イイオンナになるために、日々修行中


by kaokaolululu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夢桜は、おあずけなり。

11月28日 日曜日。
月に1度のA先生のレッスンの日。

今日のラインナップは以下のとおり。
1. 来年の発表会用にアレンジする曲の音源を聴いてもらう。
2. グレード課題曲 「展覧会の絵」をみてもらう。
3. 即興B(モティーフ)をみてもらう。
4. 即興Aをみてもらう。
5. 時間があまれば・・・ ぶっつけで何か(笑)

っつーことで、
ごあいさつした後、早速候補曲のCDを聴いてもらいました。

1曲目 JABBERLOOP Here We Go !!!

A先生はJABBERLOOPをご存知なく、「ふーん・・・」ってカンジ。
途中で、「あれ?」となって
「うーん、これはコードが4つくらいしか出てこないよ。 
 ちょっとおもしろくないね~」とおっしゃって、却下!

2曲目 ジュスカ・グランペール 夢桜
「キレイ系の曲やね~。
これは編成をもっと増やして、オーケストラ調にしたら、できると思う」
なかなかいい感触♪

3曲め JABBERLOOP MISSING MY BIRD
「これは、ベースをずっと4つ踏み続けないとあかんね(笑)。」が第一声!
え~?回想なみですか?というワタシに。「そう!!」とのこと。
ということで、却下というより、ワタシが断念(笑)。

4曲目 JABBERLOOP AREA51
「これは、ロックだね~!管は2本だけなの?
キーボードのアドリブはちょっと大変やけど(笑)、ま、右手強化ってことで。
コードもそんなにむずかしくないし、これいいんじゃない?」と
これになりました(意外!)

ワタシとしては「夢桜」がやりたいと、ちょっとねばってみたのですが
「楽器を増やして、きれいにできると思う。
でも、今年とおんなじになっちゃう。
せっかくアレンジするんだったら、ちがう曲をやったほうがいい!」

アレンジするのに、A先生のおチカラを全面的にいただかないといけないワタシとしては
ここまで言われて、夢桜・・・とは言えませんでした。
H先生も、「勉強のためにはちがうタイプの曲に挑戦したほうがいい」と
おっしゃっていたし、
しんどいかもしれないけど、次はJABBERLOOPとご縁があったということにします。

来年、夢桜をアレンジすることにしたら、A先生の言われるように
「できると思う」のですが、
でも、またA先生のおチカラを全面的にお借りしたアレンジになってしまう。
それはほとんどプロ仕様なので、すばらしい出来になると思いますが、
わたしはそれでは満足しないかも・・・。
世界で一番好きな曲なんだから、「自分でアレンジしました!」と
胸張っていえるレベルにしたい。
そのためには、わたしはまだまだ力不足・・・。
回り道になるかもしれないけど、もっとチカラやセンスを身につけてから挑戦すべきかも?と
思います。

というわけで、夢桜はちょっとおあずけです。


気持ちを切り替えて、「展覧会の絵」をA先生の前で弾く。
楽譜どおりに弾いていないところがあって、ご指摘を受けました。
クラシックは、楽譜どおりにきちんと弾く!←これ重要☆
ブロック奏は「しっかり音をつかんで、きちんと発音させるように」とアドバイスをいただきました。
荘厳なイメージで、堂々とね。

即興B Gm 8Beat
今までの即興演奏の課題は長調が多かったので、今週は短調にしてみました。
家で考えていったものは、
「それが本番でできたらオッケー」。

即興A Am 8Beat
これまた短調。
家で考えていったものを弾いてみる。
「ま、そんなもんでしょ。」とのこと。
でもなー、わたしが弾くと短調の曲はどうも「昭和演歌」みたいになる~(涙)。

時間があまったので ぶっつけで1曲。
これまたAm 8Beat しかも長~い。
課題を見るなりA先生は「これはもう、昭和演歌しかないね(笑)!」って。
開き直って、コテコテの昭和ムードで弾いちゃいました。
A先生のアドバイスは、左手のバッキングのパターンを変えて変化をもたせること。
右手が伸びているようなとき、休符のときに、左手で合いの手を入れること。
「左手強化やね(笑)」といって、
先生が同じ課題を弾いてくれました。
そしたら、ワタシが弾いたら超昭和なムードだったのに・・・
先生が弾くと、そんなバラード、イケてるカフェやバーで流れてますよねってゆー
超おしゃれなナンバーに!
こういうことが、センスってゆーのよね~。
横で聴いてると、っつーか見てると
さらさらーって、かるーく弾いてはるのに、めちゃかっこいいのです♪
あああ、A先生のようになりたいもんだ☆


A先生の生徒さんの発表会があるとのことで、案内をいただきました。
H先生と行ってこようかな?
[PR]
by kaokaolululu | 2010-11-30 23:47 | ムジカ