イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2009年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ちょっくら神戸へ。

土曜日。
前から予約していた神戸 住吉の漢方のセンセイに診てもらいに行ってきました。

その後お腹が減ったので、ひとりでランチ。
元町のMADO#MADOに行きました。

ここの「お昼ごはん」が大スキ♪

今回はこんなカンジ。
b0189343_10215611.jpg

ね、ランチじゃなくって、あくまでもお昼ごはんです。

ひとりでランチのときに、入りやすいのでよく行きます。
昨日もおひとりさまが多かった。

いつもは窓から外を見ながら・・・の席に座るのですが
昨日はいつもとは逆に店内を見ながら・・・の席にしてみました。

スタッフは、癒し系の「森ガール」さんばっかり(笑)。
たしかに、こういうお店にはよくお似合いです。

b0189343_1025232.jpg
b0189343_10253178.jpg


おいしかった~。
また行こうっと。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-27 10:27 | おでかけ

森ガールって知ってる?

わが職場で、2週間ほど前から話題にのぼっている「森ガール」。

どうやら、宮崎あおい(まねきねこダックのCMの)やら、蒼井優のようなオンナノコのことだそうだ。

いろいろな情報を集めたわたしの分析は・・・

ゆるいワンピースにレギンスで、ラウンド・トゥのぺたんこ靴を履いて
髪は長く、でも前髪はぱっつん。
小物にもこだわりがあって、北欧系がお気に入り。
ストールは基本、ぐるぐる巻き。
でも、決してロリータとはちがう・・・らしい。

確かにこういうヒト、最近増えましたな。
んで、こういうヒトたちが、最近モテるのね。知らんかった・・・。


ちなみにワタシは全くの正反対に属します(笑)。
まず、ぺたんこの靴を履くと逆に疲れちゃう。
(ヒール好き♪)
そーゆーモンダイでもないでしょうか?

つまりは、いまどきのモテ系とはかなりかけ離れているということです、ハイ。

でも、このどっちかというと「はっきりモノを言ってしまう」タイプからは
一生脱却できないと思われます。
さらに、こーゆータイプがモテる時代は、
わたしの目の黒いうちには来ないような気がします。

それでも強く生きていきます、ハイ。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-26 09:24 | ひとりごと
世の中は、シルバーなウィークらしいですが、
わが職場では、月曜日と火曜日が出勤日になりまして、仕事していました。

予想以上に忙しくて、みんな月曜日の午前中だけでへろへろ。

こんなトキは妙な連帯感が生まれるもので、
わたしがポロっと発した「海のトリトンは名作だ」というひとりごとに
みんなが反応し、
Hさん「小学校のときに、合唱大会で歌った」とか
Eさん「うわー、懐かしくて涙が出てきた」(←25歳やのになんで?)とか。
トリトンが取り持つ縁で、さらにチームワークが増し、
さくさくと仕事がはかどったのでありました。

トリトン、ありがとー。
敬意を表して。



わたしは、トリトンの声優さんの「少年のようで、男らしい声」にしびれます。
イル・カル・フィンのおっちょこちょいトリオも愛らしいし、
ルカの賢者ぶりも見過ごせません。
Eさんいわく、原作(手塚治虫って知らんかったー)と、アニメは全然ちがうらしい。
なんといっても「じっちゃん」はアニメだけだそうです・・・。

人魚姫みたいなオンナノコは、何ていうんやったっけ?
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-23 08:54 | ムジカ

焼き物の里へ

シルバーウィークに突入した日曜日のコト。
朝からいいお天気。
なのに、何の予定もないワタシ。

ちょこちょこと用事を済ませた後、
とうとうしびれを切らして、オットに「着物着てお出かけしたーい!」。
リビングでゴロゴロしていたオットが、「どーぞ。」

せっかくのお天気だし、久々にオットとドライブなぞ、楽しかろうと
誘ってみると、意外にも乗ってきた。
(あんまり楽しそうじゃなかったけどね)

我が家からテキトーなドライブコース上に
立杭焼きの里があります。
最近は、兵庫陶芸美術館というのもできました。

ちゃちゃっと着物に着替えて、いざ出発。

まず到着したのは、兵庫陶芸美術館。
b0189343_2154985.jpg
現在は「ハンス・コパー展」が開催されています。が、今回は展示はおあずけ。
他にお楽しみがあるのです。
b0189343_2182831.jpg
建物の外には遊歩道があって、軽くお散歩できるようになっています。
あちこちに立杭焼の作家さんが、思い思いに作ったランプが。
土としっくり調和して、とってもかわいい。

夜には明かりが灯るそうです。
きっと幻想的なんだろうな。








b0189343_21103458.jpg





コスモスが元気いっぱい咲いていました。

b0189343_2111017.jpg















                               わたしは相変わらず、紅型リベンジ!


館内にはお茶室もあって、立礼式でお茶とお菓子がいただけます。
今日は風流にはちょっと遠いオット同伴なので、またの機会に。

その後、お隣「陶の郷」(すえのさと)へ移動。
b0189343_21152599.jpg

以前はよく来ていたこの施設も、ずいぶんご無沙汰のうちに様変わりしていました。
(前はタダやったのに・・・)
こちらでは有名な「登り窯」
b0189343_2116476.jpg

展示即売のスペースが格段に増えて、とっても楽しくなっていました。
オットがぼそっと、「刺身を盛るような、でっかい皿が欲しい」。
というので、実用性を重視して、煮物をどーんと盛る鉢(?)と
お刺身をどーんと盛り付ける大皿を購入。

以前ここで買ったお皿ともマッチして、大変よろしい。
こんなカンジです。
b0189343_21193866.jpg

オットが枝豆をつまみ食いしたので、貧相だこと・・・。
枝豆を入れているお皿が、以前からもっているお皿。
オット作の筑前煮を盛っているのと、片口の器が今回購入分。

大皿は翌日の手巻き寿司のときに大活躍。
b0189343_21215569.jpgb0189343_21222889.jpg









おいしかったけど、このお皿・・・かなり重いです。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-22 21:24 | おでかけ

オンナを磨かねば!

実に3ヶ月ぶりに、美容院に行きました。

ほんまに忙しくって、時間がなかったのです。
着物着るときは、アップにするので
少々ヘアスタイルが乱れてきても、どうにかごまかせるし・・・と
サボっておりました。
ついに、がまんできなくなっていつもの美容院へ!

美容師のNさん(男性)は、大変おやさしいかたですが
さすがに3ヶ月ぶりになると、ちょっとお困りのご様子。
「最近、巻いてますか?」と聞かれました。

「はっ?巻く・・・?

ソンナコト、サイキン ゼンゼン シテマセン」

「だめじゃないですかっ!
前はちゃんと巻いてたじゃないですかっ!」と叱られました。


そうやなー。
ほんまに最近、ぜんっぜん巻き髪してへんかったなー。
もっと女らしくなりたいとか言っておきながら、
かなり、さぼっておりました。

0.5秒で反省し、
「すんません。反省しました。これからがんばりますから
女らしい髪型にしてくださいー!」とお願いしました。

「ほんとにもー」と言われつつも、ちゃんとキレイにしてくれはった。
さすが、プロやね。
こんなお客さんでごめんね。

何でも毎日の積み重ねが大切なのだ。
今度から、ちゃんとキレイにしなくっちゃ。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-21 21:07 | ひとりごと

京都へ part.3

今回のテーマは、京都らしいことを満喫すること。



そこで思いついたのは、ふたりで舞妓ちゃんになること!
b0189343_1315272.jpg

究極の京都を満喫するアラフォーふたりの図。

すみません・・・。
お恥ずかしい限りでございますが、やってしまいました・・・。


ここからは、「見てやってもいい」という心優しい方々か
怖いもの見たさの勇気ある方々のみ、ご覧くださいませ。

More
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-19 14:42 | おでかけ

京都へ part.2

河原町から花見小路を抜けると、八坂の塔が見えてきました。
b0189343_7454945.jpg


ここからさらに歩くと建仁寺さんに到着。
b0189343_7465537.jpg

Iちゃんのリクエストにより、こちらの法堂内小泉淳作「双龍図」を拝見することにしました。

まずはコレ!
俵屋宗達作 国宝「風神雷神図屏風」。
b0189343_8141035.jpg

日本史の教科書で見たような記憶が・・・。
右側の風神さんは、心なしか風邪薬の改源(風邪ひいてまんねん)に見えなくもないが・・・。
スンマセン!

シンプルな線で、風が感じられますもんね。すごいわー。
それに日本画のすごいところは、その構図。
間というか、何にも描かれていないところに、美しさがありますね。

建仁寺内は、見所満載。
禅寺ならではの、お庭
b0189343_8194825.jpg


簡素な美の象徴ですね。
b0189343_8203311.jpg

何て書いてあるのか、わからへんけど・・・

春や秋など、季節によっても景色がちがうんだろうなー。
b0189343_821766.jpg


京都でお寺をひとつだけ、一日かけて訪れるというのも
贅沢な楽しみかもねー、と言いつつ 早足でめぐるわたしたち・・・。



さて、お目当ての双龍にオメモジを!
b0189343_8241728.jpg

じゃーん。
天井いっぱいに2頭の龍。
邪気なんか、鼻息でふっとばしそうな迫力です。
こちらは2002年に、創建800年を記念して描かれた新しい図。
絵のことはさっぱりわからんわたしでも、なんとなく新しさがわかります。
むかーしのお堂に現代の天井図。
「こんなこと、してええねんねー。」とIちゃんと感心。

広い敷地内にはお庭もたくさんあって、襖絵もすばらしいものばかり。
開山は栄西禅師といって、禅の心と茶の徳を伝えたお方ということで
秀吉ゆかりの茶室もあるそうです。
そういえば、前日のお茶のお稽古では
先生が「茶の湯はもともと禅寺から」とおっしゃってましたっけ。

シンプルかつ奥深い禅寺での時間は、
気持ちがすうーっとしました。

part.3へつづく!
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-18 08:33 | おでかけ

京都へ part.1

親友のIちゃんと京都へ行ってきました。

Iちゃんとは学生時代からのつきあいですが、
彼女はただいまフランス・パリ在住。
一時帰国中なのです。

Iちゃんは、パリの築100年のアパルトマンで暮らし、
(エレベーターはなく、なんと!建物の真ん中に螺旋階段があるのだ!)
普通に会社で働き、
仕事終わりには、フランス人のトモダチとごはんを食べに行き、
たまにパーティなどに呼ばれ、マルシェでおじさんから買い物をし、
学校に通ってみたりして暮らしている、とってもお洒落な人なのですが、
本人にとってはこういうコト↑が、いたってフツーなのだそうです。

この前会ったのはたしか、3年前。
どこかでごはんを食べつつ、積もるハナシを・・・というのはいつものパターン。
今回は京都へ行くことになりました。

前回会ったときには、まだ着物でお出かけをしていなかったワタシ。
ブログもしていなかったワタシ。
お茶も習っていなかったワタシ。
阪急電車の通勤快速の車内でいろいろと報告しているうちに、
あっという間に河原町に到着。


今回はわたしの独断で、
「京都らしいこと」をいっぱい楽しむ一日をプランニング。

まずは、花見小路へ。

b0189343_19194969.jpg



まだ午前中なので、あんまり雰囲気よくないかも・・・。
夕方になったら、ほんのりと風情が出てきそうな予感。




有名な一力茶屋。
b0189343_19212269.jpg

やっぱり風格がありますね。

お茶屋さんの玄関先をパチリ。
b0189343_19233324.jpg





もうすぐ、温習会があるのですね。



b0189343_1924888.jpg

お稽古のスケジュール!
そうそうたる講師陣にびっくり。


b0189343_19255758.jpg

佳つ乃さんという文字だけで、色っぽい・・。

こういう色街に立っているだけで、イイオンナ度が3割増くらいになった気がする。
あー、やっぱり京都はええねー。


part.2へ、つづく!
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-17 19:35 | おでかけ

お稽古日記 9月15日

久しぶりのお茶のお稽古日。
朝から本降りの雨。
でも涼しいので、着物で行くことに!
b0189343_8361255.jpg

b0189343_8371835.jpg

やっぱりお点前は着物でお稽古するほうがいいのです。
それに、単衣の紅型も着たいしね!
雨コートもこんなときのためにあるのだからね!
先生宅の最寄り駅に着くころには、雨も上がっていました。

最近入会された方が「初炭点前」のお稽古をされ、
続いてわたしが平手前のお稽古をさせていただきました。

今日のお菓子は「萩の露」というそれはそれは美しいお菓子でした。
が、
茶杓の銘を「萩の露」にしようと思っていたのに、
使えなくなっちゃった。
急遽「秋雨」というのに変更しましたが、平凡になっちゃったかな。

日曜と月曜にお点前の復習をしたのですが、
順番はそれなりに覚えているものの、細かな所作とか
お道具の位置決定など、まだまだできません。
先生は本当に細かいところまで目を配ってくださって、
柄杓の持ち方、持ち方など、美しくできるように注意してくださいます。

自分では先生と同じようにやっているつもりが、
指が揃っていなかったり、変に力が入っていて美しくありません。
できないと知ることも、進歩のうちでしょうか?

さて、先輩方も揃われて、それぞれお点前をされた後は
また花月のお稽古になりました。
今回は適当なくじがあたり、お点前をさせていただきました。

花月ってほんとうにうまくできてるなーと感心していると
先生が「さて、もう一回!」と。

続けて2回花月をお稽古しました。
2回目はしまいつけのお稽古をさせていただけることになり、
とっても勉強になりました。
足運びや手の所作など、まだまだお稽古しないといけないことばかり。
足のしびれも最高潮に達しました(笑)。

でも、気持ちがピン!となって、とっても爽快に帰りました。

また、がんばります。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-17 08:37 | 茶の道

レッスン日記 9月14日

久々のレッスン日記を書きます。
と言っても、レッスンは久々ではありませぬ。
ちゃんと毎週行っているのですが、どうも進展がないので
ブログに書けることがないのです・・・。

今週も書けることはほとんどないのですが、備忘録程度に。


即興演奏AとB。
レッスン前に課題をいただいて、予見。
先生、だんだんと意地悪になってきてはりませんか?
シャープ3つの課題なんて・・・。
でもメロディラインが以前よりわかるかも?
受験する気合が抜けているからかなぁ。
ただし、時間がいつも足りなくなる。
譜面を見て、とっさに「こういうカンジで仕上げよう!」と決めて
それを再現できるようにならないと、合格は程遠いなあと実感。

即興Bは、時間がなくなってきて「えーい!」ってカンジで予見。

レッスン開始。
まとまってないけど、弾かねばならぬ・・・。
即興Aは奇跡的にイントロがスムーズに弾けて、出だし好調と思われたけど
やっぱりずっこけた。
「シャープ3つくらいは弾けるようにねー!」と先生。

即興B。
時間内に構成をまとめられないのも、実力不足だと十分わかっていますが・・・。
とにかくコード進行だけは間違わずに弾けた。
でもでもでも・・・。
「曲として美しいメロディ」には程遠い仕上がりでした。

ほんの少し進歩しているような気もするけど、
合格には程遠いと思われます。
モチベーションがあがらないのは、
「どうやって練習したら、上達するのか」がわからないトコロ。
激ムズカシの曲を弾くというのであれば、
時間をかけて根気良く練習すれば、ある程度までは弾けるようになります。
でも、今わたしが取り組んでいるコトって
作曲みたいな要素があって、美しいメロディを作るセンスが試されているのでして。
こんなこと、どうやったら上達するのでしょうか?

洋服でも着物でも、着こなしやら、コーディネートのセンスって
身につくまでかなりの時間を要すると思うのですが、
練習しても身につくモンでもないような・・・。


回り道と思われても、音楽をいっぱい聴いて、
きれいなものをいっぱい見て、自分のセンスを磨くしか方法はなさそうです。

合格は程遠いけど、こういうことに気づいただけでもモウケモンかな?
ま、ぼちぼちがんばりますわ。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-09-17 08:32 | ムジカ