イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ミニ発表会♪

8月25日土曜日。

地元のヤ○ハで、A先生のレッスン生によるミニ発表会がありました。
会場は、レッスン会場のヤ○ハ内にある、ちょっと大きめのお部屋。

昨年も一度この会場でミニ発表会みたいなのがありました。
このときは新規入会した生徒さん(の親御さん)向けイベントだったみたいです。
「ヤ○ハでがんばったら、こんなに上手になるよ~」とアピールしたかったらしい。
ちびっこたちが上手なのよね~。

そいでそのときに、演奏者をキラキラしたおめめで見つめるおんなのこに気づきました。
わかるわ~。
発表会で、ちょっと年上のお姉さんが上手に弾いたりするのを見ると
どきどき、うきうき♪ってカンジになるのです。

それで「わたしも上手になるわっ!」って思わせるのがヤ○ハさんの狙いなのでしょうが
わたしは、そうじゃなくても「オンナゴコロ」というか「トキメキ」みたいなのを
植えつけたことで、その演奏者さんはすごいと思うのです。

演奏をさせていただくというのは、そういう夢みたいなのをお見せするというような
ちょっぴりこそばゆいけど、なんとなくうれしい気分が味わえますね。
わたしは、そんなおんなのこからは歳が離れすぎてるけど、
そのママたちに「素敵☆」って思ってもらいたいと思います。


な~んて、エエカッコ言うてますけど、
本番は、「近年まれに見る大失態」をしでかしました(笑)!

この日はA先生も早くからお出ましくださって、
ゲスト演奏をしてくれる大学生ちゃんたちのリハーサルから、
演奏者の入場の練習とお付き合いいただきました。

A先生に「完成形」をお見せしたいと思うココロとは裏腹に
本番では、リズムとずれてしまったぁぁぁぁ(ぎゃあああ。)!

個人的な言い訳~
ボリュームが3時だった。
「ボリュームが2時だったらなんとかいけるとおもうけど、3時だったら割れるよ」と
A先生に言われていたのに、確認せずに弾きはじめたら
リバーブ「ぐあんぐあん」で反響して、自分の弾いてる音がどれかわからん状態(Oh, No!)
気づいたらへんてこなカンジ。
おや?とリズムカウンターみたら、ずれてる(ギョエ~)。
長くても2小節くらいだったと思うのだけど、
一応冷静に調整できたとは思うのだけど、
なんかショックだったのよね~(涙)。
~言い訳終了。

他の演奏者は、とってもお上手だったと思う。
でも~、その人たちにはいろいろと反省点があったようです。
というのは、今回は司会のH先生が演奏後に
各演奏者にインタビューされまして、
「今日の演奏は納得できませんでした。」とか
「途中楽譜が飛んじゃいました」とか
「もっと練習します」とか、言うのよね~。
あんなに上手なのに???

きっとみんな、練習いっぱいしてても本番では緊張してミスしちゃうんだよね。
わたしとおんなじなんだ。
そう思うと気が楽にはなりました。
反省は大切だとしても、本番中はごまかすことも大切、と気づきました。
それが今回の収穫ですな。

そして今回はヤ○ハのこのセンターの生徒さんだった大学生で
今はプロを目指して勉強中(A先生のレッスンをうけておられます)の
かわゆいかわゆいWちゃんとMちゃんがゲスト演奏をしてくれました!

ほんまに上手い!
びっくりした~!
そして、かわゆい♪
もう、見てて、うきうきする♪

こんなかわゆくて上手な人たちを輩出しているという
H先生とA先生って、ほんとにほんとにすごいな~と思いました。
そして、こんな風に凱旋してきてくれるってことは、
先生冥利につきるんだろうなとも思いました。

最後にはA先生も弾いてくれましたっ☆
オリジナルの曲を2曲と、オトモダチのH先生の強引なアンコールに応えて
「はじめてのチュウ」(A先生バージョン)を!


あああ、素敵だった。
とってもいい発表会だった。

エレクトーンっていいな、って思ってくれたひとがいたらいいな。
[PR]
by kaokaolululu | 2012-08-28 07:35 | ムジカ