イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あこがれの「かんざし」

次の土曜日は、いとこの結婚式☆
大好きな訪問着を着て、出席なのです。
いえ~い♪

思い起こせば、5年前の2月。
そのいとこのお兄ちゃんも、同じ場所で結婚したなぁ。
(わたしもそこで結婚式を挙げました)
そのときは、自分で着付けできひんかったので
会場の美容室で、髪のセットと着付けをしていただきました。
が、さんざんだったことを思い出しました。

髪のセットは、フツーでしたが、
「ハジメマシテ」の美容師さんに「いかがしますか?」と訊かれても
うまく伝えられず、無難に仕上げていただいたように思います。

おまけに着付けしてもらうときに、足袋を忘れて
(っつーか、正確にはオットの足袋を間違えて持っていってた!)
焦りまくったうえに、
「細いですね~」と言われて
ぎゅーぎゅー、締め付けられて、披露宴の途中で貧血気味になったなぁ。

結婚式なんて、そんなもんだと思っていましたが
自分で着付けられるようになったら、訪問着も楽だし、
そうなると髪のセットもいつもの美容室でやってもらえるので
あれこれ「わがまま」言いやすくて(笑)、こっちも楽♪

髪型、どんな風にしてもらおっかなーと
「うひひ」なカンジで悩んでおりました。

いつもの花かざりをつけてもらうのも、いいかなーと思っておりましたが
それはこんなの。
b0189343_12291568.jpg

これはこれで、お気に入り♪

京都にお出かけしたついでに、かんざしを見てみようと思い立ち、
祇園の「幾岡屋」さんにお連れいただきました。

舞妓さんも御用達のお店とあって、
京都らしい髪かざりが、たっくさん。
大阪や神戸のデパートでも、かんざしは少し置いてあるけど
これだけたくさんのお品を一度に拝見できるだけで、テンションあがります(笑)。

「つけてみておくれやす」なんて、気さくに言っていただいて
最初は「恐れ多い~」と気後れしていたワタシ。
どきどきしつつ、つけさせていただくと
あら?
おっしゃるように、
「おっきいなぁ~」とびっくりしてたものでも、意外としっくり。
だんだんと、大きなかんざしにチャレンジさせていただきました(笑)。

途中で、大女将が来られて
「訪問着には、白べっこうが正式なかんざしとされている」とか
「菊と牡丹は季節なし」とか
さすが!なコメントをいただけると、なんだかうれしくなっちゃう。

この際だから、こういうお店で
太鼓判を押していただいたようなものを
(といっても、わたしが買えるものですが・・・)
ひとついただいて帰りました。
b0189343_12221360.jpg


むふふ♪
b0189343_12222778.jpg



どうしよっかなー。
[PR]
by kaokaolululu | 2011-02-20 12:30 | おでかけ