせに。
ちょびっとでも近づけるようになりたい、と思ったくせに。
演奏はすぐにはムリでも、気合というか、思い入れというか、テンションは
すぐにでも真似して、近づけるではないか!

わたしに今足りないところって、もしかしたらこういうことかも知れないなぁ。
・・・ということを思いつつ、レッスンへ。

H先生は、A先生のアドバイスに対して
「わー、やっぱりすごいね~。
それを全部やったら大変やけど、少しずつやっていきましょうか。」とおやさしい。
H先生はわたしとほぼ同年代で、お子さんがふたりもおられる分
わたしなんかよりもっと大変な日常を送っておられるのですが
家事や仕事をしつつ、アレンジやグレード準備をすることの大変さを
よーくわかってくださっていて、わかってくださる分、あんまり注文を出しはりません。
「マイペースで」というのがH先生のフレーズかな。
わたしはそのH先生のお言葉をありがたく、いつも甘えていたかもしれません。
もし、これ以上上手になりたいのだったら、やっぱり今以上の努力は必要だし、
時間も熱意もかけなければ!

H先生も、A先生の次のレッスンまでにやっていくことのために
「こういう風にしたらどうかな?」といろいろアイデアを出してくださいました。
ありがとうございました。
わたしにとっては強力な助っ人がおふたりもおられるので、
がんがん、やってみたいと思います。

んで、グレードも受験せねば・・・。
こっちはがんがんって気に、やっぱりならへんねんなぁ・・・。
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-31 10:20 | ムジカ
A先生のレッスンから帰宅。
この日、オットは前日からマラソン大会に行っていて留守。

夕方、近所のリサイクル・ショップから
食器棚の査定に来ていただくことになっておりました。

この食器棚、わたしのお嫁入り道具でございます。
たんすは確か母親が目をつけたものを買ってもらったのですが、
食器棚はわたしが選んだような気がします。

新婚当時、トモダチのKちゃんが我が家に遊びに来て
「kaoさん、この食器棚いいね~」と褒めていただいたものでもあります。

まだまだ使えます。
両親の温かい思いも、わたしの思い入れもあります。

が、処分することにしました。
オットの方が気を遣っちゃって、
「和室にでも置いておいて、本棚にでもしたら?」などと言ってくれましたが
処分することにしました。

我ながら「捨て魔」だなーと思います(笑)。

処分といっても、ほんまに捨てるとなれば
最近のこと、お金を払って解体・燃やしてもらうことになるのでしょうが、
リサイクル・ショップに引き取ってもらうのであれば
この食器棚を気に入って、使ってもらえる方のもとへ
またお嫁に行くようなもんだし、いいじゃないか!と思ったのです。
(処分費用もいらないしね)

査定はあっという間(笑)。
「それっぽっち?」という金額で、お嫁に行きましたが(笑)
わたしは、ココロ晴れ晴れ。
いい人のところにお嫁に行ってほしいです。
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-27 10:14 | ひとりごと
怒涛のラスト・ウィークは、まずA先生のレッスンからスタート。

金曜日に「へなちょこ」の演奏をしてから、へこんだままのわたし。
それでなくてもA先生のレッスンは、魂が擦り切れるというのに・・・。どないしょ。
キモチをなんとか持ち上げて、いざ出陣!

今日の最大の目標は、次回の発表会のアレンジをみてもらうことです。
レッスン録音用のMDをセットしたり、音源用のCDをセットしたり
レジスト用のUSBをセットしたりしていると、A先生ご登場☆

まずは音源を聴いていただいて、楽譜のチェックをしていただきました。
H先生と(いや、もとい、H先生が)苦労してとったコードは、ほぼ合格。
すごいね、先生♪
それにしても、A先生はやっぱりすごいな~。
「ここは、A♭だと思うよ」とか、「今、何分?」とか
音を聴きつつ、曲の構成とか、タイムまで細部にわたって神経が行き渡ります。

どうにか弾けるところまで、弾いてみまして
わたしが弾いたときのカンジをみていただきました。

ベースの決めのラインは、やっぱり「ヒール・トウ奏法」を駆使せねばなりません。
そのコツみたいのをおしえていただきましたが、先生が弾くといともかんたんそうなのに
わたしが同じようにやっても、ぜんぜんできない!なんで~(涙)?
「この部分は足はもう、自動的に弾いて、右手でサックスもトランペットが
がんがんまくしたててるくらいまで盛り上げたいね。がんばって(笑)!」とのこと。
うーむ・・・。過酷な曲になりそうだ。

さらに、曲が短いとおっしゃいまして(驚)!
「サックスのソロがないんだね~。作ろう♪こんな感じの~」
でた!A先生の「こんな感じ」!!
これがすごい。ほんまに、すごい。
さらっと、即興で、「それ、めっちゃかっこいいアドリブですね☆」というのを弾かはる。
憎いのは、全部弾いてくれへんところ(笑)。
「録音してるから、音拾って、いただいちゃお♪」なんて思ってた
わたしのヨコシマな心が聞こえたのでしょうか?ごめんなさーい。
泣きながら作ります・・・。

「ベースの動きも、16分音符で刻んでるね。これくらい?」と
これまたかっちょよく弾かはります。ひゃー、かっちょええわ~。
あ、でも足でそれ弾きつつ、右手も左手も弾くんやった!えらいこっちゃ。

「あ!ベースの見せ場も作ろう(笑)。
うーん、4小節くらいでいいや!」
・・・って、それも考えるんですよね~。あはは・・・

「今からやってれば、できるわよ!」って、
頼りにしてます、先生!

だんだんと過酷になっていくこの曲。
「ある程度、形が決まったら、もう音源は聴かずに発展させましょう」とのこと。
原曲はあくまでも原曲。
「なんでもあり」のエレクトーンなんだから、自分がやりたいようにやればよい。
A先生の潔いご指導が、とっても心強く感じました。

ほえ~!としていると、
A先生
「では、楽しい即興を(笑)」とおっしゃいました。

があああああ~ん・・・・

何も準備していない・・・。

この状態でA先生の前で即興を弾くのか、わたし?
これはある意味、試験より過酷であります。

が、弾きました(涙)。
即興Bのモチーフから。Em 8Beat 
ちょろっとまちがいまして、やっぱり練習不足は自信がなくて、
こういうところにミスがでる、と反省。
A先生は「ま、だいたいできてるから、そんなもんでしょ。」と。

ついでに根性をだして、即興Aを。
C 2Beat。
A先生「いいんじゃないの?」と言ってくださいました。
でも「ベース・ラインに悩むのよね?」とイタイところをご指摘。さすが!
「そういうときは、戻っちゃえばいいのよ。」
オルタネーティング・ベースにするときは、迷ったらルートに戻るとのことです。
Ⅴのコードの時は、「5音からルート」と習ったのですが
A先生は「ヤマハではそういう風に教えるのよね~。」と残念そう。
「そんな曲、ないのに!」だそうです。
うーむ・・・。複雑なところだわ。

でも、A先生から驚愕のひとことが!
「もう、できるんだから、春にでも受けたら?」

は!かしこまりました☆
試験はどうにか回避しようとしていたのですが、A先生に言われちゃぁ、
仕方ないかなぁ~。
あー、いやだなぁ。

そうこうしているうちに、レッスン終了時間となりました。

A先生に「今年は先生にお会いできて、とっても楽しかったです」とお伝えすると
「ほんま?」と喜んでくださいまして
「来年も、がんがん弾きましょう☆」と言われました。

はい、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-27 10:04 | ムジカ

怒涛の年末!

2010年もラスト・ウィークに突入しちゃってるのね。
この速さにびっくり☆です。

が、スケジュール帳を見ると、えらいこっちゃ!の一週間。

26日 日曜日 A先生のレッスン 古い食器棚の査定に来てもらう
27日 月曜日 H先生のレッスン
28日 火曜日 お茶のお稽古
29日 水曜日 明石へ A先生の発表会を見に行く
30日 木曜日 ジュスカ・グランペールのライブに行く
31日 金曜日 福岡へ

風邪引いてる暇がない・・・。

っつーか、先週まで鼻水が出てたような気がするけど
いつのまにか止まってる・・・!
ラッキーですわ。


このまま、「がーーーーっ!」と2011年に突入しよう☆







        
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-26 18:09 | ひとりごと
クリスマスの夜。
テレビではフィギュア・スケートが放映されていました。

苦悩していた浅田真央選手が、トリプル・アクセルをなんとか決め
ショート・プログラムで首位に。
感動して、涙が出ました。


真央ちゃんもすごかったけど・・・
「ジプシー・ダンス」という曲で演技した、今井遥選手にも心惹かれました。


へぇ~、こんな曲があるのねー、と軽い気持ちで観ていたのですが、
伸びやかなスケートで、華のある選手。
でも、この日は不調だったようで、思うような演技ができなかったようです。
解説の八木沼さんも「気持ちが焦って、コントロールができていないようですね」とコメント。

演技終了後には荒川さんも
「この試合で上位に入る実力ができてきたと、わかっているだけに
ずいぶん練習もしてきていて、プレッシャーも感じてきてると思うんですが、
そのプレッシャーを回避できていなかったかな。
『無心で滑る』ことがどれほどむずかしいか、ということがシニアになると要求されてくる」と
いうようなコメントを。

このコメント、わたしにもずどーんと来ました。
前日、センターでの軽い会で「はちゃめちゃな」演奏をしてしまったわたし。
「なんでやろ?」とずーっと、頭の中でぐるぐる・・・。
子供のトキや、レッスン再開した直後の発表会なんて、もっときちんと弾けてたのに。
練習をすればするほど、へたくそになって、
本番に弱くなっていく。

そうか、無心で弾くってことができなくなってきてるのね。
思い入れのある曲であればあるほど、きちんと弾きたいっていう気持ちが強く
でも今まで以上に緊張して、その気持ちとカラダがぎくしゃくして
コントロールできなくなっちゃう・・・。
昨夜の今井選手の気持ちがイタイほどわかります。レベルは全然ちがうけど。

さて、これがこれからのわたしの課題ですな。
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-26 10:55 | ひとりごと

本番にヨワイ・・・

今年の発表会でアレンジに挑戦した曲。
ジュスカ・グランペールの Gypsy Dance。

発表会後にA先生にレジスト(音色)を一部豪華にしていただいて
ますます素敵な音になっていたのですが、
その後日の目をみることがありませんでした。

こんなカンジです。

DmのあとのコードはE7のままです(汗)。
Ddimにはなかなか変えられへん・・・。
これは自宅で練習したときの録音です。

12月24日。
世間ではクリスマス・イブですね。
この日から急に冷え込んで、雪でも降るんじゃないかと思いました。

さて、わたしはいつもエレクトーンのレッスンに通っているセンターにて
クリスマス・コンサートという、生徒さんたちの「弾きっこ大会」がありまして
仕事の後、参加してきました。

この日は終業式だったそうで
ちびっ子たちがいっぱい☆

オトナの生徒は、相変わらずわたしひとりでございました。

うーん・・・
場違いだったかなぁ~、と参加したことを後悔!!
思えば、このあたりからもう、おかしなことになっていたのかも知れませぬ。

演奏時間は大幅に遅れていて、
親子連れがたくさん。なかには乳飲み子ちゃんまで!
ばたばたっと、わたしの演奏の順番になったのですが、
めっちゃ、ミスした~(涙)。

最初、カウントがよくわからず、弾きなおし→めっちゃはずかしい。
とりあえず、何とか持ち直したものの、
まこっちゃんのソロ部で、静か~になったところ
会場奥で、号泣するちびっこの声が!
どうやら、静かに聴いていなかったため、お母さんに怒られちゃったみたい・・・。
その声を聞いたら・・・
もう、なにがなにやらわからんよーになって、
ぐちゃーっとなってしまいました。

あああ、
A先生のお手により、あんなにキレイな音になったというのに、
わたしの、ばかばかばかばかばかっ!

なんで、こんなに下手なんやろかあ?

へこみちう・・・
[PR]
by kaokaolululu | 2010-12-25 16:49 | ムジカ