イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー

<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ウエが気になる。

仕事から帰る途中・・・

お月さまを発見。
b0189343_222365.jpg



わが家はイナカゆえ、こういう景色が見られます。


先日の日食以来、ウエが気になりますなー。
久々にいいお天気でした。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-30 22:26 | ひとりごと

ムダな記憶力

しょーもないコトを覚えていて、人さまにびっくりされます。
おかげさまで職場では、しょーもないことを検索するのに
一役買っています。

たとえば、
Sさん「まとわりついてこまる~っていう、コマーシャル、何やったっけ?」
わたし「エレガード!」

とか、

Mさん「3段重ねになった、スティック状のアイスって、何っていう名前やったっけ?」
わたし「王将!」

など・・・。

何の自慢にもなりませんが。


この間、何かの拍子に「さるとびエッちゃん」を思い出しました。



しかも、エンディング・テーマの方です。


同僚たちは覚えていなかったけど、
わたしは、歌詞(セリフ含む)をカンペキに覚えていて、昼休みにYou Tubeを見つつ熱唱!
これはほんまに名曲やと思います。


それ以来ずーっと、頭の中でこの曲がぐーるぐる。
困っています・・・。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-29 19:51 | ひとりごと

史上最高のてんぷら

伊丹の「ゆかた寄席」に行った日は、楽しさてんこ盛りでした。

着物着て、落語で笑って、着物美女たちとお話して、
記念撮影もして・・・

笑って、しゃべると
なぜにあんなにお腹がすくのであろうか?


われら一行は、川西方面へ移動し、お腹をチャージすることに決定!
桃葉さんご推薦の「小花庵」にご案内いただき、
こんなの食べちゃった!
b0189343_88016.jpg

注!3セットを5人でわけわけして食べました!

あふれるおそばと、太いうどん!
そしてkao史上最高のてんぷら群(笑)。
その量たるや、圧倒されるものでした。

しかーし!
いつも以上にチカラの入った、たまさんの高座を3席も聴いたあとでは、
これくらいのボリュームがなくては負けてしまう!(←何と戦う?)
個人的に、「たまさんセット」とネーミングしました。

かぼちゃのてんぷら、おいしかった~。



そのあと連れて行っていただいたカフェも、
雰囲気よくって、紅茶もおいしくって、居心地よかった。
川西って、ほっこりできるトコたくさんありそう。
また、着物着てふらーり探検&お散歩したいなー。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-28 08:18 | おでかけ

さらなるチャージ!

キモノを買って、ココロが満タンになったので、
翌日は、キモノを着てお出かけしました。
行き先は伊丹の「ゆかた寄席」。
久しぶりの落語会なので、満タンながらココロもうきうき♪

天気予報は「大雨に警戒!」だったので、雨草履に雨コート、雨用の長傘を装備。
ところがどっこい、待ち合わせの駅に着くころには雨も上がり、いいお天気。

JR伊丹駅から阪急伊丹駅まで、少しお散歩。
b0189343_21341064.jpg
伊丹は城下町なのですね。
酒蔵もあるし、
こんな風情のある建物が、ちらほらと・・・。
またゆっくりと、キモノでお散歩に来てみたいなーと思いました。







さてと、会場はコチラ
b0189343_213664.jpg


今回の落語会は、「ゆかた寄席」。

とってもアットホームな雰囲気の中、ほんわかと開催されました。b0189343_2141253.jpg
b0189343_21442949.jpg


スタッフの方々もいろとりどりのお着物姿で、眼福ですわー。
b0189343_8205476.jpg


この日の演目は
動物園 桂 ひろば
青菜   笑福亭 たま
皿屋敷  笑福亭 たま
仲入
船弁慶  笑福亭 たま

桂ひろばさんは、はじめてお聞きしましたが、とっても貫禄のある前座で
堂々とした一席でした。最初から満足の一品ってカンジ。

さて、お待ちかねの たまさん登場。
あいかわらず、しゅっとしてはります。
ショート落語もやってくれはって(わたしの好きな「豚シャブ」は今回もおあずけ)
最初っから、とばしまくってはりました。
おどろいたのは、2席続けての高座!
テンションの高い「青菜」のあと、引き続き(お着替えの間、三味線の林家和女さんが演奏)
すぐに登場~。
「おカラダだいじょーぶだろうか?」と心配しちゃった・・・。

皿屋敷は、以前米團治さんが小米朝時代にテレビでやってはったのを見ましたが、
それとはちがって、豪快に笑わせていただきました。
やっぱり演者によって、ぜんぜん違うのねー。

さて、最後は船弁慶。
こちらは、昨年桂文珍師匠の高座を聞きましたが、これまた違う。
たまさんらしく、迫力があって、スピードがあって、おもしろかったなー。

ショート落語とか、新しいことに挑戦したはるイメージが強かったたまさん。
今回、古典落語を3席も立て続けに聞かせていただいて、とってもおもしろかったデス。
きっと、古典もきちんとお勉強されているのだろうなーと思いました。

が、ほんまによー笑わせてもらって、のどの渇いた落語会でした。

ご一緒した方々との記念撮影。
b0189343_2215167.jpg

ステキな絞りの浴衣をお召しのこけしさんと。

b0189343_2244745.jpg

桃葉さん、さち♪さん、わたし、こあらちゃん☆

みなさん、ご一緒いただきまして、ありがとーございました!


キモノも大好き、落語も大好き!
着物着て落語会で、楽しい人たちといっしょにいっぱい笑って、
ますますココロが満タンになったのでしたー。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-27 22:08 | おでかけ
あちこち悪いところがありまして、
月に一回漢方医のセンセイに診ていただいています。

悪いといっても、花粉症などのアレルギーがあるでなく
特に持病があるでもないのですが、
首周りにアトピー性の皮膚炎ができてしまったのをきっかけに
「こりゃ、カラダの中からキレイにせねばならぬ!」と思い立ち、
かれこれ3年くらいお世話になっております。

漢方の診断では、脈や舌やお腹を診はります。
初診時、首のアトピーのことしか言わなかったのに
あれこれカラダの不調を言い当てられ、どきっとしました。
中には、「そう言われてみれば・・・」というような
自分でも気づいていないものもあったりして。

漢方は鍼灸(いわゆるハリとお灸)を併用すると
さらに効果的とのことで、15分程度ですが、鍼灸も受けています。
ハリやお灸って、怖い~っていう人多いですけど、わたしは好き♪

今まで3年の間に、わたしの身の回りにもいろいろあって、
それがカラダにもあれこれ影響したときもありましたが、
今もって元気にしていられるのは、センセイのおかげだと思います。

今日も、土砂降りの雨の中、行って来ました。

「最近、腰が重くて右足の甲がしびれるんですけど~」といいますと
「どれどれ・・・。あ、こりゃ、坐骨神経痛ならぬ、坐骨神経しびれや!」とセンセイ。

なんですとー!えらいことではないですか!
鍼灸のセンセイ(女性)に、
「え?そんなトコ?」っていうとこに、ハリをしてもらうこと15分。
帰りには、しびれもほとんどなくなって、うきうき気分で病院を後にしました。


さてさて、カラダのメンテナンスが終了し、足も軽やかになったところで
神戸のリサイクル着物店に行ってしまいました。
ほんとは行くつもりなんて、なかったのに・・・。
今日は雨やし、腰も重いし、エレクトーンの練習もせなあかんから
早く帰ろうと思っていたのに・・・行っちゃった。

そして、セールの言葉に負けて、買っちゃった・・・。
b0189343_2330631.jpg

ちょっと変わった小紋と、洒落袋帯。

これを買うまで、いったい何枚はおっただろう・・・。
羽織ってみると、「えーっ?こんなの?」と思っていたのが
案外似合ってまんざらでもなくなって、いい気になっちゃうのよねー。

上の小紋もその部類。
自分でも似合っているのか、実はいまいち自信がないけどね。

だけど、だけど。
今朝までは少しブルーだったカラダもココロも、すっかり元気になれちゃった。

カラダのメンテナンスには漢方と鍼灸。
そして、ココロのチャージには、着物!
もう、やめられないですわー。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-25 23:36 | おでかけ
昨日の職場でのお昼休みのこと。

新入社員のMちゃんから、「着付け教えてください~」って言われちゃった・・・。

キモノにはまっていることは、職場ではシークレットにしているつもりだったのに
ランチタイムのおしゃべりなどで、バレているようであった。びっくり。
知らぬは当人ばかりなり・・・。
職場恋愛とか、不倫とか、こういうカンジでバレていくのねー、などと
妙なポイントで納得しちゃったりして・・・。

オトナの変な妄想はさておき、
Mちゃんは今度のお休みに、浴衣を着て(!)、彼と嵐山に行くのだそうだ。
なんともかわいいプランではないか!
これぞ、正しい日本のカップルの姿である。

浴衣は、ユニ○ロでかしこくゲット!
でも帯までユニ○ロだと、「安っぽく見えちゃうから、帯だけはいいのを買った」という
若いのにしっかりしちゃってる!

しかも、昨日はお昼休みに教えてもらおうと、その「いい帯」まで持ってきていた。

はっきり言って、わたしは着付けについてはまったくの素人でして
自分で好きに着ているだけです。
そりゃ、最初は大手名門「京○着物学院」に通いましたが、
それもたった3ヶ月のみ。
あとはいわゆる独学(?)で、着物と帯を巻きつけているのみであります。

人様に教えるなどといえる立場ではないのは、本人が一番よくわかっておりますが、
「帯がむずいです!」というMちゃんを、放っておけようか・・・。
浴衣に京都にデートとくれば、がんばらずにおられませんわ。

そそくさとランチを済ませ、
半幅帯ってどーやるんやったっけ・・・とアタマをフル回転させながら
何とかMちゃんに伝授するわたし。

Tシャツ+カーディガンの上に、見事半幅帯を巻きつけたMちゃんを見て(笑)
他の女子社員からも、「おおー!」と感嘆の声!

やっぱりみんなキモノが好きやねんやーん!

がんばれ、Mちゃん!
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-24 08:31 | ひとりごと

お稽古日記 7月21日

朝から雨が激しいぞ。雷がぴかっと光ったぞ。
というわけで、今日も着物でのお稽古はあきらめー・・・。

洋服で家を出るも、ひとしきり濡れてしまった。
先生宅に何とか到着するころに、ようやく乾きました(笑)。
よかった、よかった。

お軸は「夏雲多奇峰」 夏雲奇峰多し
夏の雲はカタチが面白いものがおおい、という意味。
なるほど、本当にそうだ。

お花はむくげと水引草。とってもかわいらしい組み合わせでした。

さて、今日は先輩のうちおひとりがお休みなので、
みっちりとお稽古していただきました。

わたしは5月から始めたばっかりなので
平点前をずっとお稽古しています。

着物でお稽古するよりも、洋服のほうが立ち居振る舞いは楽ですが、
その分、なんとなく雑に動いてしまうような気がします。
でも、お点前がまだまだなので、洋服で順序をしっかり覚えてから
着物でお稽古するほうがいいかなー、などと思ったりします。

お点前もさることながら、足の運びが苦手です。
いつもいつも先生に注意していただくのですが、
何が何やらわからんようになってきて、???の状態です。

茶室に入るときに考えると、ますますダメです。
いったいどうやって覚えたらいいのでしょーか?

先輩のOさんがお点前されているときには、つい足ばかり見てしまいます。
すみません・・・。


お点前の順序や、足運びを覚えることももちろん大切ですが、
茶室で聴く雨の音や、風炉の釜の音など
忙しい日常では体験できません。
お茶杓の銘を考えるにも、季節のことを気にするようになってきました。

がさつな自分がクローズアップされて、へこむこともありますが
少しずつ覚えていきたいです。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-23 09:33 | 茶の道

3B+1=4B

ランチをいただいた ハイアット・リージェンシー 京都には
見事なお庭がありました。

ちらりと見てみると、ココロ誘う階段が・・・。

4人でえっちらおっちら登りますと、
気分は、落語「愛宕山」!

b0189343_17193254.jpg


登りきって見つけたのは、「二十五丁目の茶屋の跡」ではなく、
こんなステキなお茶室・・・。

b0189343_17212510.jpg

今は使われていないとのことですが、
ひっそりと、わびた風情で、早くも響いていたセミの声がしみいる感じでした。

あー、京都ってほんとうにいいなーと思った瞬間でした。


3Bショットを撮っていただきました。

b0189343_17312563.jpgあー、わたしら3人ではほんまに黒いー(笑)。

と、笑っておりましたトコロ
われらが3Bは「血もB」であると判明!
(今まで気に留めたこともなかった。これぞ、B!)

別に血は黒くないと思うんだけどね・・・。










スペシャルゲスト桃葉さんも、Bだということで
3B+1=4B でした。

b0189343_17392084.jpg

(画像は、こけしさん力作の合成写真!すんばらしー。ありがとうございます。)

めでたし、めでたし・・・

鉛筆だとかなり「濃い」ね。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-20 17:43 | おでかけ

3B

夏着物を着たくて、お出かけを計画したのはたしか・・・5月のこと。
こけしさんと、Rさんと3人で、夏着物着て、ホテルでランチだ!と決めたら
なんと3人とも夏着物は黒と判明。
その日のお出かけは、「スリー・ブラック・ディ」(以下3B)と命名されたのでした。

それぞれいい子にして、その日を指折り数えて過ごしておりますと、
当日はスペシャル・ゲスト桃葉さんにご参加いただけることになりました。

うかれぽんちで当日を向かえ、一年ぶりの夏着物で着付けに戸惑い、
待ち合わせに遅れたワタシ・・・。ほんまにすんませんでした(汗)
みなさん涼しげにされているのに、ひとり汗だく・・・。
あああ、キモノ美人には程遠い。まだまだ修行が足りませぬ。

だがしかし!やっぱりホテルはよろしいわー。
なんつーか、自動的に自分が格上げされますね。

分厚いカーペットを踏み、足をとられそうになりながら向かったのは
東山 Touzan

ちょこっと贅沢なランチをいただきました。

鱧と鯛と蛸のお刺身。
b0189343_16472087.jpg

鯛と蛸は明石産だそうです。
タイよ、タコよ!君たちのおかげで、明石生まれを誇りに思うわ。

切子の色は、みんな違っていました。
ガラスの器の下には「梶の葉」が・・・。風流ですね。

さらにジュラルミンケースのようなお弁当の中身は・・・

じゃじゃーん!
b0189343_1650960.jpg

どれもこれもみーんなおいしいとは、このことだ!

大好きなおべべ着て、きれいなキモノ美人に囲まれて
おいしいもん食べて、楽しくお話して・・・

あーシアワセ・・・。

シアワセすぎて、デザートの写真を撮り忘れました。



ブログを始めて2ヶ月足らず・・・。
まだまだツメが甘いですなー。


お腹いっぱい大満足のショット。

b0189343_16581080.jpg

Rさん、こけしさん、わたし 前方に桃葉さん
(桃葉さん、画像ありがとうございます!)

3Bと桃葉さんのランチになると決まったときは
黒いわたしらは、ショッカーみたいやなーと思いましたが、
こうやって見ると、さしずめ姫を守る3B軍団ってトコでしょーか?

わたしらって、ほんまに黒い・・・。
桃葉さん、ご一緒いただきましてほんとうにありがとうございました。
わたしらだけでは、悲しみの会みたいになるとこでしたぁ。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-20 17:05 | おでかけ

お稽古日記 7月14日

ちょっと遅れてしまいましたが、前回のお稽古のことを。

お稽古のときは着物で行くことを、目標にしていたのに
あまりの暑さに断念・・・。
Tシャツで伺うも、先生宅に着くころには、ひとしきり汗をかいていました。
先輩お二人はお着物姿。えらいわー。
掛け軸は「滝」の文字が豪快に書かれたもの
小書きには「直下三千丈」とあります。
まっすぐに水が落ちるさまが想像されて、暑さも忘れる・・・と
言いたいですが、煩悩の多いわたしはなかなか忘れられません。

お稽古は久しぶりになるので、こっちはいろいろ忘れてる。
なのに今日から、まわり茶道に変更。
足の運びが苦手なのに、さらにいろいろ変わってしまって
「歩くこと」ができません・・・。

お点前の手順は、先生からお借りしている本に載っているので
復習や確認ができるのですが、足運びが載っていません。
みなさん一体どうやって覚えておられるのでしょうか?

お点前の手順は、あやしいところを先生にお助けいただきながら
なんとか進めていくことができますが、お道具の配置に、てこずります。
自分では畳の真ん中に座っているつもりが、いつも少し右寄りになっていたり、
お道具を使って戻すと、前とは違う位置になっていたり・・・。
できることがひとつ増えると、次に気をつけることがふたつになっているカンジです。

今日の先生のお言葉。

お茶という字を解体すると、草と木の間に人がある。

お点前ではいつも相手のコトを考える。
順番を間違わずにうまくできるよ りも、お客さんに喜んで貰えるように
心配りができるようになって欲し い。
少々まちがっても、相手のためにおいしいお茶を入れる方が断然いい。
わたしは、正しい順番や、右左を教えることはできるが、
このように 配置したら美しいというようなことは、教えられない。
そういうことは、 常日頃から自分で、美しいものやかたち、配置に気をとめ、
自分の感性を 磨いておくことが大切。

ひゃー、何と奥深くすばらしいことでしょう。

お点前には、無駄な所作がなく、それを滞りなく行うことは大切です。
だけど、それよりもっと大切なことがある。
それって日本人としてのココロのありようだと思います。
わたしは、そういうことを学びたいのだなー、と改めて思いました。

2回目のお点前では、先生のおはからいで「葉蓋」をお稽古していただきました。
葉蓋は裏千家十一代玄々斎が七夕の趣向として、 
玄々斎好みの末広籠の受け筒を水指にし、梶の葉を蓋に考案されましたのだそうです。
梶の葉は七夕の時に飾ったり、歌を葉に書いたりして使われるものです。
ガラスの水指でもよいそうです。蓋は梶の葉以外にも、蓮や芋の葉が使われるそうです。

先輩がたは「洗い茶巾」をお稽古されました。
こちらは、お点前のなかに水の音を聞かせる趣向があって、とても涼やかです。

そのときご一緒した方が、気持ちよくすごされるように心を配る。
暑い夏は少しでも涼やかな気持ちになれるように。
そのために日ごろから感性を磨いておく・・・。
お茶の修行って、大変だけどとっても素敵。

また、がんばりまっす。
[PR]
by kaokaolululu | 2009-07-20 07:50 | 茶の道